ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)

  • 141人登録
  • 4.31評価
    • (18)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 天乃忍
  • 白泉社 (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592210603

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろいろありましたがハッピーエンド!!
    何でだろう・・・この胸をぎゅって掴むような。
    天乃先生の漫画には何故かこう泣かされるんです。。。(;O;)
    本当本当連載お疲れまでした!!

  • 最終巻。今回レンタルで読みだしたけど、全巻揃えようかなと思えるくらいとっても面白かった。そして九条から空港で柳を見つけるところからの展開、最高かよと思った。もうこちとら2人を小学生の頃から見守ってきていますからね。やっとか、ついにか、と嬉しくならずにいられなかった。そしてやっぱり安定の男前な九条。情けない柳。泣いちゃう柳可愛すぎ。小学生からずっとってそんな人います?いないよね。漫画だよね。わかってる。わかってるけどなんでこんなにいいんだろう。付き合って初めてのデートも良かった。めんどくさい女子(柳)と、それを包み込むイケメン(九条)のようだった。最後はやっぱり結婚式。前フリが前フリだけに結婚式は外せない。柳は柳。蛍くんの吹っ切れぶりがすごく爽やかで良かった。ずっと見守ってる感。あときっと悪い人が1人もいないのもこの漫画のいいところだと思う。荒ぶった桃香様を崇める先輩2人なんてほんと笑った。結婚後の2人も少しだけ載ってて満足。

  • 完結!

  • game53-55
    last game
    特別編1-3

  • あぁ〜微笑ましいなぁ。
    ベタと言えばベタなんだけど、長い間見守ってきたような感覚があるから、幸せになってくれて本当によかった。
    最後まで柳は柳らしく残念イケメンで、美琴は美琴らしくクール。男女逆転?カップルで見ていて楽しかった。
    欲を言えば桃ちゃんと相馬くんもくっついて欲しかったな。
    作者さんがコメントでキャラ一人一人に対して「幸せに」と書いてあって、ちゃんとそれぞれのキャラに愛情を持って描かれていた事がわかった。だから作品としては終わっても、これからもこのキャラ達は作者さんや読者の中で生き続けるんだろうな。
    終わってしまって寂しい思いもあるけど、また今後の作品にも期待。

  • ようやく両想いに。長かった!おめでとう。

    両片思いが大好きな人間なので、非常に楽しめました。

    付き合ってからのエピソードも少なく、限りなく理想に近い少女漫画でした。ありがとうございました。

  • 終わっちゃったー。最後まで柳は柳、九条は九条で良かった。

  • "「…なんかこーむずがゆいな!」
    「う うん
    …でも きっとその内慣れるよ だって これからずっとそう呼ぶんでしょう?」"

    最終巻。
    最初の数話読んだときは柳がんばったねおめでとう!って気持ちだったけど最後まで読んだらおめでとう柳これからもがんばれ!になった。
    とにかく可愛い。いいハッピーエンドだった。

  • ついに最終巻ですか。考え深い物です。
    思えばまだ背背表紙に①と記入される前からこの作品が大好きで、発売される度にずっと追っていっていた作品ですが、最初と変わらぬテンションで最後まで駆け抜けて行った作品だなっと思います。
    1巻で面白いって感じた、御曹司なのにどこか小物臭がするイケメン(ヒーロー)と地味で貧乏で芯がぶれない精神的イケメン(ヒロイン)がおりなす恋。始まりは小学生。中学生、高校生、そして大学生。この2人がどんな恋愛するんだろうなっと思ってやきもきして、そして最終的にはどんなになっても変わらない2人が本当に良かった。面白かった。

  • オビにも書いてあったが、幸せな恋のお話。
    読後感がとっても良かった。

全12件中 1 - 10件を表示

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

天乃忍の作品

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

10年前君が変えた僕の世界に今、君がいる。 「───勝負しよーぜ、九条」 父にアメリカ行きを急かされた柳。九条と話そうとするが、柳の好きな人の存在に落ち込む九条は電話をとれない。連絡が取れぬまま、柳は空港へ。その頃、相馬から柳アメリカ留学の話を聞いた九条は……!?最終巻、2人の勝負の結末は!? 特別編3本収録!
2016年10月刊。

ツイートする