まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 515人登録
  • 3.79評価
    • (32)
    • (59)
    • (42)
    • (7)
    • (2)
  • 21レビュー
  • 白泉社 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198321

まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 2巻は多田、行天の過去が少しだが見えてきた。そのなかで多田のおせっかいが話を進めて行く。子供の送り迎えの話は、あの子みたいに何をしているかわかった上でって本当に現代ならあり得そうで怖いな… 多田の言葉をちゃんと理解してくれる時がきてくれるといいなぁと思った。

  • 巻末の番外ショート!
    おもしろかったぁ。
    多田は行天に不用意にグチらない方がいいね!
    全部自分に返ってくるんだから(笑)

  • 東京郊外・まほろ市。多田の営む便利屋に新たに来た依頼は、小学生の塾のお迎え。単純な仕事に見えたが、小学生の由良はどこか寂しさを抱えているだけでなく、思わぬことに関わっていて――!?(出版社より)

  • 2012/04/24
    【好き】生意気な小学生:由良公の事件と、星くんはまだ顔が出てないけど登場。 行天の元妻&娘も出てきたし、ハイシーストーカー事件も進行中。 いろいろ物語が動いてきたなー。 巻末での番外ショートでは、多田と行天の絶妙なバランス関係が描かれていて、微笑ましいなと思いつつも、出来上がった料理にオエェェ(笑) あと残り半分くらいか?次巻で終わるかそれとももう一冊あるか?とにかく早く続きが読みたい。

  • 安定した面白さ。イヌ行天やらなんじゃこりゃーの多田とかいいねえ。

  • おもしろい!
    原作も読みたくなった。
    映画のほうも。

    2012.3.28読了

  • 待ちかねていたコミック版の第2巻を読んでみました。
    原作からもコミックからも読んで少しブランクがあったためか、相変わらずの強烈ワールドにくらくらします。

    年齢不詳、正体不明の行天が年齢相応に老けた感じがしました。
    はじめ、コミック1巻を読んでから、原作1・2巻と読んだせいかもしれません。

    目の前にある日々の業務で忙しく時が過ぎていき、あえて過去も未来も考えないようにしているような多田と行天ですが、それでも何かきっかけがあると、軽妙で無意味な言動の奥に、それぞれの癒せぬ傷が見え隠れします。
    その辺りの微妙な表現が、しをん氏もユギ氏も絶妙。
    自分について語ろうとしない彼らの抱える闇が、雄弁に伝わってきます。

    登場するのは、社会の底辺に生きる人々や、普通の家庭でも愛を感じない子供、そして愛情の欠落した子供時代を引きずったまま中年になった行天と、少年時代の罪の意識を今でもひきずる多田。
    痛みを抱えながらも、どっこいしぶとく生きていく中年男性の様子は、決してかっこよくはありませんが、読んでいる側も勇気づけられる人間くささが感じられて、泥臭くて粋だなと思います。

    原作が続く限り、コミック版も出るでしょうから、原作の続編が待ち遠しい限り。

  • ついつい買ってしまいました。

  • 原作読みたくなってきた。

  • 確認先:町田市立中央図書館(地域資料扱い:東京都内他自治体への相互貸借は困難と思われる)

    先ごろ映画化された『まほろ駅前多田便利軒』を山田ユギがコミカライズしたコミックの第2弾。例によって舞台である町田市立図書館は地域資料として指定したが、そこには町田市内限定版といわれる山田ユギのご挨拶ペーパーが差し挟まれている(通常、図書館はこうしたものは廃棄することがよくあるが町田の対応は誠実という言葉で表象するには若干軽くて仕方がない。市民への責任と言い換えるべきであろうか)。

    町田市内(というか町田駅前周辺だけ)では「ありがとう! 町田の皆さん」とか「町田生まれ町田育ち」といったコピーがあふれたが、その意味ではこのコミックも「ありがとう! 町田の皆さん」ではあるけれども、「町田生まれ池袋育ち」という問題を抜きにすることはできないわけで。

  • 行天とハイシーが思いの外お似合いに見える不思議。ルルさん最高です。

  • 実写映画化

    “あの台詞”のシーンは、映画にも出てくるのだろうか?
    思わず、クスッと笑ってしまったが…歳月の流れを感じてしまった。

    ※自分的に久々のヒット。原作の小説を読んでみたい…と思う。

  • 2巻ここまでかぁー!続きを本誌でちょっと読んでるので、より一層続きが気になる…多田と行天のコンビはいいよねー☆

  • またまた発行されてたのに気付くのが遅かった一冊。
    ようやく入手で読了。

    前回からちょっと間が空いたのと
    何気に前回に比べると気持ち冷静さがあるのか
    ふと思ったのは
    この作家さんは原作ありきを描くよりも
    作家さんオリジナルの方が
    心情表現がグッとくる気がするわけで。

    まぁ原作ありきの限界なのかもしれないけれど。
    原作は原作のよさ、小説で読む方が膨らむ部分も多いからかもなのだけれど
    逆に山田ユギさんという作家が
    凄くよいので、よさが抑え込まれてしまうというか
    少々もったいない部分もなきにしもあらず。
    悪いわけじゃないんだけどね。

    いいもの+いいもの=めちゃくちゃいいもの、にならない
    …のかもしれない、と思っただけです。

  • 『まほろ駅前多田便利軒』のシリーズは、元々小説のファンだったのですが…ユギ先生によるコミカライズを知って、コミックスが発売されるのを楽しみにしてたんですよ~♪
    そうして読んだ1巻、そして今回の2巻です(^^)
    期待に違わず『まほろ~』の世界、空気感を見事に絵で表現してると、私は思いますね(*^_^*)
    今は、早く星さんの顔が見たいなぁ(^_-)
    映画版は、どうでしょうね(・・?

  • ※原作未読者による感想です。
    やっときましたね2巻!!ってことで購入。

    もうこのおっさん二人が格好良すぎて堪らない……!!!
    しかし二人とも背景事情が重そうなのが何と言うかいいですね!!
    やっぱり原作もきちんと読むべきか……。
    山田ユギ先生はBLも好きですが、こういう一般作でも遜色なく描ける方なのでどしどし描いて頂きたいです。
    これはいいコミカライズ作品。



    あとここで書くことじゃないですが、個人的に映画版のキャストは若すぎる気がします……。三十代半ばくらいの脂の乗った俳優さんのが合ってる気がします。

  • 手のかかる(?)行天の面倒を、なんだかんだ言いつつみてる多田の「子育て中」な心境に噴きましたwwwいいですねーこの二人。とても萌えます。行天の指の怪我の真相や、行天の過去、多田の過去といったとても気になる要素が出てきて続きがとても気になります。どこか心に欠けた部分を持つ行天の不穏な気配すら感じる影にとても惹かれます。しをんさんの番外編SSも楽しくて、原作がますます読みたくなってます。映画が公開になるそうですが、あの名セリフを多田が口にするシーンもあるのかしら?息子さんが行天役なのは狙い?www

  • 少し深いところに入ってきたからか、一巻よりもっと引き込まれました。
    比較するもんじゃないと思うけど、映画のキャスト二人よりユギさんの描く二人の方が原作イメージに近いなぁ。
    ところで巻末の番外編ショートを読んで、行天は多田に愛されてるなぁと思った。でないとあんなの完食できない。

  • 1巻を友人に借りて、とてもよかったので、
    自分で買うことにした。
    借りれるのに買うというのはかなり気に入ってるってこと。
    当然な話。

    原作より漫画化された方が好み。
    これはちょっと珍しい話。

全21件中 1 - 21件を表示

まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連する談話室の質問

まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まほろ駅前多田便利軒 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする