あまい囁き

  • 58人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 二宮ひかる
  • 白泉社 (2013年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710615

あまい囁きの感想・レビュー・書評

  • この人の漫画に出てくるような女には逆立ちしても、もしかしたら死んで生まれ変わってもなれないだろうなと思う。だからこんな風になってみたいとも思う。でも向いてないとも思う。

  • ほんっと素晴らしい。読んでてブレインウォッシュされる言語世界。人間は自由だ。残酷なまでに、自由だ。/もがき苦しんで、もがき苦しんで、とてもシンプルな答えにたどり着くから、やっぱり人間そのもののようなアーティストだ、二宮ひかるは。

  • ある母親に恋した男がその娘に恋をする話とか、執念というか血の運命というかで、いいね。あと、年の差。普通の誠実そうな眼鏡に見えて実は歪んでいたりするとポイント高い。最後?まで主人公に手を出さなくてよかった!これからだよ、これから。

  • 『アイであそぶ。』、『ダブルマリッジ』を経て、往年の二宮ひかるが帰って来たかのような本。ただ、違うのは、違うっていうことはないんだけど、男の視点が、少ないことかな。

    一冊を通した連作短編集になっています。大部分は高校生の女の子亜希子の視点で、三十歳の男の人に恋しているところを描いています。ところがその男の人、かつて母の愛人だった人。殆どずっと二人だけの話なのに、こういうことで奇妙な「三角関係」になるのが、面白いですね、三角関係自体は昔もとてもおもしろい物を色々と描いていましたがこういう形は初めてかしら。二人の間に、その母のことがあるようなないような状態で話は進んでいきます。

    と言っても、往年の二宮ひかると言ったように、話が「進む」ということにはあまり意味がなくて、同じようなところをぐるぐるぐるぐる回って、でもそれぞれの「ぐる」にいろんな角度からの思いが反映されて、そこがたまらなくおもしろい。

    個人的に残念なのは、男側の視点がちょっとしかないことで、昔からこの人の描く情けない男が好きだったのですよね。

    まあ、せっかく新しい本が出たのに、昔の話ばかりしているのもよくないですね。この本で、勘を取り戻した感じはあって安心したので、次の本はなんかチャレンジしたりするのかなあ、でも二宮ひかるだから、同じような話を書くかも知れなくてそれもいいなあ、と楽しみにしています。

全4件中 1 - 4件を表示

あまい囁きを本棚に「読みたい」で登録しているひと

あまい囁きを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あまい囁きを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あまい囁きの作品紹介

背伸びしたい15歳。高校生女子の揺れる恋心を描いて「楽園」本誌&web増刊で大好評の「あっちゃんシリーズ」がコミックスに。カバーほか描きおろし多数。二宮ひかる久々の連作シリーズ単行本!!!

あまい囁きはこんなマンガです

ツイートする