高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)

  • 401人登録
  • 3.85評価
    • (22)
    • (55)
    • (30)
    • (3)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 師走ゆき
  • 白泉社 (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592213512

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 計算されつくしたコントのような
    軽快なテンポで進んでいくラブコメディ
    「高嶺と花」1巻です!


    残念御曹司 × 女子高生の
    笑いと胸キュンの駆け引きが
    驚き!の大反響!!
    これを読まずに2015年の少女まんがは語れない!

    という帯の時点で
    これは今後「花とゆめ」の人気連載に
    間違いなくなっていくんだろうなぁ~
    というオーラをビンビン感じるのですが、
    実際に1巻読んだだけでも
    とにかく勢いがあります!


    ちなみに、

    お前の事が気に入った!

    のあとのセリフは

    どうだ嬉しいだろ!?
    この俺に見初められたんだぞ!?
    泣いて喜んでいいんだぞ!?

    です。(←しかもゲス顔で)


    そうなんです。
    イケメンにして大財閥の御曹司であるこの男。

    かなり残念なんです


    少女マンガにはいろんな残念イケメンが登場しますけれども
    残念とは言っても
    それは中身がであって
    見た目はやっぱりイケメンなわけです。

    しかしこの高嶺という男。

    作中の8割がゲス顔っていう


    むしろゲス顔がデフォなんじゃないかっていう。

    しかも「残念イケメン」なんて
    「イケ」とったらただの「残念メン」なわけですから
    その8割が活かせてないとなると
    もうほんとうに残念・・・・!


    だがしかし!

    あのゲス顔がクセになりつつある私がここにいる!


    もうね、
    花を見返してやりたくて
    職人が一輪一輪金箔でコーティングしたという黄金のバラの花束をプレゼントしたり
    ドレスコードの三ツ星レストラン連れてったり
    ヘリコプタークルージングしたりと
    御曹司の権力使いまくって
    数々の金にモノを言わせた嫌味なアプローチをしてくるんですけれど
    もうその時の超ゲスなドヤ顔がたまらない!

    しかも本人は
    これで落ちない女はいない
    ってぐらい自信満々なんだけど
    花には1ミリも響いてないので
    それはそれは塩っからい対応で
    ことごとく返り討ちにされてしまうのですよ!

    お金かけることでしか歓ばす術を知らない
    御曹司キャラや無能王子の

    哀れなんだけど愛おしいあの感じ!

    もう抱きしめてあげたくなりますよね!

    「ほんとうに楽しい時は口角を片方だけあげてしか笑えない」とか
    どんだけひねくれて育ってしまったんだっていう
    もう・・・もう・・・っ!(哀れみの眼差し)

    ちょっとでも
    「普段なにされてるんですか?」
    なんて質問した日には
    ゲス顔をキラキラと輝かせながら
    「俺には毛ほどの興味もないんじゃなかったのか?え?」
    (↑超うれしそうに)


    う、うわぁぁぁぁぁぁ(口を覆って哀れみの眼差し)


    ヒロインの花はというと
    師走先生もあとがきにて
    「切り返し1000本ノック」
    と書かれていますけれども
    高嶺の高慢な態度や上からな発言に対する切り返しが
    ほんとうにお見事!

    おっさん脳な私としては
    花にもう少し隙があってくれるとさらに
    ぐへへへへへ
    となれるんですけれども!

    でもね、
    高嶺の鼻をへし折ってやりたい気持ちはすごくわかります!


    かませ犬センサーに敏感な私としては
    クラスメイトの岡本くんが非常に気になっております!
    さらっと「(結婚)断れ」とか言ってますし・・・

    ていうか岡本くん、かなりイケメンですよね!?
    あの強気でクールな雰囲気とか・・・

    やばい・・・あらためて気づく 高嶺の残念さ!


    そんな岡本くんが
    みんなで花のお見合いについて話してたときにたまたま通りがかって
    「おまえ結婚すんの?」
    と言った瞬間、
    花が食べてたポテリングが思わずポロっ... 続きを読む

  • これは女の子大好きな設定ですね。
    イケメン御曹司と庶民女子高生
    聞こえはいいけど、じつはこのイケメン御曹司残念男子なんです。
    プライド高くて見栄っ張りでいろんな不自由なんてしたことないんじゃないですかね。
    そして、その相手となる女子高生は自分の会社の子会社に努める男の娘
    物事をはっきり言う、サバサバ女子
    ひょんなことから、その御曹司と、主人公の姉の見合い話が飛び込んできたところに、姉のボイコットで代打として姉に変装して代わりにお見合いをしたのだけれど
    とんでもない見合いだったのにも関わらずなぜかその御曹司に気にいられつきまとわれることに・・・。
    御曹司と女子高生の掛け合いが面白い、ドタバタラブコメ
    なかなか面白く、先も楽しみな作品
    期待して2巻も待ちたい。

  • とても面白く、サクサク読めます。
    私は普段、コミックスは殆どレンタル読み。本作品も例外でなくレンタルがキッカケで読み始めました。けれども、4巻まで読み終わったところで全巻新品を購入しました。(現在も新刊が出るたび購入しています。)
    ストーリーは、ちょっとクールめな平凡寄り女子高生とハイスペックだけど何か残念な社会人とで展開される、ギャグ色の強い恋愛モノ。そんな二人は出会いからぶっとんでいて目が離せません。
    ちなみに、コミックス内に時々載っているおまけ四コマが地味に好きです。

  • 女子高生の花と残念イケメン御曹司の高嶺とのラブコメ。テンポよく進んで笑えて面白かった。高嶺にズバッとツッコミを入れる花も良い感じ。ちょいちょい入る4コマも可笑しい。ショミン、ショミン(笑)

  • 御曹司と女子高生のお見合いラブコメ。プライドの高い高嶺に対し、やられたらやり返す精神で気の強い花がズバッと切り返す様が小気味よく、そんな花を振り回し、振り回されながらも楽しそうな高嶺が残念で愛おしい(´ω`*)

  • テンションが高めで乙女じゃない主人公に好感。
    そして全然かっこよくない大人にも好感。
    この二人の言葉のやり取りが笑え手続きが読みたくなりました。

  • イケメン御曹司と普通の女の子が恋仲になっていくなんて少女漫画じゃ古今東西ありふれたテーマだけど、ここまで軽快なテンポでコミカルに展開するのは珍しいかも

    イケメン御曹司である高嶺が26歳で既に大企業に努めているにも関わらず花に見せる素顔の部分が憎たらしいほどに高圧的で子供っぽいのも意外だった。特に笑う時に口角が片方だけ上がる癖は見ていて普通に腹ただしい(笑)
    そのせいか年下であるはずの花の方が分別ある人間に見えてくる不思議
    …実際は花も十分子供っぽいのだけれど、それは自分の感情を素直に表しているから、場面場面で感情を使い分けようとする高嶺と並んでいるとどうしても花の方が大人っぽく見えてしまうんだよね。

    読んでいると思わず笑ってしまうような会話があまりに多いので何度読んでも飽きそうにない作品

  • 高嶺さん可愛い!花ちゃんもいい性格してるなあ。進展してほしいような、お見合いの延長の関係が続いてほしいような…。

  • きっと面白いんだろうけど、私の好みに合わなかった。もう少しきゅんが欲しい。
    あとテンションがスキップビートの人っぽいかもと思った。

  • 絵が好みだったので表紙買い。
    内容も面白かったので続きもぜひ買っていきたい。

  • 1-4
    番外編
    未公開シーン

  • タイトルとあらすじに惹かれて購入、読了。残念な俺様会長がそのまま社会人になったような高嶺さんの、不意に見せる格好良さに不覚にもときめいてしまった。残念だけれど。俺様なのに意外と純情って可愛すぎるな。強気で頼もしい花ちゃんが好きです。高嶺さんの唇を奪う花ちゃんが大好きです。次巻も読みたい。

  • 姉になりすまして御曹司と見合い
    姉を演じようとするも、つい地が出て自然と御曹司を転がす
    もらったプレゼントも、庶民的間隔で受け流そうとするやりとりが面白い
    なんだかんだで好きもの同士になるんだろうな

  • 姉が拒否した父の勤め先の御曹司・才原高嶺とのお見合いに、身代わりとして出席した女子高生・野々村花。
    高嶺の横柄な態度にブチ切れ、当然破談と思いきや、高嶺が「お前を気に入った」と言いだし連れ回されるように!
    大人げない高嶺の態度にムカついたり、笑ったり、惹かれたり…?
    このお見合い、良きご縁となるや否や?

    タイトルがなかなかスゴいなと思ったけど、相手役の名前が本当に高嶺で、これ名付けた親スゴ過ぎだろうと思ったり。
    姉のお見合いを身代わりで、というぶっとんだ設定から始まるラブコメで、終始コメディタッチ。高嶺の大人げなさと、花の臆さぬ態度に笑わせてもらえる。高嶺さんもう少し大人の余裕見せつけてあげてよ。
    しかし作中でも突っ込まれてるとおり、お見合い以後のやり取りはようするに結婚を前提にしたお付き合いであって、そこをお見合いと言い張るのはちょっと苦しいんじゃないかと思ったり思わなかったり。
    あ、巻末の四コマがすごく笑えた。でもこれ実際に旦那だったら笑えないわー。

  • 残念なイケメン御曹司と女子高生のドタバタラブコメ。
    10歳も歳上な筈なのに精神年齢が低い御曹司だから、甘くない関係の2人。
    私的にはこのままの関係で居て欲しい(笑)
    お子様な2人の関係はこれからどうなる?

  • 高嶺さんと花ちゃんのやり取りがなんとも微笑ましい
    ニヤニヤとしてしまいます。
    高嶺さんは俺様キャラなんだけどどこかスキがあるというか、なんかガキっぽいところがあってそこが何とも良いんですよ。
    そして、花ちゃんも年相応の高校生らしい無邪気な面もありつつも
    不意に唇を奪う大胆さまで持ち合わせていて、その2人のバランスが良いなと感じます。

  • 少女漫画によくあるパターン。

    ドSイケメン高スペック男子になんだかんだで好かれる元気だけが取り柄の女の子。

    読みやすくて面白かった。

  • 絵が可愛くて、二人のやり取りがすごく楽しくて面白いです!師走さんの描く表情は生き生きしててすごくよかったです~(^0^)
    高嶺さんの残念さがいいです!!

  • この『高嶺と花』、面白イイ少女漫画だ
    がっつり、少女向きの内容だが、男も楽しめる
    それは何故だろうか、王道だからだ
    金持ちで、高飛車で、我儘で、数少ない長所を残念すぎる部分が塗りつぶしちゃっているけど、素の自分をちゃんと真っ直ぐに見てくれる相手への行為の表し方が、素直じゃなくて、的外れ、空回り気味なトコがむしろ可愛く思えてくる御曹司と、この年頃にしては珍しく、何があってもブレない自分をちゃんと持っていて、間違っていると思った事にはバカ正直に真正面からぶつかっていてしまう、ある意味、不器用な生き方しか出来ない負けん気が強すぎなJKの恋愛模様、これを王道と言わず、何と言う?
    一巻の帯にある言葉は、間違っていない。確かに、少女漫画好きを自称するのであれば、この作品を押さえておかなければ、話になるまい
    実際、今、私の中で、この『高嶺と花』は『こももコンフィズリー』(南マキ)に肉薄しつつある
    王道のストーリーを支えているだけあって、師走先生の画力は高い。容姿に、キャラクターの個性がしっかりと出ている
    また、この作品の魅力は、奇をてらい過ぎない展開の話に加えて、花と高嶺の会話にある
    相手を打ち負かそう、相手を凹まそう、相手に弱みを握られないようにしよう、そんな意図が、自分を隠さないでいられる気楽さと共に、二人の発する言葉に籠められており、“聞いていて”笑えてくる
    どっからどう見ても、相性が悪くないどころか、むしろ、ピッタリなのに、それを認めたがらない二人の青い若々しい、意地っ張りなトコロすら好い
    また、花が、自分と高嶺の立場の差に気を使い、彼に迷惑をかける事を恐れて、無理に好感度を下げようとするけど、結局、自分の気持ちを偽りきれないトコも魅力的だ
    2巻からは、高嶺の親友でもあるニコラも登場し、ますます、面白くなっていきそうだ。個人的には、作中でまだ滲み出てもないが、花、高嶺、ニコラで定番とも言える三角関係になるよりかは、花の親友である光子と彼が、ちょっとしたアクシデントがキッカケでイイ関係にならないかな、と期待してる
    この作品の中で特に喰えない、高嶺の祖父・鷹羽蒼天氏が今後、どんな孫弄りを行うかも楽しみだ
    加えて、オマケ四コマ漫画も充実しているのは、一漫画好きとしてシンプルに嬉しい
    1、2巻ともにグッと来る話ばかりだが、やはり、掴みとしてバッチリであった「第一話」を私は推す。起承転結がしっかりしていて、ラストでしっかり話を纏め、第二話に繋げているトコは見事
    この台詞を引用に選んだのは、高嶺らしさが特に出ているからだ。やっぱ、少女漫画の主役となると、これくらい、台詞を言えなきゃ務まらないだろう。気になっている相手から、自分らしくいればいい、と言ってもらえる事ほど、心に力に湧き上がってくるのは、男も女も同じだ

  • 女子高生とイケメン御曹司(残念様)のラブコメ。花の切り返しがいい。お互いに気に入ってるよね。将来的には本当に結婚しちゃうのかな。岡本は花のこと好きなのかな。番外編、ワロタ。この三つ子大変そう。

  • ラクダに吹いた。
    この作者さんのテンポ、すきだなぁ。。
    でももう、外で読むのはやめよう。

  • 思ってた以上に面白かった。
    高嶺と花のやりとり面白すぎる、というか花の高嶺への辛辣な言葉が面白い。
    2話目の庶民デートで花が子供っぽいと年の差を実感するシーンがすごく好き。
    次巻も楽しみ。

  • ラブコメ。明るくてポップな気持ちになりました

全29件中 1 - 25件を表示

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

姉が拒否した父の勤め先の御曹司・才原高嶺とのお見合いに身代わりとして出席した女子高生・野々村花。高嶺の横柄な態度にブチ切れ、当然破談と思いきや、高嶺が「お前を気に入った」と言い出し連れ回されるように…! 大人げない高嶺の態度にムカついたり、笑ったり、惹かれたり!? このお見合い、良きご縁となるや否や…??
2015年3月刊。

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする