嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)

  • 96人登録
  • 3.86評価
    • (5)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 都戸利津
  • 白泉社 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196396

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めちゃくちゃ面白かった!
    設定も面白いけど、何よりキャラが良く、推理のお話もキレがあって面白い。
    コレ、1巻から読んでみよーっと。

  • 主人公たちに近い関係の千代と馨が知り合いではないことがなんだか意外。
    リリーさんみたいにつく優しい嘘だったり、だますためにつく嘘だったりたくさんの嘘が出てきて相変わらず楽しい。
    左右馬の兄、篤嗣さんがどんな人なのか気になるし、次巻も楽しみ。

  • "「僕としては佐伯家に関わる気はないから
    篤嗣に嫌われようがどうでもいいけど
    話を聞いてもらえないのは困るなぁ」"

  • おお。何とも続きが気になるところで終わってしまいました。
    ところで素朴な疑問なのですが、ふたりはこの先もう少し少女漫画的な進展はあるのでしょうか…。
    お互いに信頼していること、大切に想い合っていることは十分伝わります。このくらいの描写が適度で大変奥ゆかしいのもわかるのですが、もう少しだけ、こう直接的な態度・一言を期待してしまうのです。

全4件中 1 - 4件を表示

都戸利津の作品

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

左右馬の兄・篤嗣に会いにいった左右馬と鹿乃子。だが篤嗣の妻が若い男に「ウソ」の告白をされているのを見て…!?
2016年12月刊。

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする