花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 317人登録
  • 4.27評価
    • (49)
    • (38)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2014年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198956

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • これでついに特別編完結!
    最終巻に相応しい作品でした。

    立人好きにとっては、彼の魅力が存分に楽しめる巻。
    立人の有能さ、それに花鹿への愛情がこれでもかという程伝わってくる。
    二人のラブラブっぷりが見られて幸せです*^^*

    ユージィンやルマティ、カール等
    過去のキャラ達もたっぷり登場していて嬉しい限り。
    樹さん、素敵な作品をありがとうございました!!

  • 最終巻だけあって立人メインとは言え、曹や由依まで登場してオールスターキャストでした。ラストのカットで墓の前に佇み「もうちょっと待っててね」と、つぶやくハリーが可愛い。持ち直したって事よね。ただ、立人&花鹿の挙式シーンが見られず残念。あっさり地味婚なのかな?ゴージャス婚なのかな?ともあれ、全てにおいて裏切られる事の無かった、これぞ逆ハーレム界の至宝!ありがとうございました。(でも、終わる終わる詐欺でも大歓迎よ♪)

  • 収録内容は「迷えるリーレン」でまるんと一冊。新たなるリーレン始動でこれこそザ・特別篇。おそらく誰もが想像し望んだ展開が描かれている。花鹿がどうなろうがどんなにユージィンがカッコ良かろうが、この作品はリーレンが動き出さないとどうも面白くないのだと改めて思った。

  •  過去に完結した漫画の続編って「あ……うん」って漢字になる作品が多いのだけれども、これは面白かった。
     作者さんが立人大好きだよねっていうのが。もう。

     花咲ける青少年には、やたら一生を愛に捧げちゃう人が多いけど、リアルでは見ないよなぁ。この漫画のセレブ率の高さや、派手さ、愛情表現の深さはやっぱり少女漫画ならではと言える。そこが面白い。
     漫画を読んでる瞬間ときめくならそれでいい。

  •  立人がプーを脱出する話。

     まぁ、困難は色々あったりするけど、軸にゆるぎはないし、花鹿とかいちゃいちゃしてるし、スーツに中国服に、ナチュラルヘアにきちっとした髪形にと、楽しませていただきましたm(__)m

     でも中国服が一番萌えますww

     花鹿パパが、花婿選びとかって、やった結果がきっちり実を結んでいて、パパ的にはしてやったりって感じなんだろうな。
     と、ルマティが、頭の中で浪川さんの声で、しかもちょっとアホっぽい感じの声で再生されるのでまいった。
     って、アニメがあったからこその、今のルマティって感じがするんだけどね。
     
     と、花鹿ってもっと美人だったと思うのにな…。
     以前ほどじゃないけど、やっぱり女の人はなんか手抜きでかいちゃうのね…。

  • 特別編もいよいよ完結ー。どの話も面白かったですが、最後はやっぱり真打、立人ですね!というか5巻は一冊丸々オールキャラ総出演というか、ファンへのご褒美みたいな作品です(笑)。
    本編ではヤンデレてしまいそうでハラハラさせられたカールがすっかり普通になってというか、案外楽しそうにやってる姿が妙に印象的でした(笑)。

  • 特別編もようやく完結!彼らの結婚式も見たかったな~。
    ユージーンはどうなるんだろう!?

  • 5巻完結。5巻は本編の主人公であるカジカとリーレンのその後。ちょっとした問題が起こってそれをうまいこと解決して大団円。めでたしめでたし、といったところ。つまらないことはないけど、あくまでも本編のファンのためのおまけという感じかな。それが5巻も出るというのは、いかに「花咲ける青少年」が人気だったかということなんでしょう。

  • リーレンは永遠の王子様だわ…まったく…

  • 花鹿と立人のその後が見られて、この上なくうれしかったです。

  • 完結巻。
    ものすごくすっきりとした終わり方だったと思います。
    満足満足。

  • 最終巻。本編のその後を描いた特別編、最後はもちろんこの人、立人編。働く立人はやっぱりかっこいい。

  • 綺麗で頭が良くて、仕事ができてカリスマがあって、いろいろあって好きな人は一人、これは王道の設定なんだな

  • 最終巻。やっぱり終わりがよいとスッキリします。
    相変わらず立人は何もしなくてもかっこいいし、仕事ができる立人はもっとかっこいい。

    花鹿の周りで恋敵だったはずの彼らも、花鹿といい友好関係を気付いているし、ルマティがちょっと叔父バカになっている感じがしないでもないですけど、他はそれほど変わらずでよかった。

    ユージィンがハムスターを見て、由依ちゃんちに転がり込んでいったのもなんか懐かしい感じ。日本の家にユージィンが来たら、確かに誰でもハムスターになっちゃうかも。

    花鹿と立人の結婚式がなかったのは残念だけど、あの二人だから、なんかギヴォリ島で結婚式はシンプルにして、めんどくさいけど、お披露目に超ゴージャス披露宴もしてそうです。招待客がゴージャス過ぎて、目がくらみそうですけど・・・。

  • 立人健在。複雑な人大好き。

  • 特別編は1・2だけで続きは読んでいなかったのですが、これは本編の続編だと聞いて購入しました。
    立人が相変わらず格好良くて。立人初登場のときから立人押しだったし、仕事モードに入った立人はほんとぞくぞくするくらいかっこいい。
    大団円でめでたしめでたしでよかった。
    あと、最後に由依ちゃんが出てきたのがよかった!
    由依ちゃんは友達があんなセレブで、しかも親友がそうは見えないけどものすごく優秀なSPと婚約中というすごい状況なのに、やっぱりごくごく普通の日本の庶民な感じがものすごく安心感。
    由依ちゃんはそのまま変わらずに、時々ハムスターを見にやってくるユージィンにいつまでも慣れずにいるといい。ユージィンは、由依ちゃんが結婚しても「ハムスターが増えたな」みたいな感覚で新居に上がりこんで、夫婦ともどもびくびくさせてたらいい。
    素敵なエピローグでした。

  • 良かった~!!
    本編の最終回で満足だったので、続編は番外編として楽しんでいた。参った。続編で綺麗なフィニッシュを決めてくれたという感じ。
    花鹿が言うように「やっぱり 私 そういう顔の立人が好き」同感、同感。立人はこうでなくちゃ。
    立人とユージィンの天敵関係健在だし、Mなユージィン、その背中をみてる寅之助などなど、そのままで楽しかかった。

  • もっと続きが有れば良いのに

  • りーれんが活き活きしてる、かっこいー

  • 花咲ける青少年 特別編 完結。待ちに待った立人編のフィナーレ。やっぱ立人カッコいい〜。出来る男が遺憾なく発揮されてる最終巻。素敵でした〜♪スーツ姿の立人にキュンキュンしました。総帥の立人の姿も見られたし、ハッピーエンドだったし、大満足です。あえて言うなら花鹿との結婚式が見たかったけど、そこは脳内で再生しようかと思います。あ〜面白い作品だった!

  • おわったー!立人堪能できてしあわせwでもやっぱり(?)結婚式シーンはないのね~~~~~><ユージィンがハムスター見た瞬間に次の行動予測できた(笑)

  • こんなに期間があいての番外編なのに、絵も話もクォリティ変わらず、文句なしに気持ち良く楽しめました。
    お疲れ様でした!

  • 立人編、ということで。
    思うに。「花咲ける青少年」は花鹿が主役というよりも、その周りにいる男性陣たちの物語だったような気がします。

    しかしなんだな。
    端から見ると、倣グループの元総帥とそのナンバー2によるバーンズワース財団の乗っ取りの図ですな(笑)。
    そう考えると、倣家はほんと大きな魚(この場合鳥?)を逃したものです・・・。

    それはさておき。
    久々に立人の仕事に打ち込む「できる男」の姿を拝見できて大変うれしゅうございました。

  • やっぱり花咲ける青少年は面白い。最後はみんなが幸せそうな感じで終わって良かった。本編が終わった時にはもうこの続きが読めないのか、と残念に思っていたので、こんなに時間が経ってから続編が読めてすごく嬉しかった。

全37件中 1 - 25件を表示

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)の作品紹介

スーパーHITロマンス、ついにグランドフィナーレ!!
立人の復帰を望む倣グループや、ハリーの会社の乗っ取りを企む若き野心家“バラクーダ"グリークの接近。
花鹿と立人、二人だけの穏やかな時間は終わりを迎え、立人は再び苛烈な闘いの舞台へ!!
果たして二人の未来は…!?
立人編「STRAY SHEEP」を全編収録。 2014年6月刊。

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする