秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 186人登録
  • 4.09評価
    • (14)
    • (22)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 清水玲子
  • 白泉社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592212362

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • MRI捜査の叩き上げが揃っているだけあって知識は膨大にあるしいざとなったら動ける優秀な警察官ばかりだと分かっていたのですが、射撃の腕が残念すぎました……(笑う場面じゃないけど切羽詰ってたけど、自分たちの身を仲間を、守らなければいけない人たちのために練習してください……w)
    宗教や洗脳に関しては吐き気がするほど苦手なので、特出した感想は難しくあります。本人たちが信じることが自分の何よりもの幸せだと信じていればこの先何が起こっても満足でしょう。子供達の有り様に良かったね、とこみ上げるものが深かったので、終幕は思い切り叩き付けて落とされたような結末でした……。

  • ほんっとにつらいオチ。
    本を閉じる時に思わず声を上げてしまったししばらく引きずった。今もふと思い出すとつらくなる

  • 読むと気持ちが重くなる。でも凄い。

  • これは嫌なオチだ……。しかしリアル。

  • オカルトという種類のものは私はよくわかりませんが、こういうたぐいのことを言うのでしょう。子どもだからこその純粋さが恐ろしく、またその吸収する能力の未知数に驚きです。そのため、子どものうちに教える一番大切なことは善悪の判断だと感じました。
    自分で判断できるようになるには時間がかかるかもしれませんが、その基準がおかしくなってしまうと全体に恐ろしくなるのだと。だからこそあの女の子はああいった行動になってしまったのだろうか。でも、過去にああいった行動をした弟だからこその怒りもあった…と思いたい。
    結局最後の子どもたちで無邪気に駆け回る姿が恐ろしく、彼らはいったいどういう生活を送っていくのか考えるだけで引きます。

  • 大奥、私は青木さんイッタクなんだけど、岡部さんに一票投じる気持ちも分かる…。私だって、それはそれでやぶさかでもない…。岡部さんは職場が同じでいいな!!ずるいな!!!青木さん早く手紙の返事をイエスでもらってほしい…

  • 最後、怖い

  • 面白い。面白いんですけど、何とも後味が悪い・・・。
    なまじ絵が綺麗なだけ怖い。
    子供たちが助かった、笑顔が戻った、良かった良かった、って、そんな単純なハッピーエンドにはならないだろう、とは思ってはいたんですけどね(清水さんの作品の傾向として、そこの場面からすでに不穏、と思ってしまう読者)

    「マレフィセント所長」には笑いました。

  • 面白かった。こっわー。

  • 何が怖いって、やっぱり人間だなぁと思わせるラスト。カースト制って良くない制度だと思っていても無くならないのは、それが人間の心理を衝いたものだからかもしれません。優越感は誰でも持ちたいもの。
    薪さんから青木へのご褒美v 爆笑。

全18件中 1 - 10件を表示

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

清水玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)の作品紹介

観た人が死ぬ、とSNSで噂される謎のホラー映画。この映画の秘密とは…!?
衝撃すぎるラストの「増殖」編(5)(6)巻にて完全収録。
2017年9月刊。

ツイートする