ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)

  • 38人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 喜多尚江
  • 白泉社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592217862

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/04/27購入・11/12読了。

    BLとは違うような気もするけど確かに少女漫画とは断言できないようなそんなほんわかとしたお話でした。喜多尚江先生の漫画を久々に読めて良かった。

  •  前作を知らないのだけど、帯の「90年代の花とゆめ人気作」というアオリと、「花丸」連載作なのに花とゆめコミックススペシャルという装丁で売られていることに惹かれて購入。かわいらしいお話でした。昔はこんな感じの距離感の漫画なら「花とゆめ」で連載できてたんだなあ〜と改めて思った。今はBLがジャンルとして確立したせいで、少女漫画との棲み分けが明確になったような気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

喜多尚江の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)の作品紹介

音楽学校首席の久藤道明(くどうみちあき)はコンクールになると緊張で実力が発揮出来ない上がり症のピアニスト。ふとしたきっかけで天才少年ピアニストの兼雅(ケンガ)と知り合い、自由奔放な彼に翻弄される毎日。大事なコンクールの演奏直前、例によってガチガチに緊張した道明は兼雅のキスで嘘のように立ち直り見事優勝。以来、「兼雅のキス」が演奏前に欠かせないという妙なジンクスに囚われる。だが、そのことを同級生にからかわれても気にならず、むしろ嬉しいかもしれない…。「恋」ではないけど兼雅が好きだと道明は自覚するのだった。病床の祖父を見舞いにヨーローパに一時帰国していた兼雅がコンサートツアーで来日。道明と久しぶりの再会を果たして…。恋の調律もお任せ!道明と兼雅のメロディアス・ボーイズLOVE、待望の登場。
2017年4月刊。

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ピアノの恋人 ppp (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする