Spotted Flower 1

  • 551人登録
  • 3.81評価
    • (32)
    • (39)
    • (37)
    • (7)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 木尾士目
  • 白泉社 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710660

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
木尾士目
有効な右矢印 無効な右矢印

Spotted Flower 1の感想・レビュー・書評

  • 2014/04/25
    【好き】単行本出るの待ってました。 社会人オタクな夫と一般人妊婦妻の新婚生活物語。 キャラの名前は不明ですが…私の中では名前が付いてます。 きっとこれ読んでる人は皆同じ名前を付けていると思いますけどネ(笑) もうオビからして反則。「そんな未来」ってああぁぁ! 本編でも4コマでもああぁぁ!って思うとこあり過ぎる(笑) 最後の4コマでの30分間後背位はああぁぁアレだよなー。 いやー笑ったわー面白かったわー二人の幸せな姿に切ない気持ちがない交ぜになって興奮したわー。 楽しみに何年でも待つから2巻…どうか無事に出ますように。

  • 外では読めない内容だが思っていたより面白かった。

  • もう、ニマニマせずには読めない。
    公式の同人誌と言ってもいいと思います。

  • 妊婦さんの話し
    こんな内容はこのマンガだけじゃないかなぁ

  • オタクの夫を持つ妊婦さんのちょっとエッチな苦悩を描く。
    固有名詞は全く出てこないが違う世界線の「げんしけん」の未来を描いたスピンオフ漫画である。
    本編を読んでおけば関係性と話の内容がリンクしていてより一層楽しめます。

  • 嫌いじゃない。
    想像力を掻き立てられる感じ。

  • おっと、読んでいる雑誌で、いきなりの新連載でした。ちょっとびっくりした。

    おたくと一般女性の結婚生活のお話かな。

  • 元ネタ知らないので、なんともニッチだなぁ・・・としか。

  • げんしけんのライトエロSSを公式が焼き畑。
    そういうことか!?

  • 斑目さんは希望の星です!

  • 最初普通に読んで「どっかで聞いたネタあるなー」くらいにしか思ってませんでしたが、他の方のレビューで、そーゆーことなのかと納得。全然オッケーですというかむしろ公認なのか。青年誌掲載作品よりも過激ってどゆことかね。

  • なるほど!帯の「そんな未来」ってのはそういう意味だったのか。。。そう思って読むとなかなかに感慨深い。お互いの名前とか他の登場人物の名前とか固有名詞が一切でてこないのはそういう意味があったんですね。ぶっちゃけ「げんしけん」のパラレルな?「げんしけん」でもそんな話があったけど、やっぱりこっちの方が幸せなんじゃないだろうか?w

    別にそういう側面を置いといても、なんとなく幸せそうな二人って話を読んでると心が和みます。掲載誌からしても別に元ネタを知らない人を想定しての連載だろうし、普通に楽しめる一冊だと思います。

  • 境遇が似ていたこともあって、楽しんで読めた。
    オタクって縞パンが好きだよね・・・。
    赤ちゃんの名前考える話は笑った。

  • 公式同人誌。表紙ほど本編はあのキャラに似てない。

  • ジャケ買いでしたが、買って大正解!
    奥さんが妊娠中というのが新鮮でした。
    げんしけんをあまり詳しく知らないのですが、関係なく楽しめます。
    2巻がすごく楽しみ!

  • げんしけんを読んでいるので、もしかしてあの人とあの人か??!と思いながら読むと最高にイイ!!///
    あとがきでもほのめかすような表現をしているので続巻も楽しみです!!!

  • 直観かつ直感で買って、大正解、とガッツポーズまでしてしまった
    恋愛モノっつーより、新婚夫婦生活モノ?
    けど、既存の作品とは違う
    この作品に登場する奥さんは、既にご懐妊しており、お腹が大きいのだ
    夫婦が主役の漫画は何気に多く、私もいくつか読んできたが、奥さんが初っ端から妊娠している作品は初めてやも
    単にラブラブしているだけでなく、お腹に子供がいるからこその楽しみ、トラブル、悶々とした感情、それらをリアルにテンポよく描いており、笑わせてくると同時に、勉強にもなる
    また、オタク旦那と、一般人女性との、常識の尺度や感性の差もコミカルに表現しているので、そちらをメインに読むのも一興
    クール教信者先生の『旦那が何を言ってるかわからない件』、井上純一先生の『中国嫁日記』、この2作品と共に、手元へ置いておきたい夫婦生活もの
    あと、他の方のレビューを読んだ限り、この作品は木尾先生の代表作『げんしけん』のスピンオフに近いらしいが、未読でも十分に楽しめた。とは言え、『げんしけん』を読めば、更に楽しめそうだな、と思う。つまりは、『げんしけん』が読みたくなるだけの魅力も詰まっている
    どの話も面白かったが、個人的に全力推ししたくなったのは、私自身の経験と重なった第8話。臨戦態勢を示すイメージが大笑いできた
    この二人みたいな、毎日、賑やかな夫婦は憧れだなぁ
    カバーを取ってビックリさせられた点にも高ポイント
    あと、これは『Spotted Flower』の感想じゃないのだが、コミックスに挟まっていた『楽園』のコミックス告知のチラシに書かれていた、“まんがルネサンス”って言葉には目から鱗が落ちた

  • 『楽園』の本誌の方でずっと読んでたけど何でか購入

    正直げんしけん二代目の方もいまいちなんで買うの躊躇った
    前の方が面白かったよねやっぱり

    で、この新刊
    何でか分かんないんだけど、読んでるとこっぱずかしい気持ちになって
    居た堪れなくなるという…謎現象

    何でだろう

    そして、本誌で読んだ時も思ったけど…班目と言い、すべってこけて小指骨折、
    の件大好きだよね木尾さんって
    思いっきり同じ展開描いてあって『パターン』化してるものだったのかと
    これまた何でかがっかりしたわ
    別にいいけどさ…

    そして木尾さん自体羞恥プレイ的な展開、描写好きなのかな?げんしけんと
    言い、これといい、そういう表情の描写多いよね
    そしてそうなるまでの展開で、こっちは謎のこっぱずかしさが生まれるという…
    あれ?それってもしかして、
    『共感』とかなのかな?通ずるものがあるから???え???

    確かに私自身、少々ヲタ的な部分あるかもしれないし少々腐ってるし
    おまけに女性目線での『そういう』行為や欲求、葛藤とかも分かるしなあ…

    あれ、この登場人物どちらにも共感する部分あるってことかな、今頃思ったわ

    …とは言え、この展開…
    あまり面白さを感じなくなってきたので、残念だけどブックオフ行きに

    『楽園』も読まなくなってしまったので、これきりかなあ…
    げんしけんも然り、残念極まりない

  • カバーを外すと、ちょいエロいのがいい感じで、お洒落。
    まさかまさかの、げんしけん作者による斑目☓咲の妊娠期設定(パロディ?
    二人の名前が出てこないので、本人(?)かどうかはわからないのですが、奥さんがオタク2人と連続でつきあった発言や、大野さん(?)が子ども抱えてたり、となかなか面白いです。
    ワタシ的にはパラレルワールドかなー?と思ってるのですが、公式の展開が待ち遠しいです。げんしけんでは斑目フラレちゃったけどねーw

  • あとがき4コマが。

  • 「げんしけん」好きとしては、あの二人の未来の姿と思って読むと非常に楽しい。

  • 実質的には、「げんしけん」のスピンオフ作品。公式の外伝という扱いではなく、本編とは設定の一部を共有しつつ、話としては独立というパラレルストーリーの位置づけである。あえて言うならば「とても完成度の高い同人誌」といった感じ。原作者本人が、商業誌でこういうことを堂々とやれる風潮は、ある時点まではアングラだった同人文化がメインストリームになりつつあることを意味するとともに、古き良き同人文化がますます遠くに行ってしまったのかな、と寂しく思わないでもない。

  • 2014 4/27読了。Amazonで購入。
    公式まだ×咲マンガ。ずっと連載していたのは知っていたが単行本になったのでやっと購入。


    ・・・これは・・・いいのか??(w
    本編では思い切りふられて新展開になっているわけだが、こっちでは割とベタベタ・・・もできていない、咲ちゃんがのりのりなのに斑目がxxxxな感じ。
    え、これ斑目何歳くらいって事情になるんだ??
    ・・・これくらいが世間的に普通なのか・・・???

  • 幸せになってくれとしか……。

  • あったかもしれない「そんな未来」に感動せずにはいられない

全26件中 1 - 25件を表示

Spotted Flower 1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Spotted Flower 1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Spotted Flower 1の作品紹介

「げんしけん」の作者による甘くて苦いオタクな旦那と非オタクな奥様のセキララな新婚日記。コスプレ好きな大学時代の友人も加わって大騒ぎな毎日です。カバー他描きおろし多数。 2014年4月刊。

ツイートする