帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)

  • 132人登録
  • 4.05評価
    • (13)
    • (14)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 仲野えみこ
  • 白泉社 (2014年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592210177

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 陛下、恰好良すぎ―笑
    このシリーズ、最初はレンタル無料券でたまたま借りて、
    最後の⑥、⑦は購入しました。
    人よりはかなり小柄だけれど、可愛くて健気で、自分のことよりも他の人のことばかり考える優しい少女香蘭。彼女と出会い、皇帝となることを決意した若き皇帝。
    二人の織りなす不器用ながらも微笑ましい恋が次第に進展してゆく様子にハラハラドキドキしっ放しでした。

    最後に香蘭が国のため、戦を止めるために自ら人質となって敵国に赴く場面では、どうなることかと青ざめ―笑、2年後、背丈も伸び、見違えるような美少女となって帝と再会した香蘭の姿に、思わず拍手!

    怜悧であった陛下が人らしい心を取り戻したのは香蘭の影響でしょうね。素晴らしい物語りでした。

  • 最終巻。離れている間に吏元の占い通り美女に成長した香蘭に、珍しく動揺してる志季が新鮮で面白かった^^ あんなに余裕でイチャついてたくせにwていうか、皆、まさか、まさかって言いすぎでしょw

  • 第28~32話(最終話)収録。
    めっちゃ良い終わり方!志季の突然のプロポーズ、そして双子姉の夸白が泣いて喜んだことに驚いた。しかし香蘭母の登場、録との戦騒動により両想いながら離ればなれに。そこで香蘭を叱咤したのは、まさかの夸白。彼女がこんなに活躍するとは……登場初期には思いもしなかったなあ。占い師の件といい、林哨の再登場といい、脇役を用いた展開とても上手い。新たな和平交渉の条件、香蘭なら引き受けざる得ないよね。この巻の登場人物が泣く場面、ほぼ私も泣きそうになるという……。あと「嘘だよ」もヤバかった。ラブコメというイメージ強かったから、こういう感動が待ってるとは思いもしなかった。あ、合間にちゃんと笑いがありましたよ。30話の「あんなにたくさんのしいたけ」とか、ねwww感動ふっとんだわwww最終巻に右往左往した主役二人ですが、最後にはきちんと結ばれて、しかもタイトルに繋がるという最高の終わり方を迎えましたね。全7巻と適度な長さで嬉しい。仲野さん感動をありがとうございました。次回作もがんばってください!

  • おチビだったのにはそんな訳が❓

  • とうとう終わってしまいました。
    最後、香蘭の成長ぶりにびっくり。
    20歳でもこんなに成長するもんなんですねぇ(笑)
    山あり谷ありの志季と香蘭でしたが、完結巻
    私としては大満足でした。
    ありがとうございました。

  • 完結。
    ああ、良かった!最初からいちゃいちゃしてて甘い。
    公開プロポーズは香蘭につられて涙腺緩んだけど、それを眺める双子姉の号泣の理由に泣いた。優しいなぁ。
    皇太后様の適当なあしらいに笑ってしまった。公認だから香蘭の努力はほぼ無意味だものね。
    「円夏さま泣かないで」で一番泣きそうになった。人質の話は切なすぎる。役に立ちたい香蘭と手放したくない志季の対比が切ない。
    最終回は20歳の香蘭に驚き。タイトルを含んだモノローグがさらに良い感じ。
    それぞれのキャラ達の後日談エピソードがどれもおいしい。夸紅と李元の関係性いいなって思ってたら直後の夫婦に持っていかれた。読切描いてほしい!
    結局しいたけ料理とは何だったのか。
    また最初から再読したい。

  • めでたしめでたし。
    香蘭は実は隣国のお姫様で志季とはロミジュリ状態…!ってのを予想してたけど違ったw

  • 最終巻!香蘭大きくなったなぁ〜(過去比) しかし、国同士の戦いを治めるのに頼まれたとはいえ、人質となるって、平民に普通はできないっしょ。帝の想い人とはいえ、平民よ!?平民なのよ。 人質期間中、帝のホモ説が確定的なものとして民衆に受け入れ始められてるって、、、帝、どうよ(笑)それだけ一途なのよね〜 人質話辺では泣いてしまったわ。その後の2人の姿が見れてなによりですわ。みんな、お幸せに〜

全8件中 1 - 8件を表示

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

妃になれなくても志季の役に立てるよう、頑張る香蘭!そんな香蘭に志季はついに…しかし隣国・録から和平同盟の破棄を伝える使者が!不穏な空気が漂う中、香蘭のもとに意外な人物が現れ…衝撃の事実を告げられた香蘭は…!?大人気王宮ロマンス、感動の最終巻!!
2014年10月刊。

帝の至宝 7 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする