ノミノ―宇仁田ゆみ作品集

  • 274人登録
  • 3.45評価
    • (13)
    • (30)
    • (44)
    • (10)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 宇仁田ゆみ
  • 白泉社 (2011年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710301

ノミノ―宇仁田ゆみ作品集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇仁田さんの物語の主人公はけっこうみっともない。男の子は特にみっともない。女の子より背が小さかったり、勉強ができなかったり。

    そんなみっともない人が、誰かを好きになってどんどんみっともなくなっていく姿がいじらしくて可愛くて、読んでいて本当に幸せになる。

    主人公のミツヤくんの、不器用だけど真面目なノコへの気持ちがひしひしと伝わって、ノコがとても羨ましく思えてしまう。

    その想いをキャッチボールするド天然のノコのふわふわぶりも可愛くてしょうがない。本当にこの二人はどうしようもなくお似合いのカップルだった。

    何気にノコの兄、ひーくんもクールでかっこ良くて素敵だった。ミツヤくんをとりあう描写もまたかわいい。

  • ノミノってどういう意味だろう?と思ったら
    主人公よりも彼女の背の方が高いから「蚤の夫婦」を略したものなのだろう。

    高校生の彼女さんはどんなに難しい勉強でも
    家庭教師兼彼氏の教えた事は完璧に覚える反面
    それ以外の勉強はまるっきり駄目でどんなに簡単な事も
    彼氏が関わってないと感心すら沸かず
    彼氏と同じ大学に受かるためだけに頑張ってあとの人生はどうでもいい。
    というストーカー設定以外は特に何の変哲も無い恋愛漫画ですが
    個人的に身長の高い女の人が大好きなのでお気に入り。

  • 幼馴染みの話。彼が受験生の時に付き合うことになるけど勉強で会えなかったり、受験終わっても遠くの大学で遠距離になったり、なかなか進展しない。

    ノコがかわいい。
    何か大きな出来事があったりする訳では無いので、ちょっと地味な印象。
    でもほのぼのしてハッピーエンドになるので、安心して読めます。

  • 線が太めで少し古い印象のイラストですがそのレトロさがストーリーとキャラのピュアな感じにあっていて読みやすいです。
    なにか大きな事件が起こるわけじゃないですが好きな人への思いやりを忘れない初々しいカップルが微笑ましいです。
    素直に幸せになってほしいと思えるラブストーリーでした。
    ノコちゃん可愛い。兄も出番少なめだけどいいキャラだと思います。

  • 好きって思い続けてもらえること、こんなにも幸せなんだなぁ。

  • 幼馴染の淡~い恋愛。みっくんの自信のなさと手探りの感じ。ノコちゃんのかわいさ。これに尽きますね。◆楽園 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol11/index.html

  • ふたりとも可愛いな。
    ふたりの関係性がなんかいい。

    2012.4.1読了

  • だいぶ前、職場にノコちゃんみたいな雰囲気の人がそういえばいたなあと思った。
    それにしてもいろんな人を描けるんですね。宇仁田先生は。

  • うーん、消化不良がいなめない

  • ノコちゃんが可愛い。
    けど他の宇仁田さんの作品と比べたら、いまいちぐっと来ないなあと思いました。

全23件中 1 - 10件を表示

宇仁田ゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ノミノ―宇仁田ゆみ作品集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする