ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)

  • 45人登録
  • 4.15評価
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 倉月忍
  • 白泉社 (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592215073

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2017/04/02購入・09/24読了。

    表情がうまい。真柴くんのうれしそうな表情、佐伯さんの美味しそうな表情。どれも良い。

  • 真柴くん、弁当スキル高すぎ!!あとね、この手のコミックで毎回思うのは弁当作るには金がかかるんだけど、少しぐらいはお金貰わないとってこと。それが学生ならなおさら。だって食材は家計費から出てるんだよ?もらう相手がその辺りに気づいて自分から言い出してくれるといいんだけどね。とまぁ、夢のないことを考えてしまうんですよ、家計を預かる身としてはね。

  • 最近料理マンガに弱いので買ってみましたが…うーん、可愛いけどパンチ不足

  • 久しぶりに、少女漫画にクリティカルヒットを貰ってしまったですよ。それこそ、『町田くんの世界』に匹敵します。そう言えば、凄さが伝わる読み手は多いでしょう
    表紙買いした少女漫画が大当たりだと、自分の漫画読みとしての直感も中々のモノになってきたか、と自信を貰えますね
    倉月忍先生、確実に今後、大成長を遂げますね!!
    いつもなら、私は読んでから日を置いて、自分の中で書きたい事をじっくり纏めてから感想を書くようにしてるんですが、珍しく、読んだ次の日にすぐ感想を衝動に任せて書いています
    いや、でも、素人の勝手な考え方ですけど、初コミックスで、こうもインパクトを読み手に与えちゃうと、これからのプレッシャー、半端ないでしょうねェ
    まあ、その程度の事、イイ漫画を描く糧に出来る、と私は信じてるんで、憂いは何らありません。倉月先生、例え、ご自身の才能に不安が生じても、この『ひとくち、ふたくち、』にギャンッと心と胃を掴まれた私らを信じてください
    ストーリーは、男も女も、確実にキュンとときめいてしまう正道
    もう、それこそ、反則だろ、と言いたいくらいですよ、堅物だけど優しくて、自分の好意を真っ直ぐに伝えられるメガネ男子が、見た目こそ派手で食生活も乱れちゃいるけど純真なクラスメイトの女子に、お弁当を作ってあげ、仲が友情から恋愛へ自然にシフトしていくストーリーは
    食系と恋愛系のバランス、グルラブコメとしてレベルが実に高いです
    佐伯さんの、食べた時の顔が実に好いですわ。こんな作り手冥利に尽きるリアクションされたら、包丁を握る手、鍋を振る手にも力が入っちゃうってもんですよ
    表紙を一人で飾ってしまった、真柴君の己の恋心に対する疎さっぷりに、これまた、読み手のハートがくすぐられます
    “あーん”や膝枕、そして、不意打ち気味なキッス、読んでるコッチが赤面しちゃう、少女漫画の定番トキメキを、しっかり押さえている倉月先生、ホントに少女漫画を読むのも、描くのも好きなんだ、と感じられます
    ホント、心が「美味しい」と感じられる少女漫画
    人目も憚らずにイチャイチャしている真柴くんと佐伯さん、もちろん、この『ひとくち、ふたくち、』がメインな訳ですが、真柴くんの妹ちゃんも、お兄さんに似てか、結構、イイ味を滲み出しています。彼女をメインに据えた話を、次巻で読めたら嬉しいんですがね。妹ちゃんに好きな人が出来て、料理を教えて、と言われたら、真柴くん、とんでもなくテンパって、その可愛い醜態に佐伯ちゃんは惚れ直すんでしょうねw
    お気に入りの話は、断トツで第2話。他の話も、当然、質が高いんですが、この第2話は、朴念仁と思われていた真柴くんが、男らしい嫉妬のキモチを露わにするシーンがあるんですよ。恋心が無自覚だからこそ、つい出ちゃう独占欲。これぞ、少女漫画って感じでした。ストーリーでなく、食べ物でお勧めを選ぶなら、第1話に登場した、夏野菜の梅しそ豚肉巻きですね
    この台詞を引用に選んだのは、真柴くんの個性を、これ以上ないくらいに表現しているからですね。こんなドストレートな告白が出来ちゃう、イイ男はそうそういませんって

  • すごくツボ。風紀委員長のお弁当男子と派手めな女の子のしあわせランチタイム。ふたりがピュアなんだよ。真柴くんが鈍感なんだけど、意外と積極的。好きな男の子のために、お料理苦手なコががんばってお弁当を作るって可愛すぎだろう。レシピつきなのもいいな。

全5件中 1 - 5件を表示

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

風紀委員長の真柴くんには、最近気になるものがひとつ。ハデめな同級生・佐伯さんの校則違反……ではなく、お昼どき、つまらなそうにメロンパンをかじる彼女の横顔。そんな佐伯さんを放っておけず、真柴くんが放った一言は……「俺がもうひとつ弁当を作る」!?デコボコな2人の幸せランチタイム、開幕!
2016年7月刊。

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ひとくち、ふたくち、 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする