暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)

  • 454人登録
  • 4.25評価
    • (47)
    • (41)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 火の部族編おわり。
    少女漫画のバトルシーンって個人的に好きじゃないんですよね…残念ながらこの作品も例に漏れず。
    カン一族の親子三人水入らずな姿をもっと見たかったです。

  • 高華国の王位を狙うカン・スジンは、この時を待っていた。
    火の部族長スジが反旗を翻し、新王スウォンに迫る。
    両軍が激突する戦場の渦中へ、ヨナ達は…!?
    火の部族編、決着! ハクとヨナの出会いを描いた書き下ろし「雷獣」も収録。

    珍しく表紙がヨナ不在で、メインではないオッサン達という異色の13巻。内容的には致し方ないのか。
    スジン将軍の野望はスウォンの対抗策の前に破れちゃったわけだけど、あの人も野心だけってわけじゃないのが切ないところ。ちゃんと息子達のことを思っているからってのが辛いし、息子二人にあそこまで悲しんでもらえるだけの父親だったのだと思うと、実にやるせない。
    これからは兄弟力併せて火の部族を盛り上げていって欲しいところ。
    ヨナ達は完全に裏方で後方支援だったけど、うっかりスウォン達に鉢合わせしちゃってどうなるかと思った。何も見なかった事にしてくれるグンテさんはいい人。
    最後の客引きの話はいい閑話休題でほっこりさせられた。
    ヨナは合間のギャグ回が平和で好き。

  • ヨナ勢とスウォン達が顔合わせするシーン。
    何度も見返した。

  • 2014/12/12
    【好き】火の部族:スジン&戒帝国:ハザラ連合軍とスウォン軍の戦いはスウォン軍の勝利で幕引き。 スジンは殺され、ハザラは自国に帰る。 スジンの長男:キョウガが将軍に、次男:テジュンは部族長代理になる。 ヨナは賊として戦場で戦いながら、同じ民族で争ってはいけない、強い指導者が必要だと考え、スウォンを王の器として認める。 後日、出稼ぎに出たヨナたち。 ハクに動揺したり張り切ったりするくらいは気になってきたヨナだがなんか違う方向に頑張りそうな予感。 特別編は、ハクと地の部族将軍:グンテの武道大会の話。 ショタハク生意気で可愛い(^▽^*)


  • 蘇芳與優娜和哈克~算是第1次正式一起會面吧@@
    是說優娜目前有點像蘇芳的地下助手啊XD;
    另外恭喜哈克有長足進展XD 這裡是優娜第 1 次明白表示好感吧XD
    (雖然是對綠龍說的XD)

    腰帶~動畫版,台灣和日本同步首撥耶!好威!!
    我覺得這樣很棒!就不用掙扎謎版了XD

    側欄~是說日本人似乎對當時震災時 台灣的捐款等印象很深
    看漫畫時也很常看到~這本也有@@
    嗯~與有榮焉吧!(有點慶幸?當時也有捐了一點XD)


    其實本來不想打記啦~不過今天台灣有重要的選舉~本人住的地方超不可思議的贏了!!!(所有在地人~2黨都是震驚XD 不相信會輸 & 不相信竟然能贏XD) 超開心!!!! 所以就來隨便打漫畫記好了XDDD

  • ※感想は第15巻のレビューに。

  • 第71〜76話+特別編「雷獣」収録。
    火の部族編の後編。登場人物の恋愛は、ますますおまけ扱いに(笑)スジンの死因はショックでした。殺害した彼は自殺しそう。息子二人の心境が切ない。国を裏切ろうが、彼等にとっては大切な父に違いないもんね。二人の活躍を見守りたいが、水の部族編に入るようなので暫くお預け。ヨナとスウォン、二人とも国のために行動できるのに、協力しあうことが出来ないのが切ない。スウォンがヨナと結婚すれば、一番平和だったろうに……運命は残酷。76話は箸休め的なお話でした。「軽くノシたれ」のハクの顔が最高!

  • スウォン対スジンの戦の回。
    スウォンうわてすぎてまじ…さすがっす…。
    ヨナは、おじさんキャラも活き活きと描いてくれるところがすきです!

  • 火の部族長スジンが反旗を翻し、新王スウォンに迫る!
    両軍が激突する戦場の渦中へ向かった、ユナたちは…。

    今回ヨナたちの出番は少なかったですが、それでも面白かった!
    スジンさんの最期の言葉を聞くと、ああ…!ってなるんですけどね…。でも誰もそこまで望んでなかったっていう。
    残されたカン兄弟の父への想いがまた泣かせますなぁ…。特にテジュンが…。
    父親には見せられなかったけれど、お兄さんにはちゃんとテジュンの成長っぷりが見せられたのは良かったです。
    これから頑張れカン兄弟!

    しかしスウォンは向かうところ敵なしで。
    この人このまま王で居続けた方が良いのでは…と思います。
    ヨナはスジンにははっきり「王の器ではない」と言い切ったけど、今のスウォンに対してはどう言うんだろう。
    確かに王殺しはよろしくなかったけれど、ここまで立派にまとめあげられると、王の器ですよね彼は。

    でもスウォンは最終的にヨナに討たれること望みそうで怖い。
    そして、スウォンが出ると今度はハクが沈むので…なんか切なくなります。
    ……と思ったらヨナの中で変化が!?
    その気持ち大事!大事に持っていてヨナ!!(笑)

    次巻も楽しみです。

  • テジュン、本当に頼もしくなって……!

  • 2014 4/28読了。池袋東武の旭屋書店で購入。
    買ってなかった12-14巻をまとめて一気購入・読み。

  • 火の部族編終結。カン・スジンの野望の末路。柱の4コマのキョウガに嫌われるから計画のこと言えないスジンに思わずかわいいと思ってしまった…w

  • 冷静に、適切な判断を下せるヨナやスヴォンが非常にかっこいい!
    個人的にはゼノの深い話が読みたい。

  • スウォンとテジュンが
    カッコよかった!

    二人とも目的意識、というか
    自分が果たすべき役割を
    認識している感じがいい!

    ヨナにも多少の心の動きもあったし、
    これからどう展開していくのか
    楽しみです♪

  • 高華国の王位を狙うスジン(火の部族)の謀反に立ち向かうヨナとスウォン。国を統べるとはどういうことなのか。三者の思いが荒野で絡み合う。はたして強者どもの夢の跡に残るのは!?
    火の部族編完結です。
    各自の想いが色んな所にちりばめられていて、読み応えのある巻でした。
    この先も楽しみなマンガです。

  • 火の部族長スジンの最後はあっけなかったけど、やっぱり彼の敗因は、スウォンを甘く見すぎていたってことですよね。内乱は知り合い同士の戦いで、スジンも昔は違っていたはずだし、終わったあとはやりきれない感じがしました。ジュドの虎の皮を被った馬にはちょっと笑わせてもらいましたけど・・・(確かに昔あんなのデパートの屋上とかにもあったなって・・)

    テジュンも最初に出てきたときとは打って変わって、民のためにがんばってるし、キョウガも意外と真面目な人で、ヨナのもたらした種がうまく根付けば、火の部族の民も生活が楽になりそうです。

    ここにきてやっとスウォンの前にちゃんと姿を現したヨナ。ハクも胸中穏やかじゃない感じで、ヨナが最終的にどっちとくっつくのか気になります。私的には是非ハクとくっついて欲しいものですけど、スウォンがそのままだと難しそうだし、最後はスウォン死亡でその意志もヨナが継ぎ、ハクはそれを支えるって感じかなぁって予想です。この流れでスウォンとくっつくのはなしにして欲しいな。

    次は水の部族で明らかにトラブルがあるって伏線ひかれてますが、その前に市場でのハラへり達の客引きとかハクとジュドの過去話に笑わせていただきました。ジュドけっこう好きかも。

    次は2014年春。待ち遠しいです。

  • スウォンとヨナの目があいましたが、再会とは行かず。
    物語の結末はもちろん、恋愛の終わりもどうなるのか気になるところ。
    個人的にはスウォンが好きですが、ヨナとくっつくのは
    ハクでもスウォンでもいいなと思っています。
    テジュンは最初の頃とは比べ物にならないくらい男前になっていて驚きですね。これからにも期待。

  • スジンがあの様な死に方をするとは。
    この内戦はヨナ達にとっても忘れられない事となるでしょう。
    軟弱だった弟が村々を周って診療所を建てていると知った兄。
    これからこの兄弟の行いで火の部族にも少しずつ安寧が訪れる事を心から願っています。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ク/13 
    【資料ID】 1001012015 

  • スジンの最後が物悲しかった。救いは息子たちがしっかり自分の道を歩き始めた事かなぁ。
    ヨナとスウォンの再会。ヨナの目が凄く良かった。迷いのない強い目がとても好き。スウォンの方はそれに対して何を感じているのか分かりづらい。もともとスウォンはヨナに対する愛情はあったと思うので、きっと複雑な気持ちなんだろうなと思う。
    サブキャラまでしっかりと魅力的で意外と骨太なファンタジーなんだよなと再認識させられた。

  • ついに二人が邂逅した。

    ヨナはどっちを取るのかな。
    私の嫌いな「二人とも好き」なんて言うのかな。

  • おまけ1/4漫画の「戦の前に」で笑った。と同時にやりきれない。

  • 表紙…前の感じのがよかったよーな。
    ヨナの出番が少ないよー。。。
    でも面白かったです、テジュンがどんどん好きに。

  • ヨナは本当に強くなりましたね…!
    泣きどころ満載なので、涙腺弱い人は要注意かもしれません。

全28件中 1 - 25件を表示

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

高華国の王位を狙うスジン(火の部族)の謀反に立ち向かうヨナとスウォン。国を統べるとはどういうことなのか。三者の思いが荒野で絡み合う。はたして強者どもの夢の跡に残るのは!? さらにヨナ一行が出稼ぎに励む「流れ者の市場」も収録。 2013年12月刊。

暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする