忘却の首と姫 3 (花とゆめCOMICS)

  • 145人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (15)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 惣司ろう
  • 白泉社 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196730

忘却の首と姫 3 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リリアがいい子すぎて尊い(泣)
    苦しんでいるのを見ると、胸がきゅっと締め付けられる。
    お父さんのこと、切ないな。恵まれた環境で育ったと思ってたから、「いらない子」だと言われていたのが可哀想で…。
    あとがきや柱を見ていると、作者さんが命を削って描いているようで少し切なくなった。

  • 2014/01/16購入・11/08読了。

    リリアが素直すぎて眩しい。しかし要らない子と言われることの辛いことったらないと思う。話とは無関係ですが惣司ろう先生の名前の由来が分かりました。まさかあの意味だったなんて…。

  • リリアに悲しい過去があったなんて・・・。
    食後のイデアのおなかが可愛い。
    有隣堂横浜コミックプラザのサイン会に参加。

  • リリアがかわいいので歴史の部分の掘り下げはまーいーやー。

  • 絵はともかく、話が上手になったら気がする。

  • [2013年12月23日購入]

  • 相変わらず可愛いカップルな二人の癒しと、リリアちゃんのシリアスな過去が収録されています。
    相手を疑わずまずは信じようとする姿勢は、お父さんに良く似た気質と自分はいらない存在なので視線を合わせてくれる相手がいるだけで有難いと思っていた過去が形成された部分もあるのではないでしょうか。
    どこまでも美しいものしかみていないぽやーっとしたお姫様なのかと思っていましたが、深い設定が知れてよりこの世界に興味が沸きました。

    今回もイデアが可愛いよ
    王様の顔が見えるよ

  • 王様の顔、初披露!!!(笑)
    1巻のラストではなく、3巻のラストに出してきたか。最終話まで出さずに行くのもアリかと思ったけど、巻数を増すことにつれ少女漫画でそれは無理だったのかな?

    首なし陛下の隣に立てる王妃になるためにリリアが国について考え始める。一緒に出張に行ったりしてます。そこで王様がヤキモチ妬いたり。ラブラブやな。
    あとはリリアの亡くなった父親の話とイデアの話の番外編。
    絵はだいぶ上手くなってきたネ。ただ柱や巻末の文章が…。作者まだ若かったよね(笑)って思う。

    のんびり日だまりのような空気感も良いけれど、そろそろ王様が派手に暴れる(笑)ような展開も見てみたい。

  • 12月20日発売。
    バカップル見てるとほんわかする。

全10件中 1 - 10件を表示

忘却の首と姫 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

忘却の首と姫 3 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

切れ者「首なし王」との新婚生活に慣れてきたリリア。そんな中王様と初遠征に出ることに! イチャついてはいけない公務なのに…!? さらにリリアの笑顔の下に隠された過去を知った首なし王が衝撃の行動に…!? 2013年12月刊。

ツイートする