執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)

  • 98人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (10)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 伊沢玲
制作 : 津山冬 
  • 白泉社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592214403

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 婚約指輪騒動から審議会へ。紗英の罪滅ぼしついでの一言は正論。
    お母さんが見ている段階で味方ではないと言ったから意外だった。そして良だけが彼女の正体を知らない状態になったんだね。
    伯王がお父さんから与えられた課題、どういう風に答えを出すのかと思っていたけど、ああいう答えになるとは予想外。さらに良のことについて畳み掛けていって、やっとスタートラインに戻れて良かった。
    次が最終巻ということで、今の段階で伯王がお父さんと向かい合えたから、次は意外と駆け足なのかな?
    伯王両親の馴れ初めとか若い頃の話気になる。

  • やっぱりあの謎の女性は伯王のお母さんだったのねー!やっぱりー!しかも伯王とは絡みのないところで知り合って距離詰めてくあたりさすが。紗英が審議会きて本当の話をしてくれてホッとしたけど、薫子さんの良を庇う感じとか、代わりに紗英に対して怒りを感じてるところになんかほんわかした。伯王もお父さんの執事をすることで距離が縮まってる様子。次が最終巻。

  • 指輪盗難事件は各々の心に傷痕を残して解決。円満解決って、難しいよね…
    以前に登場した人物は、やっぱり伯王のお母様でしたね。
    お母様を巻き込んで、2人の関係はどう変化して行くのだろうか?
    それぞれのお互いの歩み寄りの結果はどうなる?
    それにしても、伯王と伯王のお父様は似た者親子だね。

  • 第77〜80話収録。
    親子関係改善のため、良が伯王との専属契約を解除するところから。泣きそうになるのを堪える良の姿に胸が苦しくなった。良の説得を受け親子共に気持ちの変化が起き、特に伯王は息子として父に接する覚悟を持てたこと、とても良かった。父に処分内容の理由を言って改善の一歩を踏み出せたしね。図書館で本棚越しに伯王が言う場面、まるでプロポーズやん!と胸が熱くなったわ。伯王の母・翠、久々の本編登場の仙堂らの言葉によって、良は持ち前の明るさを取り戻し一安心。次は最終巻、皆が幸せになるラストでありますように。

  • 次が最終巻とか。伯王母登場(初登場じゃなかったよ!)。ちょっと出てきたキャラと思ってたので、びっくり。「離れようとするなんてーーバカじゃないですか?」ほんとにバカ。紗英ちゃん、わかってくれてよかった。今度は伯王父。きっとハッピーエンドなんだろうけど、ここまで長かったー。

全5件中 1 - 5件を表示

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

自分と紗英の婚約話が原因で盗難事件を捏造された良を守るため、父と決別した伯王。一方、親子関係の修復を望んで執事の専属契約を解除した良。そして良は事件の容疑を晴らせず処分の最終審議へ!全てを捨てても相手を想う、良と伯王の未来とはーー!?
2015年5月刊。

執事様のお気に入り 20 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする