兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)

  • 554人登録
  • 3.26評価
    • (15)
    • (41)
    • (83)
    • (19)
    • (5)
  • 43レビュー
著者 : 西炯子
  • 白泉社 (2011年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198703

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 西さん独特のテンポだなあ。和む~。

  • 続編希望.......泣

  • ううう(T∇T)・・・私にはちょっと面白さが分からなかったなぁ~。落語家のお弟子さんの話なんだけど、その設定もなんだか半端な感じ?尚且つ、兄さんが小学生っつーのもあんまり生きてない感じが私にはしてしまって・・・。期待が大きすぎたのかなぁ?ということで手放すことに<(; ^ ー^)

  • 描いている側面が違うので比べるのは筋が違うかもしれんが、雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』を先に読んでしまったからなぁ。

  • で、どうしたんだろ?
    この作品、続きモノではないんだよね?
    なんか浅くあっさり終わってしまったのだけど…

    巻末に柳家喬太郎師匠とのスペシャル対談収録されてる。

  • 喬太郎さんの対談が載ってると聞いて読みました。ぽわんぽわんした前座さんが師匠のうちで粗忽っぷりを発揮しててなんかかわいい。のほほんとしたまんがです。
    なんでこの人噺家になったんだろうと首を傾いでましたがそういうことなんですね。無事真打ちになれるといいなあ。
    猫兄さんかわいい。

  • 西さんっぽくない漫画

  • 西さんの漫画が面白くないなんて!
    みんなかわいいんだけどねー。「美人」みたいな破天荒な話にしちゃえばいいのに、なんかちいちゃい。落語そのものを描いた方が良かったのではなかろうか。
    落語がわからない女の子が鼻につく。

    だいたい銀行に入れるやつがこんなにトンキチな訳ねえだろ!

  • 面白くて最後ほろりとした。西さんは切ない所と面白い所が絶妙に配分されてて、すごく好き。最後の対談も満足した。

  • 設定は面白いんだけれども、どうにもこうにも
    何も起こらないゆるゆる落語家漫画。
    この方の漫画は、すっげー突き刺さるか
    何もかすりもしないかの二択だなー。
    メインの男性キャラの色気が大事。

  • 絵が好み。話はまあまあ

  • 関東と上方の違いはあるけれど、ちりとてんを思い出しました。

    面白かった。時間ができたら、落語ももっと聞くようにしよう。

  • 面白い。
    女の人が考える「萌え」の定義がなんとなく分かった気がする。
    というより、ひとつ定義が追加された感じかな。
    兄さんも可愛いけど、わん小がまた良い味出してる。
    もっと落語の古典に絡まして話を持ってって続いて欲しい。

  • ほのぼのしてて癒されます。お弟子さんたちの日常が微笑ましくてたまりません。
    それぞれの話が短くて軽めのタッチで読みやすかったです。西先生の絵が大好き。

  • あまりリアルではない噺家一門の騒動を描く漫画。西炯子が落語が数寄でも「メロディ」連載となると、好きなようには描けないのだろうな。
    むしろ「パタリロ」のように落語そのものではない話に落語を織り込む方がより落語っぽい漫画になるようだ。

  • 久々にほのぼのした空気の西さん作品。
    落語家さんとのインタビューが巻末にあり、なかなか面白い。

  • 西先生フェア第2段。
    25歳の咄家の兄弟子は11歳のショタっ子で、その二人と仲間たちが織り成すゆるい日々…ってとこでしょうか。
    1巻で終わらせるのが勿体ない。
    ノイタミナ枠でアニメ化してくれたらいいのに……
    作中に出てくる「そば清」って怪談のオチが怖かった。

  • 2011年10月11日読了

  • 最初「にいさんと僕」かと思って、前西炯子が四コマで書いていた兄弟ネタがいよいよ漫画化!?とテンション上がっただけに、まさかの落語ものでびっくりしました。
    さわやか可愛い感じで楽しかったです。なんというか、まっとうだ(笑)。

  • 作者と落語家さんの対談が面白かった。
    落語、いいな。聞いてみようかな。近くの公民館にビデオが山ほどあるのよね。

    怪談『そば清』が面白そうだったなあ。

    ソバの大食いで稼ぐ男が、ある日、森で「うわばみ」を見かける。
    「うわばみ」は通行人を丸のみにすると、とある「草」を食べ、人間を消化するのだった。
    それを見た男は「しめしめ」とその草を持ち帰り、50杯のソバ大食いにチャレンジ。その「草」を食べてソバを消化しようとする。しかし、それは「人間だけを溶かす草」だった。
    かくして男は「消化」され、そば屋には男の形をしたソバだけが座っていたという。

    怖い(笑)怖いけど人間型のソバって何だwこれ考えた人の頭が怖い。

    西炯子の本なら『女男(おとこ)の一生』『三番町萩原屋の美人』が好きだな。

  • 西先生は最近集めさせて頂いてますが、この作品は先生独特の「色気」が全然描かれてない。他の方が「描き散らし」系とレビューに書かれていますが、まさにその通り。描き散らかし系…(ーー;)
    雰囲気だけ見るととても可愛い話だし、キャラもそれぞれ味がある。
    でも落語を題材にされたなら、もっと落語を大事にすべきじゃないか?!と思う…
    伝統芸能という点でしか被りませんが、中村明日美子先生の「呼出し一」は凄かった。色気もあり、相撲も好きになりそうな程よく描かれて居て、更にほんのり青春ラブストーリー。別に全ての漫画に恋愛は要りませんが、せめて落語を題材に選んだからには生かしてくれないと、「なんで落語を選んだんやー?」てなる。

    雰囲気だけでは突き通せないものもありますね。

  • 最近西炯子に多い描き散らし系。
    主人公は落語家の若者と落語家の子ども。
    とくにすばらしくはない。

  • 一本が短めの続き物短編集で一巻で終わり。落語家の兄弟子が大師承の孫の小学生って設定は面白いのに、もっと話を広げられたんじゃないだろうか?なんだか物足りなかった

  • ほのぼのして楽しかった。
    弟弟子を構う兄さんたちがかわいい。

  • 天然おとこのこ(って年齢じゃないか)、25歳の弟子と
    兄さん(小5)の会話がおもしろい!

    落語は実際に一度しか見たことないけれど、知らない世界を
    漫画で見せてくれる西さんはすごいなぁと思う。

    ほんとあらゆるジャンルで描いてるから読んでて毎回
    わくわくする。

    続きがあったら是非読みたい!って思える作品だった。

全43件中 1 - 25件を表示

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする