星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)

  • 121人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (14)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 白泉社 (2015年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196860

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第34〜40話収録。
    和歌の恋愛要素は絡んでいるが、話の中心は表紙の南雲さんと、忌み嫌っていた祖父と向き合い成長した鷺坂との対局。ゾクっとするほど良かった。棋士は命懸けで対局しているのがひしひしと伝わる。南雲さんの渾身の願いも叶え、また鷺坂が祖父を含め自身と向き合うきっかけを作り震えながら一手打たせた和歌の存在良い。この対局は和歌の心に一生残るだろうな。40話ラストで鷺坂が南雲さんの存在について語る台詞泣かせる。これで恐らく出番がなくなるの本当に惜しい。前半で和歌と鷺坂の関係明かされたの、今後どう響くやら。

  • 熱い!りっちゃんのいご入門に既についていけてないので、細かいところは正直いまいち理解できてないけど囲碁に懸ける想いはとても伝わってきた南雲さん編。本誌で読んでるけどこれは一気に読むべき。囲碁に生きた人。お疲れさまでした。

  • 表紙からして南雲さんの、南雲さんによる、南雲さんのための6巻でした。……と言い切るには他の要素も含まれているのですが、それでも師匠VS南雲さんの対決に読んでいるこちらまで引きずりこまれ、ページをめくる手が止まりませんでした。南雲さんの碁、もっと見たいよう……ウウッ あの棋譜だらけの描写が囲碁の奥深さというか宇宙的な深みというか、そんなものを感じさせて好きです。あと、対決シーンに飲み込まれがちですが、じわじわと師匠と和歌ちゃん(と飯塚さんとりっちゃん)の距離は縮まってるから、そちらも気になるところです。

全4件中 1 - 4件を表示

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

名人への挑戦権、そして弟子である和歌を賭け対局する鷺坂と南雲。圧倒的な発想力の前に苦戦する鷺坂は…!? 一方、迫りくる冬季棋士採用試験を前に、このままでは突破できないと考える和歌は、鷺坂と共に新たな自分の碁を作り上げていく…。切なさと激しさが入り混じる碁にかけた棋士たちを描く最新刊!
2015年2月刊。

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

星空のカラス 6 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする