嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)

  • 174人登録
  • 3.98評価
    • (13)
    • (27)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 都戸利津
  • 白泉社 (2015年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻とは打って変わって、短編集。みてると、かのこちゃんより、左右馬さんのほうが、かのこちゃんのことをすきそうな気がします。
    傘の話たまりません…!ヾ(:3ノシヾ)ノシ

  • ミステリもいいけど、雨の日のお話が好みすぎる。
    端崎さんもなんだかかわいい人だなぁ。
    この漫画は人間関係が素晴らしく好き。
    貫二さんがかかわる殺人事件は切なかった。

  • 20150218
    軽めというか短めのお話4つ。
    千代さんの妄想推理
    鰻屋と馨氏失踪事件
    雨が降った日
    孤島の殺人事件

    ミステリとしては最後の話が楽しいけど、雨の日の話もほのぼのできて良かった。推理してる推理してる。先生素敵。
    鹿乃子ちゃんは曲がってなくていい子だなぁ。
    そんで、先生もいろいろあったんだろうなっていう。

  • 読書がたいへんお好きでいらして結構でございますが、お嬢様におかれましては、小説に書いてあるようなことが自分にも起きて自分にもできると思われておいでのご様子、御年お幾つにおなりでしたかいささか気になります(笑)。
    ウソのお話の裏側は、信じることのお話になっているんだなぁというこの巻。解く以前に信頼し得る人たちがいる、というのは、本当に貴重なことなんですね。

  • 大分可笑しかったです。

  • このマンガは本当に、絵もストーリーもキャラクターの作り込みも丁寧で心に染みます。
    祝先生、ステキだなぁ。この優しさに救われます。
    アホさ加減のバランスも絶妙(笑)

  • 今回は短編集的な感じでしょうか?
    雨の日のお話がとても素敵でしたね。祝先生って本当に優しいんだなっと実感。そしてその優しさがまたグッとくる…!!先生のために傘を持って迎えに行くかのこちゃんと、そんなかのこちゃんの優しさを無下にしないように走る先生と、この二人の互いを思い合ってる感じがとても素敵でした。本当にこの二人大好き…!

  • あの雨のお話がたまらんです! 何でもお見通しだからこその先生の優しさと、純粋でひたむきな、恩返しの鶴亀のような(笑)鹿乃子ちゃんの優しさとに、頬が緩んでしまいました。最初の千代ちゃんのお話も良かった! 「大和撫子は功績をひけらかしませんのよ」最高ですね。

  • "「先生!
    お金は天下の回りものだっていいますけどね
    回ってくるのを待ってるだけじゃダメです!!
    こっちから捕まえにいかないと!!」"

    今回も良かった!
    貧乏な探偵とまっすぐな助手。
    端崎さんとの絆や最後の辺りがちょっと気になるなぁ。先生の過去編欲しい。

    "「左右馬は信じたでしょう?
    昨日古道具屋で 不可解で誰も信じないような私の言い分を
    奴は少しも疑わず信じたでしょう?
    昔からなのです
    昔から左右馬はいつも私を信じてくれるのです
    だから私は その信頼に応える人間でありたいのです」"[p.87]

  • 先生頑張ったね!

    レトリックって弁論術とすると、タイトル意味深…!

全10件中 1 - 10件を表示

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

「嘘」が聞こえる鹿乃子と、貧乏天才探偵の左右馬のコンビが繰り広げる、本格推理に、千代ちゃんの少女探偵事件簿、スペシャルショート… レトロモダン路地裏探偵活劇、盛りだくさんの第4巻!
2015年1月刊。

嘘解きレトリック 4 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする