暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)

  • 513人登録
  • 4.31評価
    • (56)
    • (53)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592196914

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 痩せた土地でも育つ作物を探すため、旅立ったヨナたち。
    旅の途中、ヨナに剣の稽古をつける一方でハクは悲壮な決意を固めていた。
    いつもと違う様子の彼を気遣うヨナだったが、そんな彼女にハクは…。

    うわぁハク来た~~~!
    すっごい頑張って押した! 押したのに、引くのが早過ぎる!(笑)
    ヨナが拒絶したらアッサリ引くからなぁ…。ヨナもヨナで意識してるのに鈍感だから、余計にハクを引かせてしまうという。うう、このジレンマ。
    過去話のハクとスウォンが良い関係で、これから先のことを考えると鬱になっちゃうなぁ…。なんとか和解する方法はないんだろうか。

  • 毎回良い雰囲気のハクヨナ
    でも今回はヨナの方がハクの事を意識しちゃったり…⁉︎

  • 過去の話がかわいいです!ただ、その後のことを思うと少し切なさが……

  • 痩せた土地でも育つ作物を探すため旅立つヨナ達。
    旅の途中、ヨナに剣の稽古をつける一方でハクは悲壮な決意を固めていた。
    いつもと違う様子の彼を気遣うヨナ。そんな彼女にハクが…!?

    幼なじみ三人の幼少話がえらく可愛い。この頃は実に仲良くて平和だったのに…。
    でもスウォンはこの頃からちょっと片鱗は見せていたようだ。
    それにしてもこの巻は結構ハク→ヨナ風味が強くて嬉しい。
    ちょいちょいヨナの前で男であることを意識させるハクさんが、早く報われて欲しいものだ。でもヨナもちょっとは意識してるよね、今後が楽しみ。

  • 60-65
    ---
    ヨナ、ハク、スウォンの子供時代。城を抜け出して街へ。ハクとスウォンはそれぞれお互いにないものを羨んで憧れてる模様。
    戒帝国に寒さに強い作物を探しに行く。

  • 2014/12/10
    【好き】過去編。10年前の幼いスウォン・ハク・ヨナがお忍びで城下町に遊びに行く。 誘拐されたヨナを見つけるスウォンの賢さが半端ない。 そして現在の続き。隣国:戒帝国へ新しい作物を探しにいく話。 ハクもヨナもお互いが大事なのに剣の稽古をすればするほど思いが逆にすれ違っていくのが悲しい。いや作者による焦らしプレイか?(笑) そしてジェハに煽られるうちにハクのヨナを想う不憫さに拍車がかかってきた。 いろいろ我慢するのがしんどい様子だけど、ところでジェハは?本気出したジェハも見たいなぁ。 そろそろヨナもハクへ眼を向け始めた感じだけどあぁでもきっとすれ違うんだろうなぁ。 ラブは期待はずれ。前巻の予告に踊らされたな( ̄∇ ̄)

  • ※感想は第15巻のレビューに。

  • 珍しく、ハクがヨナ攻めててどきどきしました!それにしても、ジェハはみんなの世話焼きすぎてほんとかわいい…

  • 第60〜65話収録。
    3人の幼少期(60〜61話)と、戒帝国潜入(62話〜)の巻。相変わらずヨナが可愛い。幼少の姿は勿論、天幕の元でハクとのやり取りなど。ただ今回はそれ以上に、ハクの、ヨナへの切実な想いに強く胸を締め付けられた。特に悪夢を見た直後や、ヨナの踊りを見てからの展開。平和だった幼少期を知ると、さらに切なくて……。一方ヨナも、スウォンを一途に想っていた頃には戻れないという心を抱いて、火鎮の舞を行う姿。くー!次回予告や帯からもっと明るい展開を想像してたのに、全然違うかった!でもこういうの大好きです。

  • 戦いなどがなくてのほほんとした11巻。
    ハクとヨナの距離が縮まったように感じた!

  • ヨナとハクの関係に少し進展が見られたよーな…
    ヨナのおどおどした感じがすごく可愛かったです!

  • 子どもの頃のヨナとハクとスウォンは、凄く良い関係だったんだろうなあ。みんながみんな互いを認めて、尊敬し合っていたみたい。それなのに、と、だからこそ、が、3人を苦しめているようで辛い。

  • 過去編は可愛いけど色々切ない。恋の進展もありそうだけど中々難しい。好きだった人に裏切られ親を殺されても、冷静になって世界を見渡し自国がどんな状況で立場だったのか、これまでにどんな犠牲を払ってきたのか、徐々に見えてくれば(自国を想えば)単に責めることは出来ないし、優しいだけでは国を守れないと悟ってきている(自分の親がしてきたことを知れば余計に)。まだ愛憎という言葉のが強い気もするので、これをどう消化するのか。

  • いい感じで進んできました!ヨナの本心が垣間見えた巻です。次巻が楽しみです!

  • まるっと好きです。

    ヨナとハクとスウォンの関係に切なくなったり

    キジャが面白かったり
    ジェハがかわいそうだったり

    みんなの思いはどこに行くのかな?

  • 高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは、優しい父王と幼馴染で護衛のハク達の元で大切に育てられていた。そんな中で迎えた16歳の誕生日、ヨナは従兄のスウォンへの恋心を父王に理解してもらおうと、真夜中に父王の部屋を訪ねる。しかしそこでヨナが見たものは、スウォンが父王を殺害する光景だった。
    以前からずっと読んでみたかった作品。
    レンタル屋でやっと借りられたので1~11巻まで一気読み。
    かなり面白かったので全巻大人買いしました。
    スウォンが本当に父の仇とゆう理由で国王を殺害したのか?黄龍の本当の能力とは?そしてヨナとスウォンとハクとの三角関係は?この先ヨナはどう動いていくのか?続きが気になる!!

  • 姫様はいつまで雷獣を生殺ししてれば気が済むの

  • 【請求記号】 726.1/ク-4/11
    【登録番号】 11756
    【資料ID】 1001011756

  • 扇子を用いて踊ると思っていた剣の舞踊は、ヨナが華麗に映りました。
    そしてヨナはハクに対して緊張した事は、今は解らないでも家来としてではなく男性として惹かれています。
    いずれその想いが実って、国の為になる事を願います。
    それからゼノがハクとこんなにも話したのは初めてで、また今後の展開に深く関わりそうな予感がしました。

  • 前半はハクとヨナとスウォンの幼少時代のお話。この頃はまだハクとスウォンがお互いに相手を尊敬してる感じがして、今の状況を考えると切ないです。

    ヨナを好きだけど、スウォンの影がちらついて、あと一歩が出ないハクの表情が切なさUPしてます。同じテントの中であの体勢で寝るのってかなりドキドキするのに、ヨナがハクに触れたあとのハクの片目を開けた表情がなんともいえません。

    全体的にこの巻はハクとヨナの関係が変わってきているのが強調されている感じがしますけど、そんな中に笑いがあるのもいいです。吊り橋で落ちかけたキジャをつい助けてしまったジェハのつぶやきとか、変なことを想像しているジェハとか・・・。ジェハいいんですよねー。

    次は夏~秋って、早く続きが読みたいです。

  • ヨナとハクの距離感が少し変わってきましたね。

    スウォンのことを思い出す2人を見ると

    切なくなります。

  • 幼少時代もいれて、今の関係がせつない一巻。

  • 小さい頃の三人の話が微笑ましくも切なかったです。もう、三人で仲良くすることはできない…ですよね、うう。それにしても、しっかりもののユン君、わたしもお母さんにほしいです笑。

  • 雷獣、ファイト

  • ハクとスウォンの幼少時代のエピソードがとても好き。二人がお互いを尊敬し合える関係って理想的だと思う。そしてこのエピソードが入ったからこそ、後半の展開に深みが出たと思う。
    ハクとヨナのこのもどかしく切ない関係がとてもよい。もうちょっと先に進んでほしい気もするけど、今のこの関係性が個人的に一番ときめく気もする。

    そしていつものことながらちょこっと出てくるモブの人たちがとてもいい。今回は女性も多めで華やかで楽しかった。番外編で是非キジャが突撃された話を読みたいと思った。

全29件中 1 - 25件を表示

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

痩せた火の土地でも育つ作物を探すため旅立ったヨナ達。旅の途中、ヨナに剣の稽古をつける一方でハクは悲壮な決意を固めていて…。いつもと違う様子の彼を気遣うヨナ。ところがそんな彼女にハクが思いがけない行動に出て!? 幼いヨナ・ハク・スウォンを描いた過去編も収録。 2013年4月刊。

暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする