フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)

  • 386人登録
  • 3.78評価
    • (16)
    • (30)
    • (25)
    • (2)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2016年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592218517

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょ、子供世代、いくら親がカリスマ的だからって、親のこと引きずりすぎじゃない…?これじゃクローンだよ…?自分の人生を生きよう…?と思ってしまった。面白くなりそうなんだけどね…

  • 草摩家の面々はわかるんだけど、そのお相手は透くん以外思い出せなくて誰とくっつたの?え?ってなっちゃった(笑)睦月くんは綾音伯父さん寄り?パパより伯父さんの血が強く出てない?はじめちゃんはパパそっくりだね。ぶっきらぼうな物言いとか。巻末にでも関係図欲しいわ。

  • 透達の子供達が主役です。

    はじめは夾に似てしっかりし、さりげない言葉で人を癒すのは透に似ていると感じます。

    睦生の天然さは真知に似たのでしょうか…。

    竹井は母校で教師をしていても相変わらずだし、瑠璃子は確実に素子で、懐かしい箇所が随所に見受けられます。

    描き下ろし漫画では、夾の心情や透達が仲睦まじくしている様子を見ると、成長した彼等に再会したい気持ちが嵩じます。

    著者は透達は登場させないと言っていましたが、この様な展開だといずれは登場せざるを得ないのでは…と色々考えてしまいます。

    Lieselotteの方が休載中なので長期連載はならないと思いますが、これから彩葉達がどの様な高校生活を送るのかが楽しみです。

  • 友達より。

    懐かしさより、記憶の喪失が激しくて誰が誰の子どもかさっぱりわからん(笑)。
    でも、主人公は昔の主人公に似ているような。
    そしてうっすら思い出した、最強(最凶)な叔父。

    なんにせよ、結婚して子どもまでいる以前の登場人物たちに乾杯!幸せになってて欲しい(笑)

  • 懐かしいー!次世代フルバですね!
    この子は誰の子かな?とわくわく。
    円満最終回を迎えたフルバに、
    さて次はどんな秘密が出てくるやら、とてもとても楽しみです。

  •  公式同人誌?
     フルバの子供世代の話。見つけて即購入しました。
     今の所、「突然リア充に巻き込まれた非リア充な私」的な展開なので、フルバを知らない人には楽しめないかもしれません。

     子供世代と言っても主人公はフルバと関係ないキャラのようなので、「まあ出てきても1人2人だろ…」と思っていたら、まあ出るわ出るわ。公式の同人誌か?というくらい、3学年に大集結し、誰が誰の子か分かりやすい性格・見た目をしています。
     正直フルバ時代のキャラ要素が多すぎて、ちょっと読んでいてむず痒いです。ほんのり誰かの要素が見える、くらいで良かったのになあ。

     名前は親の干支の数字を月名にした感じ?

  • フルーツバスケットの続編。
    昔に読んだきりなので誰がどの子供だとかが全然わからない。
    草摩一族と三苫彩葉の関係が気になる。
    主人公の性格がうじうじ系で読んでいてつらいけれどなかなか暗い過去の持ち主みたいで応援したくなる。

  • 今後期待。
    懐かしくてフルーツバスケット読み返してぼろぼろ泣いて、今作をようやく読んだ。
    アプリで読んでる分には、わーこのキャラって、と盛り上がったけど、通して読むとキャラが多いな。
    そして謎のテンションの高さがなくて、主人公の影が最初から全開にあるので、フルーツバスケットとして読むというよりはやはり別作品だなと(あたりまえ)
    主人公にやたら絡む草摩が謎。出生関係かな?

    個人的には、主人公のモノローグが暗いのばっかりで、イケメン(あるいは、綺麗)…!とかもないので少女漫画的に恋愛とかはでてくるのかな?も含めた展開に興味がある。
    最後に。直接子供!ってのより、巻末漫画の方があー続編だなあとグサッときた。anotherは子供の話だから大人でなさそうだけど、フルバは大人も大いにもがいてて良かったので、こういうチラ見せで良いのでもがいて生きたフルバの子たちもまた読みたい。

  • フルーツバスケット・主人公達の子供のお話★

    それぞれ悩みを持っているコたちが、お互いの交流から新たに歩き出すきっかけを見つけていくお話(●´艸`)フルバと同様、お話を読むと温かい気持ちになる作品ですね(ノω`*)

    ショートショートが詰まっていて、全体的に繋がっています。ギャグの部分も楽しいし「この子はフルバのあのキャラの子供か〜」と前作を思い出しながら読めるのも面白いです(*´ω`*)

    フルバ、もう一回読みたくなってきた!

    2016.0901読了★

  • オンライン既読。
    フルバ次世代編。
    主人公は常に俯いている彩葉。
    皆が誰の子どもかすぐ分かるので楽しい。帛は一瞬誰の子どもか分からなかったけど両親の職業でやっと把握。
    親世代は誰も出てきてはいないけれど、「あの夫婦は携帯を扱えているのか」という文字だけで頬が緩む。でもやっぱり出てきてほしいな。
    はじめと睦生は通学の理由で実家を出ているけど、他の子ども達は実家住まい(?)なら親出る可能性は低くないよね?
    装丁が愛蔵版と同じだけど、旧版しか持っていない。でもあとがきで触れられているインタビュー収録の12巻気になる。

全24件中 1 - 10件を表示

高屋奈月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

高校入学早々、遅刻を先生に見つかってしまった三苫彩葉。困っているところを助けてくれたのは不思議な美少年で…!?大ヒットまんが「フルーツバスケット」の透たちが海原高校を卒業した数十年後を舞台に描かれる、懐かしくも新しい物語のはじまりです。
2016年8月刊。

フルーツバスケットanother 1 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする