ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)

  • 119人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (8)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2016年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592214816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • マンガ喫茶かマンガレンタル(TSUTAYA)で読みたい。

  • 今回から新シリーズになると楽しみにしていました。
    物語もまだ序盤で、いろんな布石が散りばめられた段階ですね。
    前々シリーズを小学生の頃から読んでいるせいか、東京タワーに行く度に輪くんが思い出されます。思春期の影響力って恐ろしい…!
    主人公が蓮くんになってだいぶ優しい物語になっていましたが、前シリーズの経験からかなり涙の似合う少年に成長していて、見守るありす世代のおばさんとしてはニヤニヤが止まりません( ̄▽ ̄)。
    ぼく地球シリーズはやっぱりこうでなくっちゃ!
    またどう日渡先生が感動させてくれるのか、今からとても楽しみです。

  • 『ぼく球』新章キター!
    小五蓮は胸きゅんです。
    どこまでもついていきます!

  • 前回シリーズから四年後の世界(^^)謎の美少女ヘンルーカが登場して、皆さんを混乱させてる(--;)彼女の目的は何なのか?(゜゜;)新シリーズに期待大(^^)♪しかし、3世代に読まれてるって凄い事だ!Σ( ̄□ ̄;)

  • ぼくの地球を守って
    ついに3部作目です!
    もう30年も経つんですね・・
    OVAなども懐かしい限りです☆
    懐かしい面々が見られる新シリーズに期待です!!

  • わくわく。面白かった〜。早く続きが読みたい!

  • ついに三部作に…。長いなあ。。『ぼく月』のお子様感があまり好きになれなかったのでやめちゃおうかと思ってたけどこっちは面白そう♪蓮も大分大人になったしね~。やっぱり月組が揃うと楽しいです!ただやっぱりブレンド率4割とか、いちいち数字にされると興ざめするんだよねえ。。

全7件中 1 - 7件を表示

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

物語は「地球」へと還る──「ボクを包む月の光」から4年後…。成長した蓮は地球の歌が聴こえるという不思議な能力に目覚めていた。そんな折、輪と蓮の夢に謎の少女が現れ、輪にとって因縁深い「東京タワー」を要求してくるが…?「ぼく地球」シリーズ第3章、堂々のスタート!
2016年2月刊。

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする