暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)

  • 154人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (14)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592215134

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 130-134
    番外編

  • 愛され、護られるヨナ。少女漫画の王道を行きつつ、ハクに「お前」といい、女主人としてこき使うギャップにきゅん。。
    「ヨナやみんなが傷つけられるのなら、全てが敵になっても俺は闘う」とシンアに言わせ、「みんなで娘さんのとこに帰ろうな」とゼノに言わしめる、ヨナと四龍の絆にきゅん。。

  • 第130〜134話+番外編「ゆく年くる年」「お大事に」+あとがき収録。
    ゼノが屋敷から抜け出す直前の台詞重い。タオ姫の姉、コウレン姫登場。カリスマ性あるイケメンで驚き。コウレン姫が「皆殺しになるぐらいなら」と考える気持ち分からんでもない。そういえば「スウォンがイル王を弑逆したのは、父ユホンを手にかけたから」という物語発端の真偽は明かされないまま。本作長編化しすぎて読者このこと忘れていそう。今回明かされたユホンの過去の行いが関係するのかな。番外編1は皆の過去話、微笑ましい内容だがミンス登場に泣いた。

  • 諸国漫遊記続く。
    ストーリーのために登場人物を動かしてる感が強い。なんで龍たちまとめて出かけるねん、みたいなね。

  • 高華国との開戦に逸る真国の第一王女・コウレンに、四龍とユンを人質にとられてしまったヨナ。
    真国との戦を回避するようスウォンに掛け合うため、ついにヨナはハクと共に緋龍城へ帰還することに…!

    なるほど。こういう形で城に戻ることになるとは想像してなかったなぁ。Σ(゚ぺ;ノ)ノ
    でもねー、正直交渉は厳しいと思うのよ…。
    スウォンは、国のために多少の犠牲は仕方ない~とか割り切ってそうな気がするし。あとは領地の問題もあるし。
    そもそもヨナはどういう立場で交渉するつもりなんだろう。真国との間に和平を保ってきた先王の娘としてか、それとも…?

    次巻、両国の命運を背負った交渉人・ヨナの活躍に期待!

  • 番外編楽しい(*´Д`)
    早くアニメ2期観たいな。

    もう22巻なのにいまだにスウォンの思惑が謎のままですが、これからいよいよ動くのかな。楽しみです。そしてハクヨナ尊い。

  • 表紙と中数ページ、一冊間が抜けたのかと思いましたが、ヨナでした。

    ハクとヨナのいちゃラブが少しずついい感じに積み上がってきています。

    ゼノはつらいなー。
    拷問大好きそうな猫目が嫌いです(笑)

    次巻からもしかして終わりに向かっていくのかしら?
    ヨナは王にならなくてもいいと思うのですが。
    このままハクと幸せになってくれればなにもいうことはないです。

  • ヨナも、ハクも、四龍も、ユンもみんな尊い(T_T)

全8件中 1 - 8件を表示

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

高華国と戦の開戦派と非戦派に二分される真国。非戦派のタオ姫の屋敷に火をかけられ、彼女を守るため火事の中残ったゼノ…。火傷を負ったゼノが再生するのを見た、五星の一人が四龍に興味を持ち…?そして、開戦派の機運を高めるコウレン姫は…!?番外編も収録!
2017年4月刊。

暁のヨナ 23 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする