兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)

  • 556人登録
  • 3.25評価
    • (15)
    • (41)
    • (83)
    • (20)
    • (5)
  • 43レビュー
著者 : 西炯子
  • 白泉社 (2011年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198703

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西さん独特のテンポだなあ。和む~。

  • 続編希望.......泣

  • ううう(T∇T)・・・私にはちょっと面白さが分からなかったなぁ~。落語家のお弟子さんの話なんだけど、その設定もなんだか半端な感じ?尚且つ、兄さんが小学生っつーのもあんまり生きてない感じが私にはしてしまって・・・。期待が大きすぎたのかなぁ?ということで手放すことに<(; ^ ー^)

  • 描いている側面が違うので比べるのは筋が違うかもしれんが、雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』を先に読んでしまったからなぁ。

  • で、どうしたんだろ?
    この作品、続きモノではないんだよね?
    なんか浅くあっさり終わってしまったのだけど…

    巻末に柳家喬太郎師匠とのスペシャル対談収録されてる。

  • 喬太郎さんの対談が載ってると聞いて読みました。ぽわんぽわんした前座さんが師匠のうちで粗忽っぷりを発揮しててなんかかわいい。のほほんとしたまんがです。
    なんでこの人噺家になったんだろうと首を傾いでましたがそういうことなんですね。無事真打ちになれるといいなあ。
    猫兄さんかわいい。

  • 西さんっぽくない漫画

  • 西さんの漫画が面白くないなんて!
    みんなかわいいんだけどねー。「美人」みたいな破天荒な話にしちゃえばいいのに、なんかちいちゃい。落語そのものを描いた方が良かったのではなかろうか。
    落語がわからない女の子が鼻につく。

    だいたい銀行に入れるやつがこんなにトンキチな訳ねえだろ!

  • 面白くて最後ほろりとした。西さんは切ない所と面白い所が絶妙に配分されてて、すごく好き。最後の対談も満足した。

  • 設定は面白いんだけれども、どうにもこうにも
    何も起こらないゆるゆる落語家漫画。
    この方の漫画は、すっげー突き刺さるか
    何もかすりもしないかの二択だなー。
    メインの男性キャラの色気が大事。

全43件中 1 - 10件を表示

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする