花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 205人登録
  • 4.27評価
    • (37)
    • (20)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2009年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198024

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 架空の王国、ラギネイ王国。
    設定や衣装が細かくて好きだな

  • 友達の漫画。ある人物の出生がまさか…。2巻は終わりまでページをめくる手が止まりませんでした!2人目の夫は本当にルマティなのでしょうか。

  • 香港でルマティに出会って冒険したり、ノエイが刺客として送られてきたり、ラギネイ国王が亡くなったり。

    一巻の謎めいた美少女設定が崩れ、常識に囚われない、でも結構普通の女の子って感じにだんだん花鹿が落ち着いてくる。ってか、結局謎の美少女は日本の由依たちが見ていた幻想だったのか?って気もしなくもない。
    おじいちゃんになったフレドが出てきたり、由依との再会がほのぼのする。

  • 読了:2011/4/16

    転校初日にあれだけキリッとしてた花鹿さんが「なんだよー、××じゃないかー」とだだこねたり、ずいぶんフツーの女の子になっちゃったなぁ…という感じ。

    花鹿はアメリカ・ラギネイ(東洋)・日本の混血、立人は中国、ユージィンはフランス、ルマティ、ノエイはラギネイ…といろいろ人種が出てきているのだけど、みんな「美形」でそれほど人種的な描き分けがされていないし、考え方もみんな日本人的なので、あんまり舞台が壮大な感じがしないんだよな…。国家レベル、世界レベルの物事をやってる感じがしない。学校の中みたい。一応命狙われてたりするけど14歳が拳銃の弾よけちゃったり、あんまり現実味がないし。

    2巻最後に出て来た陰謀、これが大きくなっていくのかな?

  • ルマティがたくさん出てきてとてもうきうきな巻でしたw
    やっぱ花婿候補だとルマティが一番好きだ

  • 愛蔵版(全6巻)で読了。

    アニメから入った作品で、ものすごくはまった。

    ジャンルは少女マンガなのに、その域を超えてスケールの大きい作品です。

    DVDも現在、収集中。

    原作に忠実にアニメも終わりました。

  • 1巻に同じ。
    著者が初出コミックス、文庫版における本文周囲の白枠について不満を述べていたが、たしかに絵のはじっこを白枠で塗りつぶす意味はよくわからない。小口に黒を出したくないのか? この愛蔵版は全面なのでたいへんよいと思う。

  • ルマティてあんなにお兄ちゃん大好きだったんだ。忘れてた〜。

全9件中 1 - 9件を表示

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

花咲ける青少年 2―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする