暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)

  • 383人登録
  • 4.20評価
    • (44)
    • (37)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2015年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196983

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ついにようやくゼノの能力の本質とゼノの過去…ずっとこれがくるの待ってました…ゼノの話がくるのずっと待ってたよ…。
    ゼノありがとう。そして四龍いとおしい。
    暗黒龍とゆかいなはらぺこたちいとおしい…;;

  • ゼノのターン。
    ゼノが始まりの龍、そしてヨナが緋龍王の生まれ変わりという大きな秘密が明かされました。
    ヨナは緋龍王の生まれ変わりではあるけど、だからといって無条件にゼノが駆けつけるのではなく、見極めてたってところがいいです。生まれ変わりだから、運命の人だから、っていう流れは個人的には好きではなくて。緋龍王とヨナ、別人格なんだときちんと設定してくれてるのがいいです。

    四龍と緋龍王が集まったとなると、現れる剣と盾が気になります。このままでいくと普通はハクとユンなんだろうけど、できれば盾はスウォンがいい。ハクと対になれるのは、やっぱりスウォンなのではないかなと思うのです。憎しみを乗り越えて、もう一度並び立つハクとスウォン、見てみたいです。

  • 緋龍王と初代四龍の関係がついに明らかになります。
    ぼろぼろ泣きました。

  • 読みながら号泣。
    思わずそうきたかと唸ってしまった。

    数ある大河系少女漫画のどれにヨナは当てはまるんだろうなぁっと色々考えながら読んできたけれど、ヨナは今までにない新しい話を模索して描いてるのかなとこの巻を読んで思いました。
    変な終わり方をするかも!という不安消え去り、予測できない展開を最後まで楽しむ心意気ができましたww

    暁のヨナとっても好きです。
    続きが楽しみ!

  • ゼノのターンだから☆って、ゼノが言いそうな18巻。黄龍の力は不死身の体。その体のせいで初代緋龍王の時代から年をとることなく生き続けてきた。不老不死を望む漫画や小説等多々あるけど、実際問題として死なない、いや死ねない体になったら狂うよね。同じ時を生きる仲間がいるならまだしも、一人、たった一人だとおかしくなると思う。ゼノも長い時間、正気でない時もあったんじゃないかな。

  • 黄龍ゼノの悲しい能力と過去に(T_T)

    「暁のヨナ」って誰もがみんなそれぞれに背負っているものが重たくて泣ける……。

     死なないって究極の力だけど同時に呪いだよなと某オペラの登場人物を思いだしながら思う。

     

  • 戒帝国の敗残兵に襲われる中、致命傷とも言える怪我を負うがそれでも死なないゼノ…。その能力は「不死」だと分かる。
    黄龍ゼノが語る過去とは…?
    四龍だけのお留守番を描いた番外編も収録。

    ゼノ編、重い! 傷が再生したあたりでこれ不老不死系じゃないかと思いはしたけど、うわーこれものすごく重かった。ある意味で一番きつい過去だった。ゼノの一人称が子供っぽい名前呼びだったことにすら、理由がわかるとうるっとくる。初代四龍たちもみんないいキャラしてて本当に切ない。
    これだけの過去を秘めて、あれだけ明るく振る舞えていたゼノはもう完全に見る目変わっちゃったなぁ。不老不死キャラはすべからく切なくて悲哀がある。そういうの好きだけどやっぱ辛い。
    今の四龍が幼い頃に全員一度様子を見に来ていたというのもぐっときた。もうこれ完全にお父さんだ。
    本編が大変重かっただけに、巻末のお留守番が面白すぎて笑った。
    ゼノの事が過去が明かされた事で、改めて今こうして皆で和気あいあいやってる幸福さを感じさせる。

  • 往年の『ぼく地球』を彷彿させます。
    ええ、40overならば分かってしまうあのネタです。

    登場時点でわかっていても、やっぱり切ないんだよねぇ。

  • ゼノの回。
    登場した時の台詞から、もしかしたらと予想していたけれど、
    ちょっと泣きそうになっちゃう。

  • ゼノが一人で生きていたと思うと切なくなりました。

  • 2015/07/09
    【好き】黄龍:ゼノの過去編。 短命な他の龍に対して絶対死なないゼノ。 こちらも背負うものが多過ぎて哀しい。 だからゼノの笑顔は説得力があるんだな。

  • 黄龍ゼノについて。8巻で登場して18巻にして、漸くやってきましたゼノのターン!長かった…^^ ずっと謎を抱えたままふわふわしてた印象だったけど、これでやっと本当の意味で四龍が揃ったってかんじ。不死の能力を持つ黄龍。願わくは、この出会いの果てにゼノに安息が訪れますように。緋龍王や初代の龍たち、そしてカヤと同じところへ、いつか行けるといい。

  • 前巻でようやくゼノの能力が分かったところで、過去編に突入。
    というわけで今巻は、初代四龍と緋龍王の話を中心に展開。

    …っていうほど大げさなモンでもなかったな。笑
    初代四龍は、今の四龍たちとは性格正反対というかなんというか。Σ(・ω・ノ)ノ
    緋龍王は、ヨナというよりスウォンに近い雰囲気がある人だったんで、そこも少し驚きだった。

    ゼノの運命を思うと、そりゃあ今の四龍たちが可愛くて仕方ないんだろうなぁと。…切なすぎる。(- -、)
    緋龍王と四龍の絆は特別なものなんだろうと思うけど、四龍の間柄もまた、“兄弟”という言葉だけでは表せないほど深い繋がりなんだろうと思う。

    本編がシリアスなだけに、番外編の明るさが眩しいわ~。(なんか年寄りくさい?笑)

    さて、主人公なのに今回はほとんど出番ナシだったヨナの次なる行き先は…?
    次巻にも期待☆

  • ほぼ黄龍の過去編。

  • 前巻の最後で能力が明らかになったゼノの巻でした。
    他の龍は世代交代をしているのに、唯一不老不死の力で世代を交代しない黄龍。

    ゼノが結婚していたって一言ありましたけど、その結婚していた幸せな期間もちゃんと書かれていて、彼女が死んでから骨になるまで一緒にいたんだって、切なくなりました。
    周りは死んじゃうのに、一人でずっと生きているのって、つらいことなんだなぁって思いました。

    ゼノの過去が明らかになってから、なんだかゼノがじじむさくなった気がしないでもないですけど、最後のおしくらまんじゅう、ほんわりです。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ク/18 
    【資料ID】 1001012449 

  • ゼノの巻だった。こういう過去の子だったのか…。初代たちも素敵。

  • ゼノ…
    よく分からないキャラでしたが、
    やっと背景をしることができました‼︎
    ゼノの能力は自分が想像してたのより凄くて
    アニメ化してほしいなぁ

    なんて思いながら
    最後まで一気に読み終わりました。

  • ゼノの出番がようやく到来!な18巻でした。

    小さい頃の四龍が可愛かった♪

  • ゼノと初代四龍たちの過去。
    死ねないって苦しいことなんだなぁ・・・。
    大切な人たちを見送って、苦しんで、ようやく自分の存在の意味を見出せて、今につながる。
    ゼノの首が落ちたシーンは衝撃的だった。

  • ゼノの巻←これ以上表現しようがありません。

    Kindle電子版で購入。

    安定感のあるストーリー構成、シリアス&ギャグのバランス、美麗な絵。
    素晴らしいです。
    ゼノの初登場があっさりしていたことにも理由があったことが分かり、一種の伏線だったのかと思い返されました。
    オススメです(*^^*)

  • 不老不死のゼノ。
    永遠の時間を与えられて緋龍王の生まれ変わりのヨナと出逢えて、
    内心では感慨深かったろうと感じました。
    ガヤとの別れも悲しい筈なのに、結婚してた時もあったとヨナ達にさらっと言う辺り乗り越えたのだと感じました。

    胸が痛い、それでも凄いと、ゼノが一層愛しくなります。

  • ゼノ無双な18巻。
    黄龍のエピソードと過去話は、予想以上に辛いものでした。
    ゼノのおおらかさと笑顔は、凄く重いものを背負っていたんですね…。
    しかし、前半のバトルシーンの迫力が凄かった。
    花ゆめで首が飛ぶとは…!ここのエグさを描き切ったからこそ、後半のエピソードに繋がるんですけどね〜

  • ゼノ巻。完全にゼノ巻であると言っていいだろう。
    いやあ…すみません、ちょっと台無しかもしれませんがこの第100話目のゼノの活躍っぷり見て正直、めっちゃときめきました。中二的にかっけー…!シンアの時も内心相当ときめきましたがこれはいかん。
    初代ーズじゃなくゼノオンリーの表紙にした、とかこの裏表紙っぽい感じの表紙にしたかった、とか……ううー切なくさせやがって…。

全31件中 1 - 25件を表示

暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

戒帝国の敗残兵に襲われる中、ゼノの能力が『不死』だとわかる…。そんな黄龍・ゼノが語る過去とは…?四龍だけのお留守番を描いた番外編も収録の18巻!
2015年6月刊。

暁のヨナ 18 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする