なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 289人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (21)
    • (33)
    • (6)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 西炯子
  • 白泉社 (2014年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592197331

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きっと黒髪ストレート女子を描きたかったんだな。

    好きの種類や表現方法は数多あるわけで、不器用な人たちが自分に合う相手を見つけて、前向きってなって良かった。
    実は一番心が迷ってたのはかすみちゃんだったのでは?
    寛容っていい言葉だなー。

  • しゅんくんの思春期特有の危うい感じがたまらなく好きだった。三巻で完結してしまったけどきちっと収まってて読んでて楽しい漫画でした。

  • 1~3巻一気読み。45歳映画監督のお父さんと16歳高校陸上長距離のエースの息子、両方に好かれてしまった女子短大生、という設定。うまくいきすぎだろ、と思わないでもないけど、漫画だからね。やっぱ断然お父さんだよねー。最後の3人で一緒に暮らすくだりは何でそうなる??って感じだけど。北白川さんの卑屈っぷりは好かん、と思ってたけど、親のせいだったとは。これもマルトリートメントに入るんじゃなかろうか。でも田舎の親ってこういうこと言いがちだよな。うちの弟も「寿司屋になりたい」と言ったのを反対されたの、未だに根に持ってるし。でも、何よりこの漫画で一番好きなのは桜沢かすみ。超いいキャラ。最後小関君とくっついて本当に良かった。面白かったけど、まぁそれほどでもないかな。

  • いやー…どうしたらこのスペックで自信を持たずにこれたんだ…って思いが最後まで抜けなかった。
    3人で納戸で暮らしちゃうところとか意味不明すぎたなぁ。
    うん…わたしの好きな話ではなかった。

  • やっぱ父ちゃんだよね!歳の差は25ぐらいか!?リアルには考えたくない年齢差。自分だったらせいぜい5歳差ぐらい。。それ以上は無理だわ。 俊くん、W大って連呼されてるけど、ゼッケンには早大ってなってる(笑)

  • 登場人物、みんなすごい人ばっかり。恋をあっけなく、ただの憧れと切り捨てちゃったのには、びっくり。
    そっち選ぶのか〜!とびっくりした。
    このあと、麗奈の両親はどうしたんだろう。

  • 麗奈が化けたところを見れて満足。

  • 1〜3巻読了。1.2巻ともに面白かった。3巻は急転直下で拍子抜けしたけど良かった。女優業の事とか俊くんのキャンパスライフとかスピンオフとかあるといいなー(。・w・。)

  • もう少しドタバタするかと思いきや、するっと完結。
    なんだか物足りない

  • 最終巻。
    ここのところの作品のなかで、いちばん気持ちよく読み終わったような気がする。
    (「男の一生」も「姉の結婚」も、なんだか最後のあたりでちょっと凝りすぎな感があったので。)

全20件中 1 - 10件を表示

西炯子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)の作品紹介

父・圭と麗奈の関係に気付いてしまった俊。親子三角関係の行方は、衝撃と感動のクライマックスへ!!
2014年11月刊。

なかじまなかじま 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする