首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)

  • 49人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 千歳四季
制作 : 睦月けい  田倉トヲル 
  • 白泉社 (2014年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592197775

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 原作が好きだったので。

    正直、表情の描き方とか「う~ん」と思う所がないわけではないのですが。
    マンガでしか感じられない部分を楽しみたいですね。

  • 2015/10/18購入・10/19読了。

    タイトルの書体が可愛らしかったので可愛らしいお話なのかと思いきやいきなり首なし騎士の凄まじいエピソードが出てきたので、なんだか戦いにあふれた世界だと思いました。そんな彼が認めかけているシャーロットの運命や如何に。

  • 中古で買ったけど、中古で半額でないと買いたくないレベル。

    始まりは原作と同じく最初からにはなってますけど、アルベルトがまーーったく好みじゃないです。シャーロットはまだマシですけど、アルベルトはなんじゃこりゃーってレベルです。

    兄王子二人もため息レベル。

    途中、なんか読む気がしなくなって、斜め読みになってしまいました。次巻はたぶん半額でも買わないと思います。

  • 以前のコミカライズではさくっと省略されていた部分からのコミカライズ。
    シャーロットはかわいいんですが、それ以外がううん…という感じでした。特にアルベルトがなんかコレジャナイ感。
    あとところどころ作画が変で地味に気になります。
    とりあえず様子見。

  • 角川版コミカライズではすっ飛ばされてた原作一巻からキッチリスタートな、白泉版コミカライズ首なし一巻目。シャーロット以外のキャラデザが微妙に不安定な雰囲気ですが。今後に期待しよう。

全5件中 1 - 5件を表示

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

大陸の中心・フォルモント国。建国の英雄ジョセフの孫・シャーロットは、本を愛するインドア派の末っ子姫。自分を飾らず、お見合いにも失敗ばかりの彼女だったが、父王から“首なし騎士“と呼ばれ恐れられているアルベルト・ホースマンと一緒に狩りに行くことを命じられて──?
引きこもり姫×野獣騎士が挑む、新感覚王宮ミステリ!!
ラノベ・ガールズ部門No.1レーベル「角川ビーンズ文庫」が誇る超人気作をコミカライズ☆ 2014年5月刊。

首(おびと)の姫と首なし騎士 1 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする