暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)

  • 458人登録
  • 4.15評価
    • (38)
    • (50)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2014年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196945

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ヨナの旅は高華国一の景勝地である水の部族領へ。
    しかし評判とは裏腹に、そこは麻薬に侵された土地だった。
    新たな問題に立ち向かうヨナの前に現れたのは長い黒髪に勝ち気な少女。その正体は…?

    水の部族編開幕。今回は景勝地として名高いらしい水の都…と思いきや、地の部族に負けず劣らず不穏な空気。麻薬が出回ってるとは残念。
    ジェハが珍しく超シリアスモードで目立つ話に。ジェハ心配だし大変な時だというのは分かるけど、それでもシンアとの攻防戦は完全にギャグだった。こういう時々のコミカルさが実にいい。
    そして珍しい事に新キャラに女の子! ヨナと同年代の女の子とか貴重ですよ。この作品何気に女子率低いから。ある意味で同じような立場というのも面白い対比。リリの無鉄砲ながら一生懸命な感じは好感持てた。
    しかし最後ヨナ大ピンチじゃん。皆早くこないと…。

  • 台灣終於出版囉!當人購入囉!
    (順便帶了大振~買了 4 本新書~)

  • 2014/12/12
    【好き】ヨナたちは水の部族の港町に行く。 ヨナのことが好きだけどーでもハクがいるしー運命にも逆らいたいしーで半分ヤケで花街に行って危ないと解っていても麻薬酒を飲んでしまうそんなジェハが好きだ! それをキッカケに麻薬捜査&撲滅に向けて動き出したヨナたちは、水の部族長の娘:リリと護衛:アユラとテトラと知り合う(お互いまだ身バレしていない)。 ハク・ジェハ・キジャが花街で潜入捜査中、女子グループ:ヨナ・リリ・アユラ・テトラが敵に襲われピンチな状況で次巻へ。 ツンデレヘタレなリリの成長と、ヨナの怪我でハクたちがどうブチ切れてくれるのか気になる。

  • 第77〜82話+日常および78話補足収録。
    再読。水の部族の港町・四泉でやってきたヨナたち。雨宿りの休息にと、花街へ1人向かったジェハは麻薬″マダイ″入りの酒を呑んでしまう。危険視しつつも女を庇うためというのが彼らしい。一方、マダイを持ち込んできた南戒の密売人を捕らえようと、ヨナたちを探るのは部族長の娘・リリだった。あることをきっかけに、ヨナのようになりたいと願う彼女を応援したくなる。ヨナほんと成長したよね。でもそんなヨナだからこそ皆守りたいんだろうな。良い関係。踊り子の衣装についてのネタ帳噴いたw腹巻きw

  • ※感想は第15巻のレビューに。

  • 表紙は四龍、裏表紙はヨナ、中表紙はハク。
    ユンだけいない!かわいそう!(笑)
    水の部部族編!
    ジェハ、阿波のときのことあるから、親身で危うい…。

  • リリたち3人組が楽しいなぁと
    思っていたら話は深刻な方向へ。
    次巻はスウォン出番がありそうなので楽しみ。

  • ヨナの旅は高華国一の景勝地である水の部族領へ。
    しかし評判とは裏腹に、そこは麻薬に侵された土地だった…。

    ヨナ以外の同年代の乙女登場!
    リリちゃんの存在は新鮮ですね~。
    彼女見てるとほんとヨナは成長したな、と。図太くなったな、と(笑)
    アユラ・テトラとハクがどこで会ったのかも気になるところです。

    しかし水の部族の領地は一体どうなってるんだか…。
    怪しい匂いがぷんぷんしますよ!
    ジェハ、分かってて飲んじゃうとか危なすぎるわ!
    ヨナに惹かれるのは四龍の血か否かは本人の気持ち次第な気もしますが…あらかじめ関係あるって言われてるとそりゃあ自分自身の気持ちも分からなくなりますわな…。

  • 水の部族編突入。四龍の表紙がかわいい^^ キジャたちに傘を差してあげるお兄ちゃんなジェハにきゅんとしつつ、中身では真剣なジェハにやられました…。かっこいい…///でもかっこいいと言えば、美しい踊り子からの飛び蹴りヨナ。そして勇敢に剣を抜く姿はもうイケメンすぎた。四龍の血なんて関係なしに誰だって惚れるw

  • 水の部族編。
    ヨナも仲間たちもどのキャラも大好き。
    麻薬編続くので気になる!

  • シンアの見張り可愛いなあ。

  • やっぱり面白い‼
    所々にあるギャグも好き
    早く次巻が読みたーい

  • ヨナちゃんがどんどん凛々しくなってく。
    そして、前の巻から引き続き、ちょっとハクへの気持ちが変わりつつあるのかなー。
    ハクには報われてほしいとずっと思ってるからうれしいけど、次の巻ではあの人が出てくるみたいだし、そうするとまたハク、かわいそうな目にあうんじゃないだろうか~
    ちょっとヨナちゃんピンチのところで終わってるし、早く続きが読みたい。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ク/14 
    【資料ID】 1001012130 

  • 2014 4/28読了。池袋東武の旭屋書店で購入。
    買ってなかった12-14巻をまとめて一気購入・読み。

    やあ、一時買うの止めてたけどやっぱ面白いなあヨナ・・・。ちゃんと買っていこう。

  • ヨナの旅は高華国一の景勝地である水の部族領へ。しかし評判とは裏腹に、そこは麻薬(ナダイ)に侵された土地だった。新たな問題に立ち向かうヨナの前に現れたのは長い黒髪に勝気な少女。その正体は……!?
    水の部族編突入です。
    このマンガ、面白いけどかなりの長編になりそうだなぁ。
    いや、面白いから良いんだけどね。

  • 男どもばっかりだったけど、今回同じくらいの年の女の子リリ登場。麻薬がはびこる水の都で、なんとかしようと考えてるけど、そこはお嬢様。かなり甘い考えで殴られちゃいました。私もまさか初登場のお嬢様が本気で殴られるとは思わなかったですけど。

    あと、花街でもハクの口説きもナイス!ハクもあんなことできるんだぁ。ヨナに知れたときに動揺しそうですけど、ヨナにも是非あの顔見せて欲しいです。

    それにしても出てくるキャラは個性的でいいですね。
    アユラとテトラがハクと顔見知りっぽいのも、また明らかなになるとは思うけど、意外と同族だったり?

    次巻も楽しみにしてます。

  • 水の都を目指すヨナ達。
    領主の娘リリの一生懸命さは伝わりますが、
    ヨナと出会って前に進む力を養って欲しいです。

  • 水の部族編。

    いやぁ、ヨナかっこいいなぁ。

  • ヨナちゃんがますます凛々しくなられて。もともとの可愛らしさも少しずつ、取り戻しているのかな、とすこし思ったり。ますます面白くなってきて、次巻も待ち遠しいです。

  • アユラとテトラがいいコンビ。
    関係ないけど裏表紙のイラストを見ていたら十二国記のテーマが脳裏をよぎった。東洋風異世界…大物の赤髪少女…

  • 新キャラが女性で華やかで良かった。
    ヨナは脇役まで皆魅力的なのが良い。そしてその中でやっぱり一番魅力あるのがヨナだと思う。ヨナの強さと優しさ、そして信念が色んな人を変えていくのだなーと思う。やっぱり主人公が魅力的な作品は読んでいて楽しい。

    水の都で起こる麻薬事件、という事で、お話としてもかなりシリアスな展開。でもキャラクターが明るいので重すぎないところが魅力。

    ヨナの踊子衣装は問題視されなかったのか?と思ったけど、やっぱり読者からつっこみが入っていたのか!
    そしてぷっきゅーが密かにどんぐりをあげていると知って、読み直したくなった。

  • 雑誌も追ってるので内容は復習で読んでる。読んでるけど、コミック開いたら胸筋腹筋見せてるハクが!(笑)誰得?俺得?(笑) ナダイの街の麻薬蔓延に対して、ヨナとゆかいな腹減り(だった?)が大元を突き止めようとしてる内容。そして、次巻予告にはあの人が! で、私もプッキューの大冒険読みたいです(・∀・)

  • テトラとアユラコンビが最高。

全26件中 1 - 25件を表示

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

ヨナの旅は高華国一の景勝地である水の部族領へ。しかし評判とは裏腹に、そこは麻薬(ナダイ)に侵された土地だった。新たな問題に立ち向かうヨナの前に現れたのは長い黒髪に勝気な少女。その正体は……!? 2014年4月刊。

暁のヨナ 14 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする