秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 121人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (12)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 清水玲子
  • 白泉社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592212362

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • MRI捜査の叩き上げが揃っているだけあって知識は膨大にあるしいざとなったら動ける優秀な警察官ばかりだと分かっていたのですが、射撃の腕が残念すぎました……(笑う場面じゃないけど切羽詰ってたけど、自分たちの身を仲間を、守らなければいけない人たちのために練習してください……w)
    宗教や洗脳に関しては吐き気がするほど苦手なので、特出した感想は難しくあります。本人たちが信じることが自分の何よりもの幸せだと信じていればこの先何が起こっても満足でしょう。子供達の有り様に良かったね、とこみ上げるものが深かったので、終幕は思い切り叩き付けて落とされたような結末でした……。

  • 今回は、マレフィセント所長がツボでした。


    選択って怖い。洗脳って怖い。

  • 2巻同時発売で一気に読めるのはホント嬉しいです。ただ今回もラストがなぁ。。リアル。。緊張感の中で波多野さんが良い味出してくれてて楽しかった♪

  • 秘密シリーズ、物凄く好きなんだが、薪警視正の性格で惹きつけられている部分は無論あるのだが、構造的に、薪さんが金田一探偵で、解っていて事件は解決するのだが、一歩遅くて死人が出ている感があるなぁ、と言う部分も、好きな作品だけに、言わずにおいたがこの際だから言っておこう…と言う部分を書いておく。

  • 出勤中に読み終わってなんとも言えない気持ちに…そして青木が手紙の返事をもらえる日はくるのか

  • どんどん展開して思わぬ方向に着地。
    このなんともいえない結末は、ある意味秘密らしいといえるかな。

  • ラストの児玉の子供達が衝撃すぎる。徹底的なカースト制。洗脳を受けやすい無知な子供達に異常な社会を強いること…。教育の力は恐ろしい。
    児玉が死んだとしても、彼が残した子供達がまた同じことを繰り返さないとは言えないんだ。

全8件中 1 - 8件を表示

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

ツイートする