忘却の首と姫 4 (花とゆめCOMICS)

  • 126人登録
  • 3.67評価
    • (6)
    • (15)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 惣司ろう
  • 白泉社 (2014年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196747

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

忘却の首と姫 4 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2015/10/18購入・10/24読了。

    リリアのまったりさ、賢さがいいね。愛情にあふれているというか。

  • 他の方のレビューを見て、自分がすれ違いラブなお話が好みなことを自覚しました…笑。リリア、アイリスといった頑張ってる女の子の話大好きです。

  • リリアは、ふわふわしてていいよね。

  • シュテファンとジークが登場。名前とか国名覚えにくい!(笑)
    次巻は王様の謎に迫りそう。

  • 4巻目。
    ジュテファン様クッソイケメンじゃないかーーー!!からのアレ。
    すれ違い系両思いはニヤニヤするので嫌いじゃないです。
    一方王様とリリアの方はあまり進展がなく、ちょっとだけ不穏なネタが見え隠れ。次回にも期待です。

  • 隣国から次期国王がやってくる。シュテファン・アイリスは男装の男勝りな性格の末王女で、彼女の結婚問題がリリアと首なし王にも飛び火して大問題に。奔放に振る舞うアイリスに混乱する王宮だが、リリアは彼女が悩みを抱えていることに気づく。そんな中、アイリスから告げられた首なし王の過去にリリアの心も揺れる。
    プラトニックなほのぼのラブな話なんですが、いきなりの新キャラ登場に驚いた(笑)えっ?!これ首なし王とリリアの話だったよね?みたいなww首なし王が過去で血族に対してやったことすら全てを受け入れる覚悟があるリリアは、ほんわかぽややんとしているようで芯が1本通った強い女性なんでしょう。しかし、首なし王は首がないとホント感情が読めないよね(笑)次の話はまた新キャラが出てくるのかなぁ〜

  • ラヴい展開でございます。

  • タダのいい子ちゃんじゃなくて勘のいい女の子ですねリリアは。
    私が王様を嫌いになったら傷つくのはシュテファン様でしょう?と答えた聡明さ、一瞬のうちにあの答えは出ないなと思う。
    一周回って気づくならともかく。

    ファンタジーの世界観だから許されるフワッと感といい子ちゃんが前面に押し出された漫画なのですが、まだまだ嫌じゃない。
    寧ろ可愛い。王様が溺愛する気持ちが分かる可愛さ。

  • プラトニックなふんわりイチャコラ路線に着地したせいなのか、リリアと王様の絡みネタは小出しにして、新キャラで間つなぎ的な四巻目。アイリスとジークハルト両者の、自己陶酔型自虐思考はあまり好みではない。

全9件中 1 - 9件を表示

忘却の首と姫 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忘却の首と姫 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

忘却の首と姫 4 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

首なし王との146歳差の結婚生活が日々ますます楽しいリリア姫。
そんな中、リリアの前に現れたのは赤い髪のナイト様! 隣国の結婚問題が首なし王とリリアの間に大ダメージ……!? 2014年5月刊。

ツイートする