花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)

  • 383人登録
  • 4.02評価
    • (41)
    • (63)
    • (33)
    • (1)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 成田美名子
  • 白泉社 (2013年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592210023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  線が荒くなりましたなぁ…………。
     お話はともかくとして、縮小してこの線の荒さだと雑誌掲載時にはちょっと気になりそう。
     腕悪くされているのかしら(腱鞘炎とかね)。

     うーん。ケントさんが格好良くなったといっても、絵のせいか昔の方が格好良く見える。話の展開が気になるのに、絵に気を取られてしまうのがもったいない……良くなるといいなぁ。

  • なんとも続きが気になる終わり方です!

    物語の進行とともに憲人の成長を感じていましたが、いまいち活かされてないと思っていました(主人公である当人が無自覚だから?)。

    しかし、遂に憲人が動き出しました。その変化がハッキリと示されたと思います。

    憲人かっこいいです。
    あー、続きが気になるー。

    ナチュラルも読んでみたいです。

  • あああ、いいところで終わってる!
    次が読みたい!!

    それにしても、絵が、ちょっと、崩れてるとはいわないまでも、線が粗い、ですよね・・・。
    合間に書かれていた、なんのお花か枝垂れるさまを描いたカットはすごくキレイで、だから、なんで?と思っちゃうのか?

    体調を崩されているようなことも柱で書かれていたのでちょっとその影響もあるのかなぁ。

    絵について「???」と思うのは、この作家さんにしてはとてもめずらしいことだったので、かなり気になりました。

  • ついに12巻!
    お能をやっている祖母が買っていたので読んでみたら見事にはまり、6巻以降は自分で購入!実際にお能を観に行っても楽しく観れます。憲人の変化がいい。

  • そこで終わるかー!
    ってみんな言ってるw
    そしてまだ911の年なんだね。

  • 終わりに向けて歩き出したのかな?という気がする…

  • 戒 弱法師
    紐頓(ニュートン)の林檎 葵上

  • B4

  • 「大声を出さなきゃと思わなくていいですよ。「出していいんだ」と思ってください。」案外、憲人は講師にむいているのかもしれんな。いい意味でも悪い意味でも。能の家の子だけど、外から接している家柄が良いほうに作用しはじめている気がしてきた。ゴスロリちゃんはなかなかインパクトあった。

  • まさか、9.11同時多発テロが作中に出てくるとは思わなかった!

    巻末の上演記録は、実際に観賞する時の参考にはもってこいだなー。

    しかし、ついに憲ちゃんがやりました。
    そして結果が気になります!

全44件中 1 - 10件を表示

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

TVドラマでの共演をきっかけに知り合った葉月。撮影終了後、会うたびに少しずつ変化していく葉月への思いに戸惑う憲人。久々に帰郷した青森で、憲人は訳ありそうな黒づくめの美少女と遭遇するが…!? 2013年9月刊。

花よりも花の如く 12 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする