チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)

  • 363人登録
  • 4.27評価
    • (67)
    • (55)
    • (21)
    • (2)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 白泉社 (2010年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198178

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すばらしい作品でした。
    さすが羅川さんが描くファンタジー。
    色々なテーマがこめられており、考えさせられる作品です。
    差別とか偏見とか、争いとか何処の世にもある問題ですが
    分かりあうことを諦めてしまうのは簡単だけど
    そこで終わってしまいますよね。
    あえてそこに立ち向かっていけば、いつか希望の種が生まれるのかな。
    そんなことを思いました。

    最後に。
    チムチムしているポートが可愛くて仕方なかったです!

    あらすじ
    ザーザ村にて薬師を生業とするチムアのポート。
    人間から迫害を受けつつも、ポートは大切な人に願いを込め続けていて…。

  • ジョーが出てきた時にどこかで見た絵だと思ったら、花とゆめで「朝がまたくるから」を書いていた人だったか。
    ともかくチムアが健気で可愛いし、ファンタジーで感動できる作品を久々に読んだ。

  • 再読。道徳の教科書のようなお話。切なくなるけどやっぱり個人的に羅川さんは現実味のある話が好きみたい。ファンタジーだと泣けるとこまでいかない。

  • チムアが可愛い。

  • こんなかわいいものが虐げられる世界、涙なくは読めない、、、!

    ポートのかわいさがたまんないです。
    でもかわいいだけじゃない。
    偏見、差別、虐待、、、。
    テーマが深いです。

    この本を手にとってよかったです。

  • 可愛い。

  • 正直、泣いた。名作だった。

    羅川真里茂さんの作品は、本当に骨太。こんなに可愛らしい絵柄なのに、重量級のパンチ力。
    重みは重みのままなのに、とてもステキなラストに繋がってくれているのが心底、嬉しい。

    羅川さんはどうして、一線を超えざるを得なかったような“向こう側”と”こちら側”とを
    こんなにもシビアに、それでも救い上げる形で描けるのだろう。

    「チム チム チム」ってやってるポートが可愛いかった。

  • 心がポッと温かくなるお話でした。

  • 再度読み返してみたら涙でた。チムが純粋でかわいい

  • 羅川真里茂のファンタジー。ストーリーはありきたりだが、でか目のチムアがめちゃらぶりー(*´∀`*)

全54件中 1 - 10件を表示

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)に関連する談話室の質問

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

チムアポート (花とゆめコミックスSPECIAL)のKindle版

ツイートする