ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)

  • 56人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2016年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592218036

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ボク月』は幕間劇でついに第二部開始って印象。他の月組も出番多いしで今後の展開に期待。特典描きおろしは刺さった

  • プレミアムファンブックで、他漫画家さんのぼく地球絵が見たいためについ買ってしまいました。
    いつもならエコブックスに並ばないと
    買わないかも。


    流石に3世代編ではなく、
    蓮くんのお話その後ですね。

    最終巻はチラリと立ち読みしたけど、
    買わなくなっていたので
    ちょっと訳分からなかった。
    キャーとラズロが出て来たのが
    泣きそうになりました。


    やっぱり、ぼく地球第一部で
    綺麗に終わって欲しかった、
    と思いつつ、
    ファンとしては、
    続編はちょっとチェックしてしまう
    感じです。

    親子3世代で読んでいる人も出てきて…
    と作者さん書いてまして、
    早い人は孫いる年齢か…!
    と思いを馳せつつ、
    今年で30周年らしいですね。

    すごいなあ…

  • ファンブックに関しては星5です。豪華作家様陣の素敵なぼく地球;;
    河惣益巳先生に清水礼子先生のぼく地球が見れるなんて……久世番子先生のモードとレーンも可愛かった……!!
    ぼく地球は作者様が本当に見事に何の心残りもなく終わらせてくださったので、次世代シリーズは補足感が否めないといいますか…先生がお描きになりたい世界感が今はこれなんだなって思うことに努めてます。
    月の生まれ変わりのメンバーと同い年になった今、彼らには月基地の記憶に関する事件よりも、真っ白な未来を歩いて欲しいなと思うのが正直なところです。

  • 「ぼく地球」次世代編の第二弾。もはや何が何やら…。しかし、ついうっかりプレミアムファンブック付きの特装版を買ってしまった。多くの作家が寄稿しているファンブックはけっこう楽しめる。本編にはちょっと着いていけないが…。

  • 待ってました~! 小林さん家と月転生組のその後が読めて嬉しい!

    あいかわらずな輪と
    4つおにいさんになって思春期突入してる蓮くん
    微妙なお年頃だけど、それでも仲の良さげでいいなー(笑)

    1巻の時点では色々と「とっちらかってる」なーと思ったけれど
    月転生組が大きく関わっているところが、なんとなく「ぼくの地球をまもって」のテイストが戻ってきたなーという印象を受けた

    次巻に期待!

  • 小5病、中2病が未だ癒えないらしい。
    今作でまた再発しそう。
    前世要素がぐんと強まって、さらに前作の輪消失のなぞも明かされそうな勢い。
    仕切り直して正解だったかも。
    12歳の蓮くんがちょっと少年ぽくなって、初恋の様相もあり、前世篇との絡みもあってむず痒い甘酸っぱさ全開。
    思ったよりも、というか前回よりもぼく地球っぽくて、紙媒体で買ってよかった!と思いました。
    それも手に取ったのがたまたま特装版の方で、そのまま購入したのですが、寄稿のカラーイラストの壮麗なこと!
    清水先生の透き通るようなベージュ使いは木蓮の花を描くのにぴったりで、美しい。
    そして、もっとも心に焼き付いたのは、伊沢玲先生の紫苑と木蓮の心が通じあったシーン。背景の藍青と花が春の宵を思わせ、これからの未来への思いをしっとりとしかし熱くかきたてられるようでした。
    日渡先生の玉蘭の遺言が……もしかしたら連載当時じゃ出てこなかった言葉なんじゃないかと……今だからこそ出てきたシーンなんじゃないかと……思ったのですが、でもやっぱり涙腺潤みました。
    昔の記憶なので忘れているところもあるかと思うのですが、紫苑って皆から疎まれて隔離されるくらい苛烈で孤独なイメージだったし、玉蘭も幼馴染みやライバルを越えて憎しみの対象としていたと思っていたので、すごく意外な言葉で。
    士の間際で自らも懺悔をした結果出てきた言葉なのかなぁと補正しています。
    そんなわけで、うっかり特装版にしてしまいましたが、高屋先生のイラストがカラーページじゃないとかちょこっと気になるところはありましたが、薄さのわりには満足度の割りと高いものとなっております。

    ぼく地球30周年とのこと。
    私もコアなファンの一人なんだなぁと、柱ページの感謝の言葉を受け取りながら思ったところです。

    しかし蓮よ、カチコはやめといた方がよいんでない? ムカムカしたからって人のもの勝手に捨てる子はあかんよ。。。

全6件中 1 - 6件を表示

日渡早紀の作品

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

「ぼく地球」シリーズ第3章の1巻発売を記念した特装版。プロの作家のアンソロジー作品(参加作家:伊沢玲、河惣益巳、久世番子、後藤隆幸、清水玲子、高屋奈月、種村有菜、平間要)に加え、日渡早紀の「ぼく地球」新作ストーリー描き下ろしなど、ここでしか読めないファンブックを同梱! ファン感涙の1冊です!
2016年2月刊。

ツイートする