蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)

  • 74人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (3)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 千歳四季
  • 白泉社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592216223

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • "「宮殿でいろんな事を乗り越えて来たではないか
    いつも お前自身のやり方で」"

  • ホントに2巻が出てた,1巻より話の構成はいい.ルクルのこの口(ω)になるのが可愛くってな.人間の姿に戻ってからシーツでも巻いてるんかな? アクションシーンに迫力がないなぁ.ユリウス喋られる事は秘密だろうに,どうやってカディアスに寄れるよう取計らったんだ?「ルクル,姉のマネをしろなどと誰も言ってないだろう」「薬を貰いに来ている者は薬だけが目的ではない安心が欲しいのだ」「無闇に落ち込んだり不必要に己を卑下したり,そういう者に巫女は勤まらない」

  • ルクル笑顔の前歯可愛いし(普通ソコじゃない)竜のユリウスカッコ良い。何故突然あそこで人間になったか?なんででしょうね〜。ラブなんすかね〜。それにしてもルクルの実家ミレアだけじゃ大変そうだけど偉そうなパパは何やってるのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

隣国の王達がユリウスに挨拶するために訪れる“謁見の儀"が間近に迫り、慌ただしさを増す王宮内。ルクルは、そこで重要な役割を担う“守護番"を務めることになる。王(ユリウス)が竜であるというアズファレオ王国最大の秘密を守るため仔細に準備して臨んだ式典当日だったが、思わぬアクシデントが…。さらに、ユリウスとルクルが初めて一緒に王宮の外へ?
2017年4月刊。

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

蒼竜の側用人 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする