中一プロブレム (花とゆめCOMICS)

  • 262人登録
  • 3.97評価
    • (20)
    • (30)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
  • 白泉社 (2013年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592210016

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • スミヨシくん、良い!
    女子と男子が一番、体も気持ちも変わる時期。
    自然体な爽やかな子たちばかりで、可愛い。
    でもドキドキもあり。
    マツモトトモが描く人物は爽やかさと色気のバランスが絶妙です。

  • 中一ばかりを集めた短編集。
    みんな可愛くて、眩しいなあ…!
    マツモトトモさんの描かれる大人な男性も好きなのですが、中学生もかわいい。青春な恋愛…癒されます!

  • 友人蔵書
    中学1年生たちの恋のおはなし
    どれも若さとさわやかさにあふれていてほほえましくなる短編集だった
    最後には男の子同士の恋愛をあつかったおはなしも

  • 中1の男女の甘酸っぱい恋愛を描いた短編集。
    帯にあるようにまさに「潔癖さと衝動の間」!2話目なんてまさにそうじゃないかしら。
    個人的には2話目と3話目が好き。
    比留川くん可愛い~。イトちゃんも良かった。
    キュン!とさせてもらったわ~♪

  • いとちゃんの青い可愛さ!

  • 甘さよりも酸っぱさが際立つ中学生の恋。面白かった。さっぱりとして生々しくない絵も好感が持てる。

  • 硬派で天然で、あくまで重視されるのは空気感、そして自分スタイル。下手したら気障でナルシスティックなだけ、になりそうなのに、ギリギリそうならない、マツモトトモ・マジック。ひとつ目のお話がいちばんぽかったけど、「黒鍵」は水城さんのヴァイオリニストっぽい。家庭教師と中学生のお話だけは、もう、完全に作者の世界!な感じで、ちょっと置いてけぼりに。 どの話も続きが読みたくなる、たいへん好い短編集。

  • 内容を語る前に、まず、帯のインパクトが半端ない、と言わせて欲しい
    こんなに短い文句で、この『中一プロブレム』の魅力の真髄を表現して見せるか、と読了後に度肝を抜かれた
    この帯が担当編集が作製したモノであるのなら、やはり、才能ある漫画家は一流の編集者に支えられて何ぼ、そう思えた
    内容は、中学生の、まだまだ淡い、けど、人生に必要な彩りが生まれだす青春のスタートシーンの一コマを丁寧に切り取って並べたような感じ
    ストーリーはどれも繊細で、子供の皮を内側から破り出している一方、外世界と触れ合うのを恐れ、拒み、求めている中学一年生の心情と変化を見事に、漫画って形にしている
    ただ、個人的に注目したのは、絵柄
    ほのかに心が温まるストーリーの一方で、どこか刺々しいモノを宿している、そう感じる絵柄・・・割れたガラスの尖端があちこちに向いていて、どこからどう触ろうとしても痛みを覚え、血を流す覚悟をするしかない、そんな印象を私に抱かせる、冷たさも宿る画に思えた
    それだからか、余計にストーリーに温かみを感じるのだろう
    どれも、良い事も悪い事もたっぷりと経験して、鮮やかとは言い辛い色が表面から落せない、『大人』の心を掻き毟って苦しめてくれた作品だったが、中でも私が薦めるのは、麗奈と孔明が主軸で進む一編
    同級生の男子とは比較にならぬ、女の子の恋心に対する早熟さ、これが見事に掘り出されていた
    同時収録されている『黒鍵』と『白鍵』は、この『中一プロブレム』とは対極の、努力や「好き」って気持ちだけじゃハッピーエンドに辿り着けない、大人の男の恋模様と想い方を描いており、これもまた、マツモトトモ先生の弾けんばかりの才を感じられる一品
    『マツモト家』、これほど鼻の奥がツンと痛くなる、あとがきは初めて読んだ
    うーん、次回作も丸呑みしたい

  • 2013/09/14購入・09/28読了。

    【中一プロブレム】中一とは思えないオトナっぷりがいい

    【黒鍵・白鍵】彼らの歪みは戻せるのかな

  • 中学一年生たちのオムニバス。それと、後ろに男同士のショート2本。

  • 甘酸っぱかったり大人っぽかったり!高校生と思いきや中学生なのね!マツモトトモの漫画って、当人たち以外のサブキャラのリアクションとかツッコミが面白くて良い。
    でも巻末の作家近況漫画みたいなのが一番面白かったです(笑)

  • マツモト氏でほもっていうのにどぎもを抜かれて前半の中一さんたちの感想がぶっ飛びました。いやあびっくりした。

  • 柱読んで、「それって浦川まさる先生の『いるかちゃんにヨロシク』だろうか(名前もあってるし・・・」、などと考察してみる。あの雑誌的には「おとうさんは心配性」とか大丈夫なんだろうか、と思ってたけど(好きだっただけに)。

全15件中 1 - 15件を表示

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)の作品紹介

中学生になって男子の存在自体がイヤなイトだけど、園芸部のスミヨシ君だけは別。人形みたいに整った造作。伏せ目がちのアーモンドアイに長すぎる睫毛。指が滑りそうな白い肌。スミヨシ君はすてき。スミヨシ君はやさしい。スミヨシ君はおだやかで…。でも、そんなスミヨシ君がある日…!? 大人じゃないけど、子供じゃない。素直になれないけど、伝えたい。気になるけど、気付かれたくない。境界線で揺れる中学一年生の想いをオムニバス形式で描く、マツモトトモ待望の連作読切集登場! 2013年9月刊。

中一プロブレム (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする