同窓生代行―売野機子作品集2

  • 638人登録
  • 4.13評価
    • (76)
    • (70)
    • (38)
    • (5)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 売野機子
  • 白泉社 (2011年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710363

同窓生代行―売野機子作品集2の感想・レビュー・書評

  • 売野漫画は読めば読むほどハマる。

  • 楽園掲載の短篇集第2弾。
    作者のテンポが掴めてきて、前作よりはスラスラ読めた。

    それにしても登場人物の同性愛者率の高さが気になる。
    余程「叶わない恋」を描くのが好きなんだろう。

    一番好きだった話は、この本を買うきっかけになった『恋のけものにしたがいなさい』。
    愛に飢えていた少女の埋めがたい空白が、少年のたった一言で一気に輝かしいものとなった。
    その時、二人は互いの中に天使を見る。

    少女が愛を見つけることも、少年の恋が叶うことも、まして二人が結ばれることもないのだが、この読了感は素晴らしい。
    この話を最後に持ってきた所に好感が持てた。

  • 大島弓子の影響が甚大。少し毛色の違う話も含まれているので、意識してフォローしている可能性もあるが、たぶん、本当に好きなんだろうなあ。テーマは共感持てる。

  • 年の差もボーイズのラブもガールズのラブも全部まとめて優しい世界。
    パラダイス前夜の郷愁と失望が割りと身近でちょっとゾッとする。
    田舎に帰ったときの妙な落ち着かなさの正体だ

  • 同窓生代行
    全身整形のもといじめられっ子の身代わりに同窓会出席。
    あんたの字が好きだったよ。

    訪問者
    死んだはずの女友だちが。

    パラダイス前夜
    駄目男から逃げて実家に帰ったら、家族も親友も変わっている。

    もっともっとよく見て
    関節メガネ。
    黙れホモ。

    未明のGIRL
    夜明け前のファミレスにて。

    もっともっともっとよく見て
    わざわざメガネ拭きを借りに来る。

    ラスト・サーカス
    マノちゃんを好きな千里くんに、憑依して。
    好きな子が好きな人の話をしてると、なんで分かっちゃうんだろうなあ

    愛のけものにしたがいなさい
    図書館でプレイガール。
    演劇部員の僕と先生の間に割り込んで来て。

  • 同窓生代行、未明のGIRLと女子同士の話が特に好きだった。構成や絵柄など所々で大島弓子リスペクトを感じた記憶。

  • かわいらしい表紙なので手に取りました。真新しい設定でも予測できない展開でもないし、キャラクターにも画面作りにもあまり惹かれなかった。人を選ぶ作品だと感じました。

  • 雰囲気も絵柄も好みでした。
    未明のGIRLにはドキッと、もっともっとよく見てはニヤッとしました。
    同窓生代行も面白かった。

  • 昔の少女漫画のようなピュアさ

  • この人の短編集は読み終わっても実家に送らず家に置いたままにしている。
    なんでかすごく好きだ。

  • 「24年組を彷彿とさせる」に納得。これはもうはまらないわけない。一方通行なほど純粋でまっすぐな思いだと思う、それが叶わなければ余計に。ゆっくりまばたきをするような切なさが漂う作家さんだな〜と思った。

  • 懐かしい少女漫画の香りがする…。
    描いてる人が好きだった漫画がよくわかる作品集ですね。
    様々な恋模様。どの話も少し苦かったり痛かったり、複雑な余韻が残ります。良作だと思います。
    でも…完全なオリジナリティを求めるのは馬鹿げてるけど、飲み込んで良く消化して、それが自分の血肉になったら、本物なのかな?
    嫌いではないので、他の作品も読んでみます。

  • 同窓生代行

    この方のお話は勿論、タイトルもとても好きです。

  • この先生の描く男子が好き。そしてニアホモな短編入っててテンション上がる…。メガネ拭きを貸し借りするだけの話。どうぞ深読みしてくれといわんばかり笑

  • この人の作品は、いつもいつもモノローグが素直できもちいいです。
    絵もとっても好き。

    「もっともっとよく見て」シリーズがたった3Pですが大好きです
    。ホモってなあ。いいなあ。間接メガネ。

    ラストサーカス、ないちゃうくらいすきです。
    この人が描く、好きな人をみる目線がすき。

    「あれはね、招かれ雨の日の朝ホットミルクを愛おしく思うだろ
    あれとおんなじ」

  • 独特の短編集。
    百合あり薔薇ありヒトじゃないのあり。

    表題作が一番すきです。

  • パラダイス前夜、未明のGIRLなどの短編集。
    上記2つが好きだったー!
    百合やBLは苦手だけど、この短編集のものは素敵だった!

  • ・台詞がいちいち好き
    ・絵柄も好き!
    ・『同窓生代行』『ラストサーカス』が特に好き
    ・「しあわせって、いつか終わりそうで、こわくて素直に楽しめなくて、でも そのこわいのようやく忘れてやっと慣れてきたころに幕はおりるのよね」
    ・「あたし、ハッピーエンドが好き」
    ・「せめて笑ってくれたまえ」「魔法はないけど、俺のラストサーカスをかますぜ」

  • にんげんっていいな~

  • 【借】愛のけもの~がなんだか一番おきにいりでした

  • 装丁が素敵。青空。
    同級生代行、愛のけものにしたがいなさいがとても好き。
    買ったすぐのときは「ああ失敗したな面白くない…暗い…」と思ったのだけれど、しばらくして本棚を整理していて読み返したら、じんわり来る。
    作品集なので色々な作品が入っている。どの作品も記憶に残っている。忘れっぽいわたしからするとすごいことだ。

  • 表題作が一番好きです。

  • 表題作の電車のシーンが好きだ。
    ファミレスもいいな。

    寂しいかなあ。やさしくってひだまりみたいだよ。空気が澄んだ早朝の、清らかな陽ざしをかんじるよ。

  • 「圧倒的な埋まらぬ空白」
    売野さんの芯はこれだなあ。


    私、そういうのしか愛せないな。

全40件中 1 - 25件を表示

同窓生代行―売野機子作品集2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

同窓生代行―売野機子作品集2はこんなマンガです

ツイートする