愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 237人登録
  • 4.53評価
    • (35)
    • (14)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 佐々木倫子
  • 白泉社 (2013年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592217084

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色あせない面白さ!
    書き下ろしの続編強く希望。

  • やっぱり面白い♪(´ε` ) チョビ可愛いなあ。ハムテルんちの子にならなかったら、性格違ってたろうなーきっと。
    飼い主に似てるもんなー、みんな。

  • チョビの人間臭いとこが好きだったが、改めて読んだらやっぱりそこが好きだし、ハムテルとの掛け合いが最高!
    この漫画のお陰で動物漫画も読み始めたんだよなー。
    思ったよりチョビの子犬時代の描写が少ないと感じたのは記憶違いだと思う。

  • 西根公輝まさき⚪︎ハムテル× キミテル× 地下鉄駅への近道の途中に解剖学教室 般若 白色レグホン 横恋慕 人間だって14日以内に名前を決めないとダメなんだぞ 胃腸カタル 保険のきかない動物 スナネズミ 仮死状態 生存本能 ブタの尾齧り 囮 避妊手術 悪役の演技に陶酔している 恒温動物 菱沼聖子 謎の変温動物 迷わず成仏してください ハゲ作りの洗礼 清原くんが金をケチったからといって彼が平九郎を愛していないわけではない 馬は人を見る 学生とセリカの頭脳戦は続いた 疑われたときも人気が落ちたときもいつもと変わらず乱暴だったハムテルはちょっぴり尊敬している 伝染病(学講座)のペット 直検競走 クラミジアの増殖 パリダちゃん=梅毒スピロヘータ いや桑園にはあれがあるんですよ札幌中央競馬場 憐憫の情 モズの早贄 とりのささみ ハムテルはポリシーどおりギリギリで受かり家族サービスにつとめたのであった 羊の頭突きとチョキ ボーダーコリー プルプル 毛刈り ネズミ算の恐ろしさ 超音波破砕機 遠心分離機 黄身の盛り上がったヤツ エキノコックス展示 スコシ→意味するところは「小さい」とか「チビ」とかいうことだったと推察される 小夜ちゃんは片付け魔 酒好きなスナネズミ 豚の体脂肪率は14〜18%

  • ギャグ多めで面白い

  • 小学生の時に初めて読んだ漫画がこれ。
    愛蔵版が出たので買い直しましたが、やっぱりこの作品好きですね。

    動物好きなら読んで間違いなし!

    獣医学部~大学病院の話ですが、生き死に系の話はありませ
    (命の尊さとかの話を求めると肩透かしくらいますが、それでも良作だと思います)

  • いま読んでもまだ面白い!
    動物好きにはたまらないマンガ!

  • 昔コミックスを手放してしまったことを後悔していたので、愛蔵版で集め直し。

    2016.4 2巻まで

  • 獣医を目指す学生のお話。
    とても楽しい動物たちのエピソードが満載。
    シベリアンハスキーのチョビかわいいね。

  • 獣医になりたいぜ

全17件中 1 - 10件を表示

佐々木倫子の作品

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連する談話室の質問

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連するまとめ

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)の作品紹介

白泉社40周年記念、愛蔵版シリーズ第3弾! あのH大学獣医学部の人間、動物、細菌たちにまた会える! 世代を超えて愛され続ける、ドクトル・コメディの決定版。カバーイラストは全6巻描き下ろし。1巻は赤ちゃんチョビが登場です!各巻8Pのカラー口絵や巻末記事も見逃せません♪ 2013年10月刊。

ツイートする