薔薇だって書けるよ―売野機子作品集

  • 1133人登録
  • 4.08評価
    • (140)
    • (141)
    • (79)
    • (10)
    • (4)
  • 101レビュー
著者 : 売野機子
  • 白泉社 (2010年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710226

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集の感想・レビュー・書評

  • カバー下の透かしの美しい装丁と、最近多めのな少し野暮っための絵柄と、タイトルに引かれて購入。

    薔薇だって書けるよ
    オリジン・オブ・マイラブ
    日曜日に自殺
    遠い日のBOY
    晴田の犯行

    が収録されています。
    ある人の素敵さってなんだろうか、誰にも言わないけど確かにあるもの、ある時大切だったことがいつか染み渡るように自分の中にとけ込んでしまう事が繰り返されている事への気付き、埋没しているように見える幸せが確かにそこに在る事、お姫様をやめる瞬間。
    言葉にできない気持ちを持った花たちが、そこに確かに咲いている。
    売野さんの作品はそういう秘密の花園への窓だなあと思う。
    でもまだ窓の外から見つめてる感じ。

    一昔前の少女漫画よろしく、モノローグが多用された作品で、少女漫画を読みなれない人には読みにくいかなと思いますが、その中の一行が急に斬りつけてくるような鋭さを持っている。
    いつか誰かの特別になりたいという気持ちと、立ち尽くすだけの花じゃないのだ、という行動と。
    結構”待ち”な人生を送っている各登場人物が最後動き出して終わるところも好きです。

    一番好きなのは「遠い日のBOY」
    不意にじくりと細い針のような苦しみが溜まっていって、のどの奥に溜まって行く様な気持ちを、どこかの誰かに知って欲しい。
    自分の生き方がつまらない物なんかじゃないと約束して欲しい。
    どうしようもない不安さを、夜何処からとも無く現れ消える幽霊的な、でも明らかに美しい人物に認めてもらう「いつか王子様がやってくる」的に描かれていて、一見ああ少女漫画やなあという展開、絵もまだ一辺倒ではあるけれども、台詞や飴湯のエピソードなど、光る物があるなと思う。
    「がんじょうな幸せ」という台詞には本当にがつんとげんこつ喰らいました。
    ”頑丈”が平仮名なところがまた、子ども心に描いた不動の尊いもの、と言う感じで気管がしぼられるような胸苦しい切なさがある。
    雰囲気で描写して終わらせずに、絶対的に台詞にしようとしているところがいいなあと思う。

    現時点では本来星三つ、しかしこの人は続けて行くといい具合にエグく化けそうな感じがして可能性を感じさせるので、あえて星四つつけてます。

  • 読んだきっかけは大島弓子を思い出させるというストーリー、それはたしかにたしかに、でも、絵柄はシャープなんだな。

  • 古キョン大手として有名だったかたの作品集。
    すごくおしゃれで、それでいて誠実ではあるが、ヴィレッジヴァンガードとブックオフに山になっているあたりになにかを伺えなくもない…

  • 『ロンリープラネット』が私的にイマイチだったので、ちょっとびくびく読んだのだけど、これはよかった。胸に伝わってくるものがあったし、面白い。漫画もタイトルもお洒落だなあ。「遠い日のBOY」が好き。
    でも、やはりキャラにあんまり感情は湧かないかな。キャラ漫画じゃないし、ストーリー重視だろうし、物語のために人物がいるかんじです。

  • 読了:2011/12/31

    猫カフェにて。
    カバー装丁のセンスがよくて手に取った。
    中身もそれなりに面白かった。というか不快ではないので読み進められた、という感じ。
    作者の言いたいことは正直、分からないままだった。

    絵と、コマ割と、セリフを楽しんだだけ…。あれっでも漫画にそれ以外の要素ってあったっけ?ないとしたら、この漫画と「忘れられない」と思うほど好きになった漫画との違いってなんだったんだろうなぁ…などと考えたりした。単純に、ストーリーか。まっすぐな1本道だもんね。

    1週間ぐらいたってから、あの夫婦が大島弓子の「ダリアの帯」の夫婦に重なった。
    でもこちらは、大島弓子を読む際の拒否反応が出なかったし、奥さんのほうにイラッとすることもなかった。それだけ毒が薄められてマイルドってことなのかも知れないな。

    その他の作品もそれなりに。「ビデオテープ標準で録ったよ」というセリフが良い。

  • 本屋さんではじめに目についたのは、どこかぼけた色味の表紙。
    その次に、そこにたたずむ女の子とばらの花。
    装丁も好みで、絵も好みだったのでジャケ買いしました。

    装丁・絵柄だけでなく、台詞回しまでドツボでした。
    少しおかしな日常たちが、どれもきらきらと、時にはどろどろとしています。
    わたしは『遠い日のBOY』がお気に入りです。

  • 同人から大好きなんですがやっぱり晴田の犯行
    ああ叶わない恋は呪いだよなぁって、生涯この人以上に誰かを好きになることは無いんじゃないかって、そういうやり切れない恋と無自覚な男。みたいな
    たまらないです

  • 絶妙な湿度と透明感のあるキャラクター。

    「薔薇だって書けるよ」
    素直さと可笑しさの奥にある孤独に気づかなければならなかった。
    点子の着てるものがいちいち可愛い。

    「オリジン・オブ・マイ・ラヴ」
    これ私たちがすごく好きなやつだ……

    「晴田の犯行」
    雨沢は晴田の心に雨を降らせるから雨沢なのか。
    負けるための装いとか、犯行とか、センスだなあ。

  • 作者さんのTwitterがオシャレで日々の癒しだったのにやめられてしまって寂しい…。
    マンガもとてもオシャレで、眺めているだけで癒されます。セリフやカットがマンガというより映画っぽいなーと思うのですが、絵や名前なんかはマンガらしく描こうと意識されているんじゃないかなーと、不思議な感じです。
    話も薄いわけではないですが、なにより雰囲気が素敵でした。

  • 空気感や登場人物の雰囲気がとても好きな一冊。初めて読んだ時は衝撃を受けました。言葉の一つ一つがキラキラと輝いて見え、何度も読み返したくなります。

  • 薔薇は書けない。

  • うわーおしゃれな装丁ですね!

    でもロマンチストが描いた漫画って感じで
    内容はあんまり自分好みではありませんでした。

    どの作品がいちばん、と聞かれたら『晴田の犯行』になるかな。

  • 表題作が一番面白かった。
    とにかくイラストがハイセンス。
    とにかく恋愛恋愛恋愛な一冊。

  • 点子のテンは
    天使のテンではなかろうか?

    薔薇だって書けるよ
    オリジン・オブ・マイ・ラヴ
    日曜日に自殺
    遠い日のBOY
    晴田の犯行

  • “うふふ紙キレいっぱい……あなたヤギ口説きに来たの?”
    めちゃくちゃ乙女なストーリー……だけど、面白いから、まぁいいじゃないか、男が読んだって。……きっと斯波さんならわかってくれるだろうに……※金魚屋古書店の

  • 絵柄的には、森薫さんや入江亜希さんを思わせる
    フェローズ(eb!)系で内容はしっかり恋愛漫画。
    完全に新人離れした安定感とオリジナリティが
    あって、装幀もとても素晴らしくて総合点として
    ものすごく高いんじゃないかなと思う。

    作品内容は、断然に表題作「薔薇だって
    書けるよ」がいい。それ以外も出来はいいんだけど
    テーマがちょっと一般受けからはずれて、個人的には
    ツボにはまったのがあまりなかった。

    装丁:平谷美佐子

  • 点子かわいい

  • 点子かわいい。
    全体的に良かったけど700円ちょっと高いなー!

  • リアルに70年代を体験していない世代だけど、昭和の漫画と似た雰囲気は感じる。
    時代が不確定な物語は、やっぱりどきどきします。

  • 『MAMA』の方を先に読んで売野さんの絵柄や話が好きになり購入しました。

    作品集ということでいろいろな題材の短編が収録されていました。
    その中でも特に好みだったのは『遠い日のBOY』と『晴田の犯行』でした。
    『遠い日のBOY』は最後のページがコマ数の割にすごくこの話のかわいさが伝わってきた点がとても印象に残りました。
    『晴田の犯行』は打って変わって全体的に胸にささる言葉が印象的でした。なんというかキラキラ輝く青春に希望をもつ時代を終えた自分にはとにかく突き刺さる…

    上記の二つを含めて全編どれも人物が際立つ話だったと思います。心の機微を描く漫画が好きな自分にはとても魅力的な作品でした。
    ただ、やはり作品集なので絵柄にばらつきがありました。

  • 表題作、薔薇だって書けるよ
    晴田の犯行

    が、特にすきでした

  • なんか、気になって手に取ってみた。
    結構、好きです。

    とくに「遠い日のBOY」というお話がとてもよかったと思う。
    少し「星の王子様」に似ていると私は思った。
    語り口が上手だな、ストーリーテラーという感じがする。

    「晴田の犯行」は、自分にも多いに覚えがあるので、
    安心するようないたくなるようなそんな感じ。
    これは、きっと何人かの人は経験していることなんだろう。

    選んでいるコトバが詩的で、独特。
    惹かれます。

  • 思ったほどじゃなかった。

全101件中 1 - 25件を表示

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集に関連する談話室の質問

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集を本棚に「積読」で登録しているひと

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集はこんなマンガです

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集のKindle版

ツイートする