コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)

  • 88人登録
  • 3.94評価
    • (4)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 幸村アルト
  • 白泉社 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592213864

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 本編もほんわかしてて好きなんだけどやっぱり番外編でガイコツたちがハデス様愛を語ってるところが楽しい。コタツ布団の柄もかわいい。ハリーが作ったのかも。

  • 寝ぼけるハデス様が可愛い~。そして簀巻きにされる主人公(笑)あとガイコツたちが面白すぎる。番外編笑った。次の巻ではコレットの姉ちゃんが出てくるのかな?イタン兄ちゃんとの関係も気になる。

  • 姉弟子に会うために里帰りすることになったコレット。一時的にでも村から出るわけだから、新しい出会いが増えると思いきや変わらず冥府での話もかなりあったりして、村の外の話が本格的に始まるのは次巻からかな

    村から少しの間、離れるだけなのに村人から大げさなほどの見送りを受けて、今居る村が新しい故郷になっていることに気付く流れ、また明日と言ったのにハデスに会いに行けなかったことを謝った時の流れ。流行り病によって全てを失ったコレットがいつの間にか手に入れた大切な繋がりを再確認するかのような暖かな展開はとても素晴らしかった
    その一方で失う繋がりが師匠との繋がり。アスポデロスに居る師匠が消える前の遺言家のようにハデスにコレットの思い出を話す描写は暖かみは有ってもどこか哀しみもある会話になっていた

    ただ、繋がりを手に入れた者はコレットだけじゃなくハデスも。コレットが来ないことを寂しく待つ夜やガイコツと共に摂る夕食などはコレットと出会わなければ決して知ることのなかった感情や光景だろうね

  • 旅立つコレットさん。出発前に散々騒いで大げさに見送る村の人たち。それはコレットがこの村で頑張って信頼を築いてきた証拠で、この村も故郷になってたという所がグッときた。
    コレットとハデス様の相変わらずのイチャイチャぶりも微笑ましい。
    冥府のみんなはもう家族みたいなあたたかさがあっていいな。ハリーは可愛いし。
    地上の方もポーラが健気な感じで可愛い。
    特に大きな事件はないけど、相変わらず心がほくほくした6巻でした。
    次巻は複雑な恋のお話かな?

  • 本編もほのぼのして楽しいし番外編も楽しかった。ハデス様の家来タラシっぷり……

  • 妹より。

    もう、コレットさん可愛いーー!!ハデスサマにキャーキャー言ってる(心のなかで)

    ハデスサマ、部下に大して優しさ爆発しすぎだよ...みんなメロメロだよ(/▽\)♪

全6件中 1 - 6件を表示

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

ついにコレットへの気持ちを自覚したハデス様!さあ、どう動く…!?しかしその矢先、コレットは自分の育った診療所に里帰りの旅に出ることに!?人気絶好調神話ロマンス・恋と成長の第6巻!!
2017年1月刊。

コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする