俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)

  • 298人登録
  • 4.38評価
    • (35)
    • (26)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 椿いづみ
  • 白泉社 (2015年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592215301

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 早坂記憶喪失編完結とジョセフィーヌの話、鷹臣と百地の話、クリスマス話が収録されています。
    早坂くんのお家事情が明らかになりますが、ハッキリ言ってトンデモ系です。
    それから百地さんとの決着がつきます。

    早坂くん関連の後はお遊び回ですね。
    オマケマンガ「東西南北」では、寒川くんの妹・港ちゃんと寒川くんのお仲間の一人・大久保くんが両想いになっています。
    本編ではロマンスの欠片もないのに、ここではラブラブかよ!!!!

    早坂の母親は日本に留学した時、父親と恋仲になる。
    母親は体が弱かった為、卒業後は帰国していた。

    早坂の父親はシングルマザーの姉が仕事をしている間、姪達の面倒を見ていた。
    姉が事故で亡くなると、身寄りのない姪達を引き取った。

    お手伝いさん達が姉のことを悪く言っていたので、姪の為に環境を改める。
    使用人を入れ替えると、姪達を「自分の娘だ」と紹介していた。

    このことを知らない早坂の母親は、こっそり会いに来た時、姉を「本妻」、姪達を「本妻の娘」だと誤解する。
    母親は自国で早坂を産んだ後、父親にプロポーズをされて、指輪は受け取らなかったが籍を入れる。

    お互いに思い込みが激しい性格だった為、しばらく両親は擦れ違っていた。
    ようやく誤解は解けたが、その後すぐ母親は病死したので、早坂に真実を教える機会がなかった。

    「家では独りだ」と思っていたが、実際は父親や従姉妹達に愛されていた。
    家族と和解したが、まだ早坂には問題が残っている。
    早坂が記憶喪失になった原因が分からないからだ。

    真冬、鷹臣、早坂、由井で話し合った結果、「百地が関わっているのではないか」と推測する。
    早坂は心当たりがあるらしく、記憶は戻っていないという触れ込みで学校に戻った。

    早坂は催眠術に掛かった振りをして、百地に接触する。
    百地が早坂に拘っていた理由は、小さい頃に会っていたからだ。

    百地は子供の頃、母親から虐待を受けていて、周囲から「可哀想」と言われていた。
    早坂の屋敷の庭で蹲っていた時、早坂と知り合う。
    噂で聞いていたのか、早坂を「女装させられているし、愛人の子供だから可哀想なコ」と思っていた。
    自分より可哀想な子供を見つけて、百地は優越感に浸る。
    家の事情を知らない早坂に「お姉さん二人は敵だから会っては駄目」と言っていた。

    二人は一緒に遊んでいたが、早坂は母親が亡くなると記憶喪失になってしまう。
    百地のことを忘れた早坂は、傷だらけの姿を見て「可哀想」と言う。
    「可哀想だ」と思っていたコに憐れまれた百地はショックを受けた。

    それ以来、百地は「可哀想」な人を作ることに喜びを感じるようになる。
    貶める目的で華房に賭けを持ち掛けたが、早坂の正体を知ると壊そうとする。

    早坂は百地の暗示に掛かることはなく、首を絞められそうになっても真冬達が助けてくれた。
    「百地が負け」ということでケリがつく。

    色々と「強引だな」と思いましたが、早坂くんの問題が解決したので良かったです。
    百地さんがヤンデレの域に入っていて怖いです。

    嘘が下手な真冬ちゃん達や早坂を心配してコッソリと様子見するあやべんが面白かったです。
    早坂くんのお父さんとお義姉さん達は、良くも悪くも「お坊ちゃんお嬢ちゃん気質」だと思いました。

    小さい頃に早坂くんが女のコの格好をさせられていた理由は、最後まで分かりませんでした。
    結局、何だったの?

    ジョセフィーヌの話は、由井が鳩を手懐けたせいで手紙が誤配達されてしまう内容です。
    どこからツッコミを入れていいか分からなくなります。

    二人のセンスは同レベルなのに、片や乙女チック(番長が)で片やイケメン(真冬が)です。
    早坂くんの少女マンガテンプレ対応には笑ってしまいました。
    ジョセフィーヌの大きさがアヒルくらいある気がします。

    アッキーメインの話は、学校を休んでいる百地さんの元に鷹臣が毎日行っている内容です。
    日に日に疲れが酷くなる鷹臣を見て、アッキーが「百地さんに何かされているのではないか」と心配します。
    百地さんに「可哀想なのはお前だ」と言った鷹臣が言葉攻めをお願いされていたというオチでした。

    アッキーと小鞠ちゃんのやり取りが好きです。
    アッキーが夜這いに行ったと勘違いして、その後が気になる北条さんと高坂に噴きました。

    去年のイヴはウサちゃんマンとして早坂くんとデートしていましたが、今回は真冬ちゃんの部屋で由井の誕生パーティーをすることになりました。
    由井は会長や北条さんに祝って貰えばいいのに(笑)
    「今年も男子寮のクリスマスパーティーにはサンタガールが沢山いた」という報告に噴きました。

    話の最後で、早坂くんがクローゼットから去年ウサちゃんマンに巻いてあげたマフラーを発見します。
    「いい加減、ウサちゃんマンの正体に気付いたか」と思ったけど、早坂くんめ……。

  • マゾいわぁ……

  • えっと、これを読み始めたときは鷹臣くんは重要キャラクターで、主人公の相手役だと思っていたのですが、どこ行った…。そしてこれ、少女漫画なのですよね?不安になってきたのですが、唯一の寒川の乙女な心がこの作品を救っているかと思います。えぇ、彼はこの作品のヒロイン!彼の想いを大切に綺麗に(笑いを忘れずに)描いてほしいというのは私だけではないはずです!可愛い、寒川!!
    そしてマフラーの件、楽しみに待っております。次巻、いつ発売なのだろうか。

  • 早坂君の父母本当に面白い。似た者夫婦。というか使用人含めて早坂家みんな面白い。好き。

    本編もいろいろ進んでいって面白かったけど、でもそんなことより何より、港ちゃんおめでとう!!本当におめでとう!!末永くお幸せに!!!

  • 16〜20巻まで。
    由井編も早坂編も面白かった。これで終わり?なのだろうか。タイトルが俺様ティーチャーだから、生徒会との対決が終わって真冬と佐伯先生がくっつくところがあると思っていた。
    桶川番長と寒川が好き。

  • 早坂家…www安定の忍者w雅様がいい人だvvv(P.Sの詳細っぷり含む)Sと思わせて存外Mなるなねーちゃんw(でも強要させてるからやっぱりSっぽいw)早坂くんカリスマオーラ垂れ流し事件www渋こまっていうか、こま渋だよね!!!
    ……
    ………寮長とは。
    (あやべんかわいそう)
    (でもこまり先輩がかわいすぎるのがいけない)
    (しぶやもかわいすぎていけない)
    (こましぶこましぶ!!)


    次巻(21巻)では真冬さん帰省するらしいですよ!
    寒川が大喜びするのが早く見たいです(キリッ)

  • こうきたか。

  • 自分で買って来たのに家族を回ってやっと戻ってきて読了(みんな、面白かったよ〜と手渡されていた。ちくしょー涙)香の真相が!百地の過去も!いろんな名前付けられて健気な伝書鳩!寒川妹彼氏できる!そして、桶川LOVE(個人的な叫び)※面白かったポイントを!に込めて

  • 鳥さんあちこち大変ね……。こっちか!!に笑ってしまった。 港ちゃんと大久保さん、おめっとう!20巻で一番にまにましたよ……!

  • シリアスになりきれない俺ティー大好きですw

全15件中 1 - 10件を表示

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

真冬たちのおかげで、失ってしまった記憶を無事に取り戻した早坂。父親のことを憎む原因も誤解だと分かり、和解することができた。学校に戻った早坂は、自分の記憶を奪った百地瑠奈と対峙する。二人の間にある因縁とは一体…? シリアスな展開の後にはスノウ&イチゴラブのイカれた文通や、風紀部のクリスマスパーティも収録した第20巻!! 2015年4月刊。

俺様ティーチャー 20 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする