やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 128人登録
  • 3.81評価
    • (12)
    • (16)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
  • 9レビュー
  • 白泉社 (2011年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198390

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 箱猫がものすごくかわいかった。
    一箱古本市、こっちでもやってくれないかなー。
    谷中といえば須藤真澄先生がうねうね歩いた土地。
    行きたいなあ。

    読み終わって枕元に置きっぱなしにしてたら
    娘が読んで「おもしろい~!」って。
    嬉しかったので「ご近所の博物誌」を出しておいたw

    寺町の喜久屋書店で購入
    (11.04.12)

  • わかつきさんの久しぶりの新刊。
    タイトルからの想像通り、猫が谷中を散歩するお話でした。

    ただ盲点だったのが、猫語だから「やにゃか」なのかと思ったら、主役猫の名前だったってこと。
    そう来たか。

    基本、谷中付近の散策漫画ですが、目線が猫視点。
    てのが面白いところかと。
    土地勘ないけど、ちょいと散策してみたくなる。

    しかし、谷中の桜は「東京一」なんですね。「日本一」ではなく。
    どうしてなんでしょ?

  • 【あらすじ】
    谷中~根津~千駄木…通称「谷根千」。昭和の佇まいを残した街並みを舞台に、一匹の可愛い子猫が人情(猫情?)とふれあう物語です。

    【感想】

  • ●作者のファンなので購入。

    やにゃか達を通して
    のんびり谷中を知っていくことができました。
    現地に足を運びたくなります。


    ただ、他の作品で感じていた
    作者らしい世界観をあまり感じることができず
    私の中で「なにかが惜しい」の部類に入ってしまいました。

  • もう少し、谷中の風物を描いてほしかったなー。いまの漫画は取材して当然になっているので、要求レベルも上がってしまうという面もあるだろうけど・・・。

  • 谷中の猫「やにゃか」による谷中紹介漫画。かわいい猫たちとほんわかとした谷中の風景に癒されます。また行きたくなった。

  •  事前に予約したにもかかわらず、手に入らなかった一冊。あれやこれやと手を尽くしてやっと入手しました。やはりわかつきさんの絵はほっこりしていていいです。内容もなかなか興味深いものがあります。

  • のらねこ?捨て猫?が主人公のマンガ。1話8頁の18話収録!
    人間が殆どでてこない、ネコ世界のネコたちのお話。ほんわか~~~。

  • やにゃかちず付き

全9件中 1 - 9件を表示

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

やにゃか さんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする