一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)

  • 166人登録
  • 3.80評価
    • (12)
    • (17)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592217329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 元新選組の大幹部が集まる「フェリパン」。もだえるフェリさんの気持ちも大変よくわかります(笑)。しかし、新選組の皆さん、皆美形ですねえ・・・。
    そして今後一体どうなっていくのか。「フェリパン」大丈夫なのかしら・・・。

  • 一ちゃん、めっちゃ好き。
    樹なつみさんの本は初期の頃から読んでいるけど、どの本の主人公もみんな魅力的で良い。
    主人公でも脇役でも、クールビューティー系のヒトが好きや‼️

  • 原田左之助登場と言うことで(笑)
    先だって、相川さんの「斎藤一」の本を読んでいるせいか、彼は謎が多いから描きやすいんだろうなと……。(とにかく記録がない!!)

    ただ個人的にはきちんと試衛館派と呼ばれた近藤勇を中心とした派閥が二つに分かれていたことが描かれていることが驚きと共に嬉しいかな。原田さんは有名なゲームでは常に十番組組長だけど、近藤さんの言うことに何度も逆らって、降格処分されてるから、そのあたりは知らない人も多いと思うので、描いてくれてありがとうという感じですね。

    おいしそうな料理のレシピもいつか掲載されるといいな。

  • 話が少しずつ進んでいき、登場人物が一気に増えました。

    太夫を見てムスターファを思い出したり。
    この方の書かれる最高の美男は美女に近い気がします。

    しかしはるちゃん可愛いなぁ。

  • イケメン率が高くてフェリさんに同調。でもちょっと読むのに疲れてきた。

  • 明治の世まで生き残った新選組剣士の斎藤一。薩摩の密偵をしながらパン屋で居候の日々。原田佐之助が生き残っていた設定だったか。個人的には面白くなってきたのだが、「新選組」の予備知識が無い人が読んだ時に、このマンガは面白いのだろうかという疑問がわいてきた。3巻でも斎藤さんのいい男っぷりを期待。

  • ああやっぱり原田さん出てきた。うーん、ちょっと大人が読むにはしんどいヒロインの子供っぽさ。掲載誌メロディだっけ?私が高校生の頃LaLaで書いてた作家さんがほとんど今ここだから、そんなに低年齢向けでもなさそうだけど・・・

    回想シーンで出てくる土方、沖田、ことごとく一昔前の新選組同人誌みたいなロン毛ポニーテールで食傷。少女マンガだし、月代剃れとかちょんまげ結えとか言わないけど、なんだろうこのイケメンのテンプレ感。イケメンパラダイス新選組。

    フェリさんは好きだけど、美形外国人がホモくさい言動でコミカルな役回りというのも一種テンプレな気がする。あと大人の女性がみんなゴツくて男顔なのもちょっと・・・文句多くてごめんなさい。

  • 一巻よりも、物語が動いて、面白い。
    4コママンガの2コマ目、っていう感じ。
    元新撰組十番隊組長、原田左之助が登場。
    なんか、江戸っ子っぽくて、ちょっと永倉新八みたい。

    斉藤一も、原田左之助も、イメージと違うけど、少女マンガ(?)的にはめちゃくちゃ魅力的。そりゃそうだ、樹なつみ作品だもの。実在した方々とはずいぶん違う気がするけど・・・

    主人公のはるちゃんが、一途でかわいい。
    しかし史実では、この恋は・・・
    この後、どういうことになっていくのか、いろいろ気になるところ。

    土方さん、沖田さん、永倉さんも、回想シーンで出てきて、嬉しかったけど、また出てくるかな?しかし、美形だらけの新撰組。土方さん、線が細すぎ。「花咲ける青少年」の、あの冷酷な策略家とそっくり!

    なんだかんだ言いつつ、続きが気になる。

  • 1,2巻、一気読み。さいこー!早く続きがよみたい!

  • 原田左之助登場。

    新島原での展開好き。

  • 201509/少女漫画的きゅんきゅんを味わう作品。続きが楽しみ。

  • 歴史色が強かったです。
    それにして、新選組、みな同じ顔に見える。

  • やっぱり、まず、何より先に、絵の美麗さに目を惹かれる
    勝手なイメージに過ぎないが、美形揃いの新選組を描かせたら、樹先生の右に並ぶ者はいないんじゃないだろうか、と思わせるほど、線の一本からして美しさが宿っている
    加えて、ストーリーに意外と深さがある。読みやすい、とは言い辛いが、樹先生の作品に慣れていて、しっかりと向き合える事が出来れば、ちゃんと頭に入ってくる
    食系と言うよりは、やはり、歴史系って印象が強いので、グルメ物としての期待値を読む前から高め過ぎていると、若干、ガッカリしてしまう可能性は小さくないので注意
    底抜けに明るいように見えて、その分、新選組の隊長らしく、どこか、翳りを心に秘めている原田左之助が登場し、レギュラーに加わった事で、全体的な面白さが高まっている
    斎藤との勝負は圧巻
    また、大久保利通も姿を見せ、斎藤に関する謎が逆に深まった点が、これまた、樹先生らしく、読み手の興味を逸らさないのが上手い、と素直に唸ってしまう維新三傑の一角だけあって、大久保さんの器はデカいだけでなく、底の深さを常人に計らせない。そんなイメージを全く損なわず描いているトコも高評価だ
    けど、やはり、私だけでなく、他の読み手も注目しているのは、藤田と明の関係性の変化だろう。ほぼ不意打ち気味に、藤田の正体を知ってしまいつつも、彼と少しでも長く、共にいたい故に、彼を問い質さない、彼女の乙女らしさには、キュンと来てしまう
    一体、どんな形に至るんだろう、この二人は
    この台詞を引用に選んだのは、斎藤一と言う最強の侍の、確固とした信念を特に強く感じ取れるからだ。加えて、原田への不器用な友情も見えたのだが、それは私の気の所為か?

  • フェリペさんの出番が少なくてさみしいーー

  • 明ちゃんが突撃しすぎるのではらはらするけどおもしろい。次も楽しみです。

  • ヒリヒリした空気のなか
    美形でありながら笑いのとれるフェリさんの存在が有難い。

  • 樹さんの描く男性って大抵美男なので眼福眼福♪今回はクールに、やんちゃに、従者系だって(笑)。フェリさんじゃなくてもパラダイスだわー。で、樹さんの描く女子って太夫のようなクールビューティーか、明のようなちんまり可愛い系に分かれるわね。どっちも好きよ~。

全19件中 1 - 19件を表示

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

新選組十番隊組長・原田左之助が一の前にーー!?
2015年9月刊。

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする