ヴァーチャル・レッド 1

  • 178人登録
  • 3.60評価
    • (6)
    • (18)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 白泉社 (2012年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710455

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シギサワ カヤ
シギサワ カヤ
シギサワ カヤ
水谷 フーカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴァーチャル・レッド 1の感想・レビュー・書評

  • 内容的には、恋愛ものです。

    人間、良いことも、悪いこともする。

    かなり重めです。

  • この本の装丁すごく好き。
    紙の手触りといい、目に入った血を透かすような色みと透明感といい。

    今更購入したため、2巻探し中。
    どうなっていくんだろー。

    読みきりのほうは男子の造形が新鮮でした。谷川史子作品で似た設定を読んだことがあるのだが、あまりの違いにびっくりできる(笑)。

  • 薄い本で持ってる分にはまだかかるな……。引き摺りこまれる感が半端ない。

  • まだ始まったばかりで訳がわからないのでこの点数。
    初めてシギサワさんを知ったとき、同人誌のシリーズが有ると聞いていたものの、商業誌の仕事が増えて「ああ、これはもうお蔵入りだろうな~」と思っていたらまさかの復活。出来上がってる分だけ早く刊行して下さい(懇願)

  • 2012/08/31

    いねぇーよこんな都合のいいおんなぁぁぁ!!!
    まー、毎度のことながらちょっと羨ましいけど
    ある意味ホラーだよねー。俺は独占欲強いからこの状況は無理;

  • 2012 9/8読了。WonderGooで購入。
    本編の方(ずっと仕事続きだった主人公がバイトの言葉に惑わされて職場近くの「誰とでも寝る」女の家に赴き実際にヤり、そのまま居付いて・・・)はまだ全然始まったばかりって感じでどうなっていくのかよくわからない。
    同時収録の短編は、「え、そっち?!」感とかラストも含めてああ、これはいいなあ、とか思った。
    あとこの本のカバーと本体の細工は面白い、と思う。コストもかかるだろうに、本体の方がカラーイラストで、カバーは透ける赤とか。
    なるほど、これがvヴァーチャル・レッドか、と。

  • あとがきにグッときた
    “人間が二人居て、それだけで、「恋愛」の範疇に居ようが居まいが、心がそれにある程度固執し乱されるならばそれは特別な何かなのだろうと。”

  • この人の漫画の魅力のうち、描かれてる感情がいちいちわかる点が本書にはよく出てる。「そんな感情ってこの世に本当に存在するのかな……?」ということがあんまりない。わかる。しかも皮膚感覚に訴えかける感じで具体的に描かれてる。単に俺と相性が合うだけかもしれないが。

  • ジワジワくる。NTRとかでは無いが、彼女の無垢さと心の先が何なのか展開が気になるところ。

  • うあああああ刺さった…刺さりましたあ…!!
    続きはいつですか…

  • 装丁がすごい。はたして、どちらが、魔女か、

全12件中 1 - 12件を表示

ヴァーチャル・レッド 1を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴァーチャル・レッド 1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴァーチャル・レッド 1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴァーチャル・レッド 1を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする