嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)

  • 443人登録
  • 3.93評価
    • (40)
    • (60)
    • (48)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 都戸利津
  • 白泉社 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公の特殊能力を探偵の観察眼と話術が筋道立てて補完し、小さい謎から大きい事件まで解決していく
    本格ミステリのような謎解きではないけれど、人の気持ちにそって「なぜ」が解決されて行き、主人公の気持ちも前向きになることで本来の明るさが嘘の救いになっていく

    昭和モダンな感じの世界観も好み
    主人公たちがしょっちゅう金欠ではらへのせいか食べ物もおいしそうw

  • 【レンタル】群青シネマが好きだったので作者と探偵ものとで手を出した。キャラが立ってて可愛く楽しく、テンポが良く読みやすかった。セリフにトーン貼るの大変そうだな、とか思いながら読んでたw

  • 思った以上に良かった!

    『嘘が聞き分けられる』という特殊能力は便利であると同時にすごく寂しい。
    人々のつく何気ない嘘は、本当に厄介。自分も絶対やってしまっているだけに気をつけよう、と思いました。

    第一話のラストがグッと心をつかんだように思います。
    『傍にいるのが嫌じゃない』鹿乃子ちゃんが一番言って欲しい言葉で、それでいてその言葉に嘘がないということを鹿乃子ちゃんが一番わかる方法で言ってくれるというのは本当にすごいことです。祝さんは人を良く見ていてとても素敵な人。彼のそばで、今までは嫌いだった能力を少しでも好きになれたらいいな。
    祝さんとの今後に期待です。

  • 「人のウソが聞き分けられる」能力
    17.09.28 08巻up

    1-08巻 続

  • ~7巻
    嘘を見抜く能力を持っているのに、いかされていない。爽快感がなくなっている。折角無双になれるのになれるのに。

  • もおっ主人公が超かわいい……超かわ……めちゃくちゃツボ……! 相方の森田サンみたいな探偵役もとてもいいし、一話ごとに重くなり過ぎず、ほんのりと暖かなメッセージを残して着地点する、見事な作劇も光る。これでミステリーとしても楽しめたら最高なんですが、今のところ5巻まで読んで、そこにぐっときたのはまだゼロだな……。

  • ウソがわかってしまう能力を疎まれてきた女の子が居場所を見つけ自分の力を生かしてくお話。
    絵がシンプルイズベストで可愛い。ベタっちゃベタではあるけど、お話も面白い。祝探偵の洞察力すごいw

  • 購入、1~5巻

  • 人の話を聞くだけで「嘘」を判別できてしまう主人公が、村を追いだされ、都会で探偵事務所の助手として働き始める、というお話し。大正か昭和初期っぽいレトロな雰囲気が良い。

  • わかりやすく、読みやすく、ギャグセンスもいい感じでした。
    謎解きはそんなに難解ではないですが、作品の雰囲気がいいと思います。
    食べ物のイラストがいつもおいしそうです♪

全32件中 1 - 10件を表示

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!? 2013年6月刊。

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする