マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)

  • 549人登録
  • 4.04評価
    • (54)
    • (75)
    • (38)
    • (3)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2013年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • オリエント急行で夫と「死別」した万里子。16歳の彼女はパリに降り立つ。
    しかし、謎の女「ジャンヌ」に形見の指輪をスられてしまい――

    主人公の万里子が気丈でお人好しで、実にいい女なのですよ!
    高尾滋の書くキャラクターはいいなあ。表情もコマ割りもストーリーもいい。
    マンガでしか出せない「間」の取り方を知っておられる気がします。

  • 1、2巻を読んで。
    1巻の方が好きだったな。


    万里子のキャラいいなぁ。
    どんな苦境も 受け止めて
    前に進もうとする強さ。

    みんなから 好かれるの わかる気がする。

  • 異国の恋人と一緒になるために犠牲にされた名ばかりの花嫁、万里子。
    ようやくオリエント急行から降りてパリに着いて、傷心の彼女にまだまだ降りかかる災難。
    大好きな人と結婚できたと思っていたのに、実は騙されていたことに本人も傷ついてますが、彼女に好意を持った周りの人々も罪悪感に苛まれているのがなんとも泣けます。
    生きているのに形見を貰う万里子が可哀想で可哀想で。
    彼女に恋をしかけているお金持ちのニーラムといい感じになればいいなーと思います。どんなに素敵で有能な人で恋人との将来が絶望的だからといって、死んだことにして16歳の新妻を騙すなんてことするような人はすっぱり忘れた方が良いと思うんですけどね。
    早くふっきれると良いのだけど、まだまだ先は長そうです。
    とりあえず形見を取り戻すために悪巧みに加担するところで次巻。
    楽しく笑って、幸せになるといいです(^^)

  • したたかな強さと、純粋な優しさとを併せ持つ万里子がやっぱり魅力的。その不安定なバランスがいかにも少女で可愛い。

  • 万里子ちゃん、か~わ~い~い~っっとな。ニーラムも出番少ないなりに要所要所で美味しく万里子ちゃんに絡んでましたな。ゆっくり、続きを待ちますわ。

  • 街の雰囲気ややり取りのリズムが心地よい。

  • 一直覺得哪裡有點熟悉~原來是~愛上父親型人物
    是<害羞忍者少年>女主角的設定XDD
    這麼說~<一起睡覺嘛>女主角也是愛上姊夫XD
    這類1開始馬上就會出場的~算情敵嗎XD!?

    順帶1題~我喜歡這部的男主角
    這也可以證明~我不喜歡<紅茶王子>的阿薩姆
    不是因為他黑的緣故XDDD

  • 万里子、本当にこの旅は踏んだりけったり。
    でもいよいよ反撃開始!
    どうペテンにかけるのか次巻も楽しみ。
    ジャンヌと万里子が仲良くなるとは思わなかった。

  • 自分の愛した女性と駆け落ちするために自らの死を偽装し、16歳の花嫁・万里子を騙し、いなくなってしまった俊。万里子は深く傷つく。彼女は傷心のまま、彼と訪れるはずだった花の都パリに降り立つ。けれど、そこで俊が残した指輪と手紙がスリに奪われてしまう。

    したたかで、慈愛に満ちた大和撫子・万里子。
    逆境に立ち向かい、それを強く乗り越えようとする彼女の姿に潔さといじらしさを感じる。幸せになって欲しいなぁ~。ニーラム、頑張れ(笑)
    着物の和とオリエンタルな雰囲気、パリの華やかな街並み・小物などなど、それらのコラボが素敵すぎる!話の続きも気になる!早く読まなきゃ!!

  • ひとりの少女にこれだけのものを負わせるのか、と。真っ当で真っ直ぐな主人公に痛々しさすら感じる。
    こういう感覚は前作でも思いましたが。著者の描く「主人公の少女」には確かにしなやかな強さがあるのだけれど。反面それはかたくなな自律でもある。…誰か、誰か、甘やかしてあげたらいいと、そう思うのです。いや、願うのです。

  • マリコは悪く言って強情、良く言って頑な、かな。一途と言えばいいのかしら。

    本当にいい子で、よく動く。
    表情も色々あって見ていて飽きない。
    礼儀正しく愛くるしい。

    しかしながら…人妻…いや、未亡人ながらもまだ16歳の女の子なのですよ。
    大和撫子も素敵だけどもっと自由に…と思っていたら、かなり自由に…本当に自由に動いています。
    行動力あるし、好奇心も旺盛、物怖じしない。

    いいですね。冒険ものって感じで。愛され主人公。安心して見ていられる。
    ちゃんと女の子らしい面もあって、本当に可愛い。

    あのボンボンにどう対抗するのか気になるところですけども…

    それよりももうちょっとニーラムさんを構ってあげた欲しい様な…

  • 13/06/20 e-hon注文 FBにて購入

    本当、面白い。

  • 1920年代末、30歳年上の男性と結婚した16歳の令嬢「万里子(まりこ)」
    新婚旅行にオリエント急行で欧州に向かう途上、夫の身に異変が起こり…
    1巻は導入のみなので、2巻との同時購入をオススメします!

  • 二巻で完結かと思っていた。
    スリの女に会い、物語はまた次のステップへ。
    大和撫子の心意気に惚れる。

    どうなるどうなる。

  • ニーラムはいい男だなあ!
    お話の展開がめっちゃ好みの展開で3巻も楽しみー!

  • オリエント急行を降りパリの街へ。万里子はパリでも大変な目に。強くて可愛い女の子が活躍する作品は大好きです。俊様にはちょっと身勝手さを感じる。まだ俊様のことは気持ちの整理付かないんだろうな。ニーラムがどんな身分の人なのかすごく気になる‼レトロな雰囲気が綺麗でストーリーも安定の面白いさです。

  • とにかく万里子が愛さずにはいられないキャラ!
    一時期に比べて絵も落ち着いてきたので安心して読める

  • やっぱり面白すぎる……
    1巻読んだとき2巻待ち遠しい!!!
    って思ったのに、今は3巻待ち遠しい!!!

  • Orient号でParisに到着した万里子。
    Janneに鞄を盗まれたのに友情を育む彼女の懐さに感嘆しました。
    まあ同い年だから余計にだとは思いますが。

    ニーラムとも再会を果たして米国人の道楽息子をぺテンにかける計画にも発展。
    どう収拾をつけるのか次巻が楽しみです。

  • 着物と洋装のファッションがどちらも素敵だし、パリの町並みの様子なんかもストライクで好き。
    マリコの純粋な強さと優しさが物語をどう切り開いていくのか楽しみ。

  • 雰囲気がすごく好き。
    だが、1巻ほど次巻への期待感が持てなかった。
    ストーリーの軸が見えてこないからか?

  • 好き過ぎる…
    雰囲気が素敵過ぎるので大好きです。
    1巻のインパクトと面白さが半端なかったせいか、2巻はちょっと薄かったような。
    2巻はこの後に期待ということで評価★★★★。
    早く続き読みたいなぁ。

  • 着物や洋装、全部かわいくて見てて楽しい。
    パリの華やかな様子が生き生きとした人々と描かれててすてきだなぁと思う。
    3巻は面白くなりそうなので期待!

  • 益々面白くなる第二巻。パリの街は万里子をどう迎え入れるのか!という活劇になっております。わくわくしたい人は是非!

  • Amazonで予約購入。到着日読了。

    ストーリーの全貌が未だ掴み辛いが、面白く読める。
    大好きな作家なので期待大。

    前作くらいから、完結するまで掴みにくいストーリー展開になってきている気がする。

全32件中 1 - 25件を表示

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

新婚の夫の俊が死を装い別の女性とかけおちし、万里子は深い失意の底に。車中で知り合ったインド人青年・ニーラムらと、花の都・パリに降り立つが、彼女にさらなる試練がのしかかり…!? 2013年5月刊。

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする