忘却の首(しるし)と姫 5 (花とゆめCOMICS)

  • 109人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (12)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 惣司ろう
  • 白泉社 (2014年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196754

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

忘却の首(しるし)と姫 5 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2017/03/07購入・04/08読了。

    陛下がリリアと出会った以降の記憶をなくしてしまうお話がメインでした。リリアがずっと相手を愛するというのが凄い。それにしても人間なのにゴブリンが見られるとは。陛下の160年はかわいそう。

  • 記憶喪失の回と、出会いの回のおかげで恋におちる王様が2回も見れた。
    記憶がなくなったことで、王様甘やかしすぎだったことがわかって面白い。

  • 不穏かと思ったらそうでもなかった5巻目。
    記憶をなくしてしまっても、何度でもやり直して恋をする。ってのはありがちなネタではありますが、ありがちゆえにいいですよね…!
    王様やリリアの過去にもちょいちょい触れてますけど、これからどんな風に広がっていくのか楽しみです!

  • 夢を共有し愛の深さを知ったリリアと首なし王だけど、ある時、リリアのことを庇い王様が記憶を失くしてしまう。自分のことを忘れられてしまい悲しむリリアだがそれでも一途に王様に愛を捧げる。降り積もった愛が孤独な王様に奇跡を起こす。

    記憶を失いリリアに出会う前の王様に戻ってしまった王様が、自分に捧げられる無償の愛で記憶を取り戻していく話が良かった。深い愛だね〜。王様、リリアに出会えて良かったよね。記憶を失くしていてもリリアに惹かれてしまい、自分にヤキモチを妬く王様が可愛かった(笑)

  • 5巻は王様が記憶をなくしてしまいます。
    そんな王様だけど、何度でもリリアに恋をするんでしょうね。
    愛をしらない王様にリリアのありったけの愛情で王様の心の氷を何度でも溶かしてしまう。
    見返りを求めないリリアの愛情によって変わっていく王様
    リリアの言葉に態度にしぐさに全てが気になります。
    記憶のなくす前の自分にさえ嫉妬してしまうほど。
    愛することを取り戻した王様のリリアへの愛情は本当にやさしくて暖かくて、そして2人の愛情のやり取りは読んでいて涙がでそうになるほど自分自身まで優しい気持ちにさせてしまいます。
    愛情いっぱいの優しい物語です。
    巻が進んでいくほど、王様とリリアのラブラブ度も少しずつUPしていってますし、この先もどんな風に愛を深めていくのか楽しみです。

全5件中 1 - 5件を表示

忘却の首(しるし)と姫 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忘却の首(しるし)と姫 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

忘却の首(しるし)と姫 5 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

首なし王と純朴お姫様リリアの間に大ピンチ!
なんと首なし王がリリアに関する記憶を失くしちゃった!!
冷たく接してくる首なし王にリリアの涙が止まらなくて…!?
2014年8月刊。

ツイートする