小惑星に挑む

  • 119人登録
  • 4.03評価
    • (8)
    • (16)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 白泉社 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710585

小惑星に挑むの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話題になったはやぶさの感動秘話の漫画版。
    誰かやるんじゃないかと思ったけど、あさりよしとおが担当。
    まあ、あさりよしとおなんで、実は流行に乗っかった訳じゃないんだけど、これだけ人気でちゃうとそう思われても仕方ないよねえ。
    視点は完全な回想第三者視点かと思ってたら、異星人第三者視点とは……。
    次へ繋がるところもやってくれたし、知りたい部分が全部書いてあるいい作品だったと思います。

  •  異文明の二人が宇宙を漂うローバを見つけたところから始まるハヤブサを追った漫画。イトカワ到達後から地球帰還までを取り上げている。始終まんがサイエンスのような雰囲気で、どうやってハヤブサが帰還できたのかが分かりやすく描かれている。学研の科学が休刊になっていなければ連載されていたかもしれない。

  • あさりよしとおによる、ハヤブサまとめ。どういう問題があり、どの様に解決したのか、その道に明るい作者が丁寧に漫画化。あのフィーバーにうかされた人はこれを読んで、まだハヤブサと技術者の戦いが続いている事を知ってほしいね。
    しかし、なんて雑誌に連載してたんだよw

  • はやぶさ物だった。お金がないってすごい。でももっと予算あげてよ…

  • なるほど「こんな事もあろうかと」ってこういうことか。
    よし、改めて調べてみようか(いまここ)

  • 正直ちょっと物足りない。
    はやぶさのトラブルについて解説していると考えれば、わかりやすく書かれていると思う反面、もう少し掘り下げて欲しかった気もします。
    語り手が謎の宇宙人ってのもなんかしっくり来なかった。

  • あさりよしとおによる、宇宙の、はやぶさの漫画。
    相変わらずまんがサイエンスで鍛えられたような、「正しく、解りやすい」科学漫画。
    しかし、良くはやぶさ、帰ってきたなぁ、と今更。

  • 改めて「はやぶさ」って満身創痍で地球に帰ってきたんだなぁと思います。
    「こんな事もあろうかと」いうモノを用意していたというのが、いかにも日本的(絶対ヤマト世代だ!)で良いですよね。(^^)

全8件中 1 - 8件を表示

小惑星に挑むを本棚に「読みたい」で登録しているひと

小惑星に挑むを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小惑星に挑むの作品紹介

宇宙とロケットを描かせたらこの人!「楽園」誌上で発表された著者お得意の科学まんが的なテイストも加味した小惑星イトカワへの無人探査機の大冒険。 2013年8月刊。

ツイートする