コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)

  • 234人登録
  • 3.73評価
    • (13)
    • (27)
    • (24)
    • (2)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 幸村アルト
  • 白泉社 (2014年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592213819

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • タイトルがインパクトあってずっと気になってた作品。タイトルと全然ちがって前向きで仕事熱心な白泉社王道主人公でした。コレットもハデス様もお仕事に誇りを持っていて素敵。なによりハデス様命なガイコツたちが超可愛い。

  • とっても可愛い絵だけど、内容はちゃんと仕事してるお話だった!
    結局1巻では冥王さまの病気は治ってないんだけど、これいつか治るのかな?
    イケメンなのに目に見えて皮膚が可哀想なことになっているので早く治してあげてほしい。

    お互いに頼られる仕事をしているせいか、その人に必要な言葉を必要なタイミングで伝えてあげられるのがいい関係ですね。薬箱忘れた時はちょっとヒヤっとしましたが(笑)
    あとハデス、ヘラクレス…とギリシャ神話がちょっと関係しているのも楽しいです。次は誰が出てくるのかしら。

  • 薬師と冥王、頑張り屋たちへのエールとアドバイス。ほわほわと可愛い世界設定に、きりりと真面目な世界観。読みやすくてよい。(共に収録されてた読み切り「夜とメロディ」はちょっと読みにくかった。)
    ただ、こういうザ・少女漫画は本当に久しぶりに読んだので……つまりあまり読まないので……冥王とコレットが巻のラストいい雰囲気になったこと、少女漫画の王道展開とはいえ急じゃない!? 早くない!? とツッコんでしまい……まあ、一巻目で既にこれくらいのいい雰囲気になった方が少女漫画的には……いやいや……でもハデス様王だからって手が早いよ……と思わなくもなく。いえ、よいのです少女漫画慣れしてない私が悪いのです……。
    それでも、絵も話もかわいいのでちまちまと気が向いた時に読んでいきたい。

  • 第1〜4話+読切「夜とメロディ」収録。薬師として独り立ちをしたコレット。しかし四六時中、村人から呼び出され休まる暇がない日々に限界を感じていた。そんな彼女は「井戸は別の世界へ繋がっている」という伝説を信じ、思わず飛び込んでしまう。そして辿り着いた先は、なんと冥界だった──。
    謎の病で寝込むハデスと、彼を治療するコレットのお話。可愛い絵にピッタリな、心がほっこりするお話でした。ハデスと弟子の言動に、コレットがもう一度仕事を見つめ直す話が特に好き。好評を得て、読切→短期連載→本格連載となった本作。応援してます。

  • タイトルから、ちょっと暗い話なのかなと思っていたけど、そんなことなかった。可愛くて、なんかホッとする話。主人公のコレットは大胆というか豪胆というか(笑)でも患者をほっとけない優しい子です。冥王ハデス様は他人にも厳しいけど自分にはもっと厳しいお方(笑)だから自分の痛みや苦しみよりも仕事優先したりしてコレットに助けてもらうことになるんだよな〜。まぁそれでコレットの力が必要になるから物語が成り立つわけで…。ガイコツやケルベロスも可愛かった。読み切りも可愛い話だった。2巻も買おう

  • 「六百頁のミステリー」といい、タイトルも内容もとても自分の好みなのだけど、タイトルから連想する内容とは微妙に違ったストーリーな作者だなあというイメージがあります。

    予想がつかなくて読みたくなるという長所でもありますが。


    元ネタがある感じが派手じゃないとこが良い。

    おばあちゃん師匠のネタとか、ガイコツの「心が弱ってる時に占いや予言に手を出すもんじゃない」とか、考え方の方向が好きです。

  • まず少女漫画らしからぬタイトルが目を引く。けれど中身に目を通してみれば、コミカルな会話内容のギャップに驚くことになる。
    また、コレットが薬師としての役割に強い責任感を持っていることがとても伝わってくる描写も素晴らしい

    コレットと同じようにハデスも自分の役割に責任感を持っている。そんな二人が論じる仕事観は本当に少女漫画らしからぬ内容だけれど、既に手に職を持つ二人にとっては欠かせないもので有り、その会話によって二人の心が少しずつ近づいていることも判るから、読んでいて思わずニヤニヤしてしまう

  • 冥府の王でもアレルギー反応ってあるのか?って疑問は置いといて、健気で可愛いお話しですね。コレットとハデスの恋愛模様が中心になってくるのでしょうが、私としては妙に猫背なガイコツ諸氏とケル・ベロ・スーの動きに注目したいです。

  • 朝から晩まで仕事に追われる薬師コレット。
    食事中も、睡眠中もおかまいなしに依頼がやってくる!
    ここではないどこかへ、逃げ出したい…。
    疲れ果てたコレットが飛び込んだのは井戸の底!
    …目が覚めるとそこは冥府で!?

    村にたった一人の薬師ということで仕事に忙殺され、ついに井戸に飛び込んだコレットが、思いがけずたどり着いた冥府で病に伏せる冥王ハデス様の治療をする、というお話。
    ともかくタイトルがすごいな、と(笑)ここまで直情的なのも珍しい。
    しかし不穏なタイトルとは違って中身は大変いい話ですごく面白かった。
    死ぬことにした、というのは本当に最初の動機だけなので、読み切りはともかくそこから先は別のに変えた方が良いのではないかと思うくらいコレットが生き生きとしている。
    ギリシャ神話に興味があればさらにちょっと楽しい。冥府の王ハデス様がすごく好み。冷酷なようでいてすごく部下想いで優しい。神様であるがゆえに人間達のため、我が身を顧みず冥王としての職務を全うしようとする。なんだこれ惚れるだろ。
    おまけにケルベロスがちっこいワンコになったり、家来のガイコツ達がユーモア溢れてたりと、冥府の話なのに実にほのぼのとする。
    何よりコレットが主人公らしく元気で信念があって可愛い。彼女なら何とかしてくれそうという安心感がとても良かった。

  • さらっとした近年の少女漫画らしい可愛い絵柄と、ぱっと見ヘヴィーなタイトルの「コレットは死ぬことにした」。内容は大してヘヴィーでもなく、コレットのいる世界と冥王ハデスのいる冥府を頑張り屋さんの薬師コレットが、井戸から行き来するお話。
    「働く女子に送るエール」と銘打ってるだけに、主人公コレットは働き者…なんだけど、せっかくのちょっといいお話も、なんだか浅いのがもったいない。ちょいちょいキラッと光るものを感じるだけに、よりもったいない。もったいない故に、なんだか読後感もあっさりしちゃって、読み返すほどじゃないのが、本当にもったいない。
    そんな、もったいない少女漫画。

  • 可愛いですね…そして何か考えさせられるお話です。
    ハデス様は一体おいくつ何だろう…??
    ケロベロス可愛いです(*^0^*)
    ガイコツ達も可愛い!!

    ハデス様とコレットのこれからどうなるのか楽しみですw

  • 薬師としてがんばっていたコレットが、仕事に追われすぎて、またそれが報われないのに、つい衝動的に井戸に身投げ。ついた先は冥界で、太陽アレルギーの冥界の王ハデス様がいて、仕事が嫌で身投げしたのに、苦しんでる患者をみるとつい看病しちゃって、コレットいい子です。

    ハデスの僕の骸骨たちやケルベロスもかわいいし、ハデスもあんまり表情は変わらないですけど、優しい人だし、ほんわかしちゃいました。

  • 妹より。

    可愛いね(ノ≧▽≦)ノ主人公の気が強い感じが好き。

  • ハデス様、まさかの太陽アレルギー(笑)
    治って良かったですねー♪

  • 人間、ひとりでがんばりすぎてもダメだ
    という話。

    違うか?☆

  • 幼きワーカホリックさんのほそ腕。

  • 冥府のガイコツさんたちが可愛い。 人に任せるより自分でやった方が早い、って思っちゃうのは自分にもあったなあ……。自己管理大事。

  • 題名から、少しはドロドロしてるのかと思いきやカラッとして面白かったです。
    キャラクターも可愛い。

  • 冥界の王様と薬師の少女の娘の話。
    薬師としての仕事が忙しすぎて現実逃避をしようと井戸に飛び込んでしまった薬師の少女。
    辿りついたのは冥界。
    そこで死者の裁判をする冥界の王様が実は病にかかっていた。
    薬師の少女はその冥界の王様をお節介ながらに看病していくうちに、冥界の王様に気にいられ専属薬師となる話。
    1巻完結でもよかったのですが、2巻からが物語の本筋にはいるのか冥界の王様・ハデスの専属薬師となったコレットのお話はこれからが本番?です。

  • 初めましての作者様で新人さんかと思ったら何冊も本を出していらっしゃいましたw
    可愛い女の子×人外(神様)な設定はある程度定番になりつつある気がしますが、毎回コレットがぶち当たるテーマが凄く分かり易くて彼女なりに成長していく様が見てて気持ちいいです。
    ハデスとコレットの恋愛色も入れたいと思うのですが、それはもっとごくゆっくり進むといいなぁと思います。
    命を預かる仕事を若い女の子が周囲に信頼されて頼りにされるまでの苦労があっただろうから、その辺も読めたら嬉しいな。

    ラストに収録されてた別作品の短編が可愛くてふわっと優しい気分になった。
    帯に描かれている言葉は短編を読んだ印象なら当てはまるなぁ。

全23件中 1 - 23件を表示

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

読切で大人気をはくして連載化決定!
薬師コレットと冥王ハデス様との神話級ロマンス☆
薬師コレットは毎日大忙し。
食事してるときも、寝てるときも、朝から夜までお構いなしで休む暇がない。逃げ場がない……。
疲れたコレットがとびこんだのは井戸の底!
目が覚めるとそこは冥府で!?
2014年7月刊。

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

コレットは死ぬことにした 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする