神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)

  • 180人登録
  • 3.94評価
    • (12)
    • (10)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 白泉社 (2015年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592215028

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 126-131
    番外編

    黄泉編。イザナミの洋風お茶会。赤の女王がモデル?

  • 霧仁が相変わらず危なっかしいので、皆まとめて幸せになって欲しい。

  • 瑞希と奈々生の話で泣いて、ラストの巴衛と奈々生の話でも泣いた。
    ここ数巻、毎巻泣いているような気がする。
    寿命のこと、知られたくなくてしたことが逆に傷つけていたと気づけた奈々生。
    奈々生の寿命、どうにかいい方向にむかうといいな・・・。
    番外編の寝かしつけ、面白かった。

  • 切ない!コミカルなお話からどんどん切ないお話になってきている!ヽ(≧Д≦)ノこれは続きが気になって仕方ない!面白い…というより本当に切なくて好き!

  • とうとう巴衛に
    奈々生の命があと半年だということを
    知られてしまいました。

    500年前に恋に落ちた二人。
    妖しである巴衛は奈々生を失ったあと
    500年もの間、一人、絶望の中を生きた。

    そして再び
    今生の奈々生と巡り会い
    今度こそ共に生きるため、人間になることを決める。

    妖しの寿命に比べたら人間の命なんて
    一瞬で消えてしまう泡のように儚い。

    それでも、

    君がいなくなってしまったら

    僕の世界は凍りついて

    二度と

    元には戻らない・・・



    あぁ、切ない。。。切ないよう。。。涙

    奈々生は巴衛を傷つけたくなくて
    悲しませたくなくて
    また500年前のような想いをさせてしまうのが怖くて
    なかなか打ち明けることができなかったのです。

    けれど巴衛はそんな奈々生を抱きしめて


    お前にとって俺は

    辛い時に辛いと泣き言一つ聞かせられないような

    甲斐性のない男か


    巴衛はしっかりと受け止めてくれた!

    奈々生との「今」を生きるため。
    そして奈々生を守るため・・・!

    うわぁぁぁん、感動するよう~~~~


    巴衛はいつのまにこんなに器の大きな男(狐)
    になったのでしょう?(失礼)

    巴衛をこんなにも強くさせるのは
    やっぱり愛のちからなのですね^^


    そしてそして!
    番外編がサイコーに甘かった~~

    二人のこーいうイチャイチャ見るの、
    なんだか久しぶり♪
    巴衛はしばらく狐の姿でしたしね!


    (俺の可愛い奈々生)

    心の中で漏れる巴衛の本音がもう・・・もう・・・!

    こーいうのが見たかった!こーいうのが見たかった・・・!

  • 色々問題はまだまだ引っ張る感じです。
    これだけ大きな問題ですから、あっさり片付いたらなんだそれってなりますから、これでいいのです。
    しかし、これが片付いたら最終回になるのかなぁ。
    それは寂しい気もします。

  • お話ももちろん好きなんだけどね
    何が好きって、
    ななみがともえをいとおしく想うときの表情よ!
    ↑ごめんね、ひらがなで。

    あの、なんともいえない表情を見るとね
    ほんと、応援したくなるんだよ。
    ふたりのこと。
    好きだなぁ。

  • 番外編に爆笑した

全8件中 1 - 8件を表示

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

大国主の魂を奪った霧仁を見つけ出すため黄泉に向かった奈々生たち!しかし黄泉を荒らされて怒ったイザナミ様に黄泉の入り口を閉ざされてしまう…。イザナミのご機嫌取りに伺う奈々生たちと別行動をとった巴衛が、いち早く霧仁を発見して…!?別れに泣ける22巻!
2015年8月刊。

神様はじめました 22 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする