C- 黒咲練導作品集

  • 201人登録
  • 3.75評価
    • (14)
    • (18)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 黒咲練導
  • 白泉社 (2011年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710318

C- 黒咲練導作品集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わたしは黒咲練導が大好きだ。ここ数年で一番好きな作家だ。この短編集はエロい。放課後プレイの、エロいけどオッパイは出ないギリギリの感じしか当時知らなかったので、これを読んだときは衝撃的だった。
    デッサンではなく、黒咲練導として完全な絵だ。わたしはそういう絵柄に弱い。
    セリフや、キャラクターの情報量が少ないため、それがわたしを想像させ、楽しませる。
    人に依存する人たちが多くでる。明るくはないが、やさしい話だと思う。

  • どうしようテオブロミンが個人的に好きすぎるんですが。

  • 書店員さんの話が好き。

    メガネ少年は放課後プレイにしれっと出てきてたなあ。。

  • エロい。
    同作者さんの放課後プレイとはまた違い、ストレートに「なさって」いらっしゃります。
    絵柄の好みさえクリア出来れば、ニヤニヤしたり胸打たれる。
    あと全体的にサドっけある方向け。いや、ドMも楽しいな……。どっちも読んだらいいよ!
    どの作品もそうなんだけど、この作者さんの描かれる言葉端や雰囲気のエロスは見事。

  • エロいなぁ・・・という感想しかない。
    絵柄は好みがわかれると思うが、シチュエーションがとにかくいい。
    男女の距離感というか、2人の関係の微妙さを表現した短編が多い。
    放課後プレイの作者のエロい話を見たいならいいけど、ギャグっぽいのはほとんどない感じ。

    余談だが、おっぱいの描き方が特徴的でちょっと驚いたw

  • 濃い。

  • いたしまくってるじゃないですか!
    行為そのものをこれだけ描写する必要があったんだろうかという疑問が。

    描写自体が目的なら構わないわけですが、読者層からしてそうでもない気がします。
    残念。

  • 黒咲練導の楽園の短篇集
    いつもどおりといえばいつもどおりの展開だが
    含みを持ったワードや行動が多くそれを読み取っていくのが面白かったです

    ただ相変わらず合う人と合わない人がハッキリする作品だなとは思いました

    お気に入りは「Kissing number problem」

  • 絵が凄いと聞いたので、買ってみたらまさかのエロ本w 短編の中のONは超わらたwww

  • フェティッシュのオンパレード!『放課後プレイ』では雑誌的に(?)描けなかった様な過激な表現や特殊な設定などが黒咲節で巧みに描かれている。嫌悪感もよおす人も居そうなこの作品が堪らなく愛おしい。Rとか付けた方が良さ気ですよ?

全18件中 1 - 10件を表示

C- 黒咲練導作品集に関連する談話室の質問

C- 黒咲練導作品集に関連するまとめ

C- 黒咲練導作品集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

C- 黒咲練導作品集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする