超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 159人登録
  • 4.00評価
    • (21)
    • (27)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 那州雪絵
  • 白泉社 (2012年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198482

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと前の作品のようですが、おもしろかった!1巻だけで終わってしまって残念。まだまだ続きがみたいな。

  • なんという苦い結論(笑)

  • すごい嗅覚を持った探偵の話。nezくんと警察の神保さんの関係が微笑ましい。嗅覚が強いのも色々大変みたいです。

  • 那須雪絵作品の抜群の安定感にはいつも感謝しています。
    暇つぶしに最高の漫画家、というと何かけなしてるように聞こえるかもしれませんが、重すぎず軽すぎず、何も考えずにパパっと読んで「あー面白かった!」って満足できるような、そんな漫画がとにかく読みたい!という時に、絶対間違いはありません。

    「NEZ」は、犬並の嗅覚を持つ男が高校時代の同級生である刑事と協力して事件を解決していくストーリー。井上夢人先生の「オルファクトグラム」を強く思い出すキャラ設定です。最近だと森本梢子先生の「デカワンコ」も超嗅覚の子が主人公ですよね。
    バディはいいよね、どうしたってだんだん信頼関係築いていく過程が可愛いもん。脇役もいい味出してて素敵!あー面白かった!
    一冊で終わりみたいだけど、続きが読みたいなあ。

  • 面白くて続編が読みたのだけど、ないんだろうな。残念。

  • この話、すっごく好きなんだけど続きは描かないのかなぁ。1巻読み切りにしちゃうのってなんかもったいない気がするんだけど。

  • 那州雪絵というだけで買ってしまう。
    グリーンウッドからずっと好きです。
    内容もちょっとせつなく・・・
    っていうか確かにこの状況は怪しまれるよなあ。難しい。

    また他の作品楽しみにしてます。

    2013.2.8読了

  • 友人から借りて読みました。嗅覚で探偵。デカワンコと雰囲気かぶりましたが、面白かったです。

  • 鼻の効く探偵ですが、発想は那州さんの方が先であろうに、どうしても先に有名になってしまったわんこのイメージが…。
    こちらは探偵なので、警察とは少々相性が悪い感じ。
    私はどちらかというと鼻が悪いほうなんですが、鼻は効きすぎるととんでもない目に合う気がします。
    最後の最後で三男坊坊ちゃんに救われるあたり、那州さんらしくて好きです。

  • 警察犬よりも優れた嗅覚を持つ青年。それと関わる青年とかつて同級生だった刑事。
    異能を持つことの苦労や悲哀を見せながらも話は明るい。
    那州さんの作品には派手さは無いけど安定した面白さがあると思います。

全25件中 1 - 10件を表示

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連する談話室の質問

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする