そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 326人登録
  • 3.99評価
    • (27)
    • (52)
    • (25)
    • (0)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 麻生みこと
  • 白泉社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198772

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 面白い
    でもドラマ化とかしなくていい

  • 依頼人に振り回されてばかりの女の子弁護士奮戦記7冊目。

    ジャニーズの引きぬきとか、子供の虐待とかあったけど、やはり興味深かったのは、特許の係争。
    子供の虐待は、前の巻の赤星君の話をちゃんと引き取った形。
    特許の係争は、研究者の特異な心情と、進めていくと、管理職の方が結局は向いていた男の、双方への羨望が良い味わいでした。
    最終的に、微妙ながらも望む道に進めて、ようございました。
    「だからこそ私のものだ」
    は良かったなあ。

  • 楽子が松井さんにきゅんきゅん来てたのに、案件が解決したらあっさり「もう来ないでくださいね」ってつまらんw この流れなら、私的な友人としての付き合いくらいは続いて、東海林弁護士、赤星弁護士に続く第三の男として、先の二人をやきもきさせる展開になっても良さそうなものなのに…松井さんはキャラが濃くて良いと思う。

  • いつの間にかNHKでドラマ化され、放送が終了していたこの漫画も本巻でシリーズ7冊目。
    このシリーズは、元キャバ嬢で苦学生だった改世楽子(かいせらくこ)が新人弁護士として成長していく様を描いており、読者は彼女の成長とともに弁護士業の実際について(多少は)知ることが出来るという、楽しめて社会勉強(言い過ぎ?)にもなるお得な漫画です。

    現時点における既刊7冊全てを読んでいるのですが、読んでいて1巻から5巻までの内容は弁護士業がメインになっており、6巻目ではこれが(私にとってちょっと残念なことに)登場人物の恋の鞘当て的な内容にシフト。
    「弁護士ネタはネタ切れなのかな~・・・」と思っていた所、本巻では元の路線に復帰しています。

    本巻では芸能事務所からの独立をめぐるいざこざ、離婚問題、特許の帰属問題がテーマとして取り上げられており、中々楽しめるストーリーでした。
    また、話と話の間に挟まれている「ぶらり傍聴日記」と名付けられた、著者らが傍聴した裁判の様子を紹介するコーナーなども相変わらずの面白さ。

    特に(著者曰く、スクールカーストの上位であったろう)クール系美人検事が、わいせつ系犯罪の被告側情状証人(被告の婚約者、地味系女性)に対して「なぜ別れないのか?」と聞く様子に、

    ・素で理解できないご様子。あなたには理解できまいよ・・・
    ・無駄に美人である所が・・・つらい・・・!!

    とツッコミを入れている様が、おぉ・・・と言った感じで、まるで噛めば噛む程味の出てくるスルメのごとく読み応えがあります。



    この様に中々の内容でお勧めの漫画となっています(笑)

    興味をお感じになられれば一読されては如何でしょうか?

  • そこなん7巻目。
    らっこちゃんがいつもながら頑張ってます。そして、いつもながら赤星くん、頑張れ!(笑)

    今回は東海林先生の案件(アイドルの引き抜き問題)、赤星くんの案件(離婚訴訟)、らっこちゃんの案件(発明特許絡み)の三件を中心にほのかに恋愛関係も気になる感じ。
    また次が楽しみです。

  • 毎回、面白いのだけど読んだあとにちょっと疲れてる(笑)だって文字が多い。こういう話だからそれは当たり前ですけどww赤星くんの天の邪鬼っぷりも相変わらず(笑)そして間が悪い。頑張れ~。そして、らっこちゃんはやっぱり東海林先生なの?案件の結果もですが恋愛の行方も気になります!

  • 赤星くん…どこまでも残念…!

    そして東海林先生とらっこちゃんはどうなんでしょうかね。
    なんかむずむずするんです。

    親権問題のお話が今回一番引き込まれたかな。
    奥様の劇場を冷静に見てる赤星くん、素敵です。

  • 久々に読みなおしたなー。
    らっこちゃんかわいいわー。
    周りの男どもがおもしろすぎるw

  • アイドル事務所の引き抜き問題。
    良い話だった分、オチが残念n
    そして、赤星くんメインの話。
    Sいけどかませ犬キャラとか新しい(今更
    でもって、特許の話。

  • 楽子ちゃん、さいこー!東海林先生の遠回しな優しさにニヤニヤしちゃいました。早く続きが読みたい!

  • ドラマ化!
    追っかけてきたから嬉しい。

  • 相変わらず安定した面白さ(^ ^)
    いつか傍聴行ってみたい

  • 祝ドラマ化。我が家はBS映らないけど。

  • なんだか、巻を追うごとにしっかりした内容になっていくな。
    最初の頃はドタバタ感ばかりが目立っていたのに。
    今回もなかなか面白かった。

  • 麻生みことが定期的に刊行されることに違和感w
    ドラマ見ます

  • 1~7巻までのおまとめレビュー。

    毎回新刊が出るのを首を長くして待ち望んでるうちのひとつ。
    弁護士さんや検事さんやそして裁判官さんたちの素顔を想像してニヨニヨできる珍しい漫画。
    らっこちゃんのようにポジティブにがんばりたい。そして是非赤星くんにはらっこちゃんをゲットして頂きたい。

  • 赤星くんがんばるの巻。

    それはそれとして、ぶらり傍聴日記2・3がつらい…なぜだ…それは愛でなくて妄念じゃないのか?
    しかしたぶんこの世の中には「あーこの彼女の気持ちわかるぅー」という男女もいるのだろう。恋愛偏差値高いのか低いのかわからんけど。

  • 赤星くん、がんばれ・・・!(っていわれても、おまえにいわれたくねーよ、と返されそう。そんなところが、いい・・・!(笑)

  • 弁護士的な部分は相変わらず。恋愛部分も何となく自覚が芽生えてきてるのかな~という感じで進んでますが、もうちょっと恋愛的な動きが欲しかったな。

  • 東海林先生!!
    ハッキリしてください!!(笑)

    あ、これは私の一方的な願望です。
    あしからず。

  • あらすじ
    退社した芸能事務所から不当な引き抜き行為等で訴えられた元社員の代理人となった東海林を描くThe 27th Fight,クライアントの個人的な依頼で離婚事件を妻側の代理人として受任した赤星が,妻の連れ子・智樹のために奮闘するThe 28th Fight,在籍していた会社に自分の発明を奪われた研究者の代理人になった楽子が,会社の代理人である東海林と対決するThe 29th FightとThe 30th Fightを収録した第7巻。

    感想
    楽子はいつものことだけれど,東海林も赤星も依頼者に振り回されているエピソードが3つ。登場人物たちの恋愛はほとんど進展せず,停滞気味です。むしろ,恋愛要素なんて失くしてもいいんじゃないかと思いますが,女性向けマンガということで,そうはいかないのでしょうが。本編については,これぐらいの感想しかないです。

    が,ぶらり傍聴日記はなかなか秀逸。個人は特定されていないものの,法廷でさらした醜態が単行本で晒されるというのは,恥ずかしい。

    「そこをなんとか」がNHKBSプレミアムでドラマ化されることになりました。本仮屋ユイカというタレントさんは知らないので特に感想はありませんが,東海林役に市川猿之助,菅原役に大友康平はミスキャストでしょう。公式サイトで市川猿之助が扮する東海林の姿を見たときにびっくり。このマンガは今後も買い続けますが,ドラマの方は見ないことに決めました。法曹もののドラマは,例え法律監修がついていても,おかしな内容になることが多いので,このドラマもどうせ同じでしょうし。

  • 特許を巡る知財案件がメインの巻。興味深いです。
    赤星くん→改世→東海林先生の恋愛模様が今後も気になるところ。

    本編も面白いのですが、合間に入る実際の傍聴の話の方が面白かったりもします。
    法律って独特の文法で書かれているけれど、それを読み解くのは人間なんだな、という感じがします。犯罪って結局人が起こして人が裁くのですものね。いろんな人がいるものなんだなあ、と改めて思います。

    「そこをなんとか」もドラマ化されるそうですね。
    ドラマ化しやすそうじゃないかな~、とかねてより思っていたので、そちらも楽しみです。

  • いちばん最後の最後がよかったです。いいドラマになればいいけど。

  • ものすごく続きが気になっていたので、待ち遠しかった!東海林先生とらっこちゃんの関係は、縮まらないけど、二人とも無意識な部分では近づいているのかなとちょっとにんまりです。そこが救われるかな。今後の二人に期待です。赤星君はちょっとちっちゃいかも(笑)中道先生の必死さもわかるんだけど...。

    判例はシビアなものが増え続けているけど、現代をよく反映していると思う。

  • ☆5つじゃたりない。 赤星…!赤星がんばれ…!!

全29件中 1 - 25件を表示

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

そこをなんとか 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする